加齢臭の影に、病気が潜んでいることも?

10「加齢臭って・・・病気なの?」と思われがちですが、直接加齢臭と病気が結びつくわけではありません。

間違った知識で覚えている方が多いので、正しい知識を持ちましょう!

 

ですが中には、体臭と病気の関連性があるものもあります。

飲酒や喫煙、不摂生な食生活などで乱れた生活習慣やストレスをため込んでる毎日がつづくと、動脈硬化を進行させるのです。

また、糖尿病や高血圧を導いてしまうことになるのです。

 

そして、体臭は病気のサインの可能性があります。それは、思わぬ病気の前兆なのかもしれません。

糖尿病の人からは甘~い体臭が漂ってきます。これは結構知っている人も多いかと思います。

さらに汗がアンモニア臭くなるとそれは、腎臓や肝臓の機能が低下しているサインかもしれません。

甲状腺機能の低下やパーキンソン病の症状では体臭が異様なくらいきつくなるそうです。

 

体臭がきつくて、加齢臭対策ばかりに気をとられていると、体からのサインを見落としてしまう可能性があります。

自分自身が加齢臭だと思い込んでいても、本当は病気だったというパターンも多々あります。

自己判断は危険です。万が一、手遅れになってはいけないので、まずは病院で健康診断をしてもらいましょう。

 

加齢臭と病気には直接の関係性はありませんが、「病気から体臭が発生する」という事実を知っておくことが、非常に重要なことだと思います。

 

若いうちから加齢臭に悩まされるのは大問題

 

加齢臭というと、40代や50代の男性が悩む症状といったイメージがあります。

これはあながち嘘でもなく、加齢によってホルモンの働きが悪くなる事で、ニオイの元であるノネナールが増加されていくのです。

つまり、加齢臭が強くなるという事は、体が老化してきているサインともいえることなのですね。

 

ただ、ここ最近では、まだ20代や30代といった若い世代でも悩まされるようになってきています。

これを若年性加齢臭と呼ばれるもので、ほとんどが生活習慣病のサイン

高血圧や心筋梗塞、脳梗塞など中高年になると心配されるようなこれらの病気の症状が、若い人にも見られるようになってきているのです。

生活習慣病と加齢臭は、その発生状況やメカニズムなどをみても、似ているものとなっています。

つまり、若いうちから悩まされているということは、健康状態を損なっているサインである可能性が高いのです。

 

幸い病気ではないとしても、若くして加齢臭が問題視されるということは、年齢よりも体が老化してしまっているということで大問題。

本当に中年と呼ばれる年齢になった時に大きな病気を引き起こす可能性が高くなります。

そうならないためにも、規則正しい生活やバランスの整った食事、適度な運動などで、年齢にあった健康状態を保てるようにしましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。