ビタミンCが臭いをブロック!

01毎日の生活の中で食事だけでは、十分に摂取できない栄養素も沢山あります。
偏った食生活ばかりしていると、特にビタミン類や食物繊維等の栄養分は極端に少なくなってしまいます。

 

好きな物ばかり食べてしまうことでバランスが悪くなり、健康面だけでなく、加齢臭に対しても影響を及ぼしてしまいます。
加齢臭は脂肪酸が酸化されてできるノネナールが直接の原因です。
そしてノネナールは活性酸素の存在下で、大きく生成が促進されます。

 

活性酸素を抑制するために効果的な物質は抗酸化物質と呼ばれます。
所謂体のサビ落としですね。
人間の体内にもSODと呼ばれる抗酸化物質がありますが、年齢と共に減少していきます。
その為規則正しい食生活から、抗酸化物質を摂取する必要があるのです。

 

誰もが知っているビタミンCは医学的にも抗酸化作用が認められ、美容分野からも常に注目されている成分です。
万能性が高いビタミンCですが、水洗いや加熱をするだけでも簡単に破壊されてしまいます。

 

その為調理する際にも注意が必要になってきます。
ビタミンCは一度に大量に取るよりも、分けて摂取する方が体内への吸収率が上がるので、毎食後摂取するようにしましょう。
日々の食生活でビタミンCを取るとなると、難しいと感じる人も少なくないでしょう。

 

そんな人は果物をミキサーにかけ毎朝フレッシュジュースにしたり、サプリメントなどを通して効果的に摂取するといいでしょう。
加齢臭の原因となるノネナールは日々の食生活、運動不足、ストレスなどの影響を受けて、生成が促進されます。
あまりビタミンC一辺倒にならず、当たり前と言われる規則正しい生活を意識しながら、加齢臭対策をしていきましょう。

 

毎日の積み重ねが加齢臭根治に繋がるため、焦りは禁物です。
ストレスを感じない程度に日々の生活を改善して、体からサビを落としていきましょう。

 

ビタミンCの摂取で気をつけたいこと

 

ビタミンCは、加齢臭予防だけでなく、疲れた身体によく効くといわれている栄養素です。

そして、同じビタミンの仲間でも、疲労回復に効果的な種類はたくさんあります。

 

ビタミンB1…糖質をエネルギーに変える

ビタミンB2…脂質をエネルギーに変える

ビタミンB6…タンパク質の代謝をサポート

ビタミンB12…悪性貧血を予防

ビタミンC…免疫力の強化や抗酸化作用、抗ストレス効果がある

ビタミンE…抗酸化作用があり、血行をよくして疲労を緩和

 

加齢臭予防に期待できるビタミンCは積極的に摂取していきたいもの。

摂取方法としては、ビタミンEも一緒に摂取できるように意識すると良いです。

抗酸化作用などの相乗効果が見込まれて、加齢臭予防にも期待できるものとなります。

 

また、無駄なくビタミンCの力を活用したいのであれば、1日に1回にまとめて摂取するよりも、2回に分けて摂取するようにすると吸収率も高くなります。

ビタミンCは大量に取り入れても、摂取できる量が決まっているので、多すぎた分はそのまま尿と一緒に体外に排出されてしまいます。

血中濃度を一定に保つためにも、数回に分けて摂取したほうが良いのです。

 

そして、ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、水洗いは手短に、加熱調理の際は短めにします

調理後は、なるべく早く口にするようにしましょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。