飲酒との関係について

01「加齢臭とアルコールは関係あるの?」と思われるかもしれませんが、適量であれば何の問題もありません。

毎日のため込んだストレスを発散する分には、とても良いとされています。ストレスも解消しなければ病気になってしまいます。

「酒は百薬の長」と言われるぐらいなので適度な量だと健康にとっても良いといわれています。

しかし、過度の飲酒は自身の健康を損ねたり、周囲にも迷惑をかけてしまいます。

そればかりではなく、アルコールの摂取する分量が増えると、加齢臭を強くします

 

加齢臭の原因となるノネナールは、脂肪酸と過酸化脂質が結びついて出来た物質です。

過酸化脂質は体の中に活性酸素が発生した際に増えていきます。

飲酒により体の中に入ったアルコールは肝臓で処理されるのですが、その時に体の中では活性酸素が発生するので、これにより過酸化脂質が増し加齢臭をきつくするのです。

 

このようにアルコールの摂取量が増えると、次の日に強烈な物質(悪臭)を発します

ほとんど尿から、それらのものが排泄されますが、口臭や汗としても排出されるため、独特な体臭を発します。

このように日々、飲酒が重なると加齢臭が訪れるのも時間の問題です。

また、アルコールの飲み過ぎは中性脂肪を増やします。

それにより脂肪酸も増し加齢臭につながるわけです。

アルコールを飲む人にとっては飲んでる時が至福の時です。

お酒を止める必要はありませんが、加齢臭だけではなく健康のためにも、お酒はほろ酔い加減でたしなむくらいが丁度良いでしょう!

 

加齢臭の発生を抑える飲酒量とは?

 

加齢臭を発生させない為にも、日々の飲酒は適量の範囲にしておきたいものといっても、この適量とは、一体どれくらいの飲酒量をいうのでしょうか。

「二日酔いにならないくらい?」なんてアバウトにとらえている人もいるかもしれませんが、適量とは血中アルコール濃度を基準にして考えることができます。

 

アルコールが体内に入ると、血流にのって全身を巡り肝臓で分解されます。

この分解がスムーズにおこなわれている間は酩酊しないで済むのですが、その処理能力が追い付かなくなると、アルコールは分解されずに再び血流にのって体内を循環することとなり、この時どれだけ血液中にアルコールが残っているかで、酔いの状態が異なります。

適度にリラックスしたほろ酔いと言われる程度では、アルコール血中濃度は0.1%ほどであり、これ以上となるとふらついたり吐いたりする、いわゆる泥酔状態になってしまうのです。

つまり、加齢臭を抑えるための飲酒量とは、アルコール血中濃度を0.1%に抑える・・・つまりは、ほろ酔いよりもちょっと前にセーブしておくことが大事となるのです。

 

この血中アルコール濃度0.1%に値するお酒の量は、清酒でいえば1合、ビールでは大瓶1本、ワインでは1/3本といった具合です。

ただし、これは痩せている男性においての数値となりますので、女性であればもう少し減らすといいでしょう。

個々によって飲酒量が異なりますので、自分なりに加齢臭を発生させない量を把握しておきましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。