実は、ストレスと関係があった!

03加齢臭を強くする要因として、一見関係なく思われがちですが、元をたどればストレスが原因のひとつであることが分かります。

人はストレスを感じると体内に活性酸素が発生して、過酸化脂質を増加することにより、加齢臭の発生につながってしまいます。

結論からいうと、加齢臭の原因となるノネナールも増えてしまうのです。

 

とはいっても、ストレスを溜めるなといっても難しい世の中です。人は皆、誰でも大なり小なりストレスはあるはずです。

しかし、溜め込まないようにするか、発散しなければ加齢臭だけでなく神経や内蔵の病気にかかってしまうこともないとは言い切れません。

ストレスを甘くみてはダメです。

 

日頃から、出来るだけストレスを溜めないように心がけ、イライラやムカムカした毎日を改善させることができれば、過度な臭いを抑えることができます。

忙しい毎日だと思いますが、仕事に追われるだけの生活ではなく合間をみて息抜きをするなど、休日にはリフレッシュして、ゆったりとした気持ちで過ごすように心がけが大切です。

 

また逆に「ストレスを溜め込んだりしなければ、精神的な面が原因で加齢臭になる確率は減少される!!」と、こう考えることが出来れば楽かもしれませんね。

無理の無い生活を送ることが非常に重要だと言えます。

 

加齢臭となるストレスの原因はさまざま

 

ストレスが加齢臭を引き起こしていると言われていますが、これは精神的なものだけではありません。

もちろん精神面によるダメージは特に大きなものとなりますが、他にも暑さや寒さなども大きなストレスとなるのです。

暑い夏の日は、外を歩いていると気持ちも滅入ってしまいますし、感じる疲れもかなり違うものとなります。

 

また、運動も程度によっては大きなストレスとなるのです。

運動は気持ちも体もリフレッシュさせることのように思えますが、それは適度な運動であればの話。

適度な余裕をもっておこなう運動であれば気持ちもリフレッシュするかもしれませんが、激しい運動では逆に心身を疲れさせてしまうのです。

過酷なノルマがストレスになることもあり、それが加齢臭といったものを発生させていくのです。

 

ストレスと一言にいってもさまざまです。

精神的な面だけでなく、他にも自分の心と体に重くのしかかっている事はないかどうかを見つめていくと、自ずと自分に対してかかっているストレスがどのような種類なのかがわかるようになります

原因がわかれば、心にも少しは余裕ができてきますからそれだけでも違うものとなるでしょう。

まずは、リラックスすること。

焦らずに「何に対して消極的になるのか?」と自問してみると、自然と加齢臭も発生しにくくなるのではないでしょうか。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。