加齢臭の原因は、「ノネナール」

08加齢臭の原因は、脂肪酸+過酸化脂質=「ノネナール」という物質が発生します。

男性の場合は、30代後半くらいからノネナールが発生し、40代から皮脂分泌が活発になることで、加齢臭が増加します。

女性の場合は、女性ホルモンの分泌が減少していく60歳前後から、加齢臭が始まります。

男性と女性、ともに加齢臭になりますが、このように時期は異なります。

そして、若い人は気にしなくても大丈夫!と思いがちですが、安心してはいけません。

偏食気味だったりストレスをため込んだりしていると加齢臭が発生する可能性があるとされています。

 

食生活の乱れや不摂生な生活を続けていると皮脂腺に脂肪分が増加します。

動物性脂肪の必要以上の摂取は、脂肪酸の分泌をよりいっそう高めます。

さらに脂肪酸が酸化し、分解されてノネナールの物質になるので、皮脂腺の中の脂肪分が増加するということは、加齢臭の原因のノネナールの量も増加します。

食生活は基本中の基本なので、規則正しい生活を送るように心がけましょう!

 

先ほどもストレスについて少しふれましたが、ストレスをため込むと体内の中の活性酸素が増えていきます

それが原因で皮脂の酸化が進みやすくなり、過酸化脂質が増加します。

ストレスをため込むことで、活性酸素が増加し、過酸化脂質もさらに増えていきます

現代では仕事や対人関係などで悩みを抱え込んでいる人たちが非常に多いと思いますが、出来るだけストレスをため込まないように発散することが大切です。

 

このように様々な原因から加齢臭は発生しますから、その対策に関しても「一時しのぎ」のものでは不十分です。

石鹸やスプレーなども、確かにニオイは消えますが、どうしても夕方になるとニオイが出てきてしまいます。

ですから、食生活を改善したり、抗酸化物質を含有するサプリメントを併用するなど・・・根本的な対策をじっくりと行うことが重要だと言えます。

  

ノネナールは加齢と共に増加する

 

加齢臭の原因はノネナールではありますが、それは一体どんな成分なのでしょうか?

人の体にはたくさんの毛穴があり、そこから体毛がにょろりと伸びています。

また、体毛だけでなく皮脂腺もあり、そこでは脂肪酸が分泌されています。

この脂肪酸が酸化したり分解されることで発生するのがノネナールであり、加齢臭と呼ばれるニオイの元です。

 

加齢臭は中年と呼ばれる年齢になるとひどく臭うようになってきます。

年齢が若い頃はあまりニオイが気にならないのは、体内で脂肪酸が分泌されても、それをホルモンが酸化させないように活発に動いているからです。

そういったことからも、20代の男性からは、あまりノネナールが検出されません。

年齢が高くなるにつれて・・・つまりはホルモンの働きが低下するにつれて、体が酸化するのを抑えられなくなり、それに反比例するかのようにノネナールが増加

加齢臭が強くなっていくのです。

 

加齢臭は早い人では40代から臭うようになり、平均としては50代でほとんどの人が発生させるようになります。

ですから、日頃から汗をかいたらこまめに拭くなどして肌を清潔に保ち、肌着も清潔なものを身に付けるようにしましょう。

食事面では活性酵素の働きを抑えるような栄養素を積極的に摂取するようにします。

早いうちから加齢臭予防を習慣つけておけば、中年と呼ばれる年齢になっても、あまり悩まされることもなくなるかもしれません。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。