加齢臭の歴史について

07現在では「加齢臭」という言葉は誰もが耳にしたことのあるひとつのフレーズみたいになっていますが、以前ではこのような言い方はされていなくて「オヤジ臭い」とか「オヤジ臭」とか言われてました。

高齢者が特有のニオイを発しているのは分かっていましたが、今では中高年の方たちの代表的な悩みとなっているといってもよいでしょう。

 

「加齢臭」の由来ですが、2000年に大手化粧品メーカーが、加齢臭のニオイの元となる原因を発見したことで、それが一気にTVや雑誌などで広がり、注目されるようになったのです。

言葉の歴史としてはまだまだ浅いものなのです。

昔から、加齢臭という言葉がなかっただけでそのニオイはあったのですが、原因が解明されていなかったため、大々的には言われていませんでした。

 

加齢臭の原因となる脂肪酸と過酸化脂質が結びついて出来た物質をノネナールと言い、脂肪酸や過酸化脂質を分泌させないようにすることで、改善されると証明されました。

これは、歴史的に残ると言えるでしょう。

 

加齢臭の原因物質がはっきりとわかったのは、歴史として非常に大きな時代の変化だと思います。

今まで「年のせいだろう」と諦めていたニオイが解消できるわけですから、本当にありがたいものです。

 

歴史からもわかる、加齢臭を気にする心

 

加齢臭の悩みとは、ここ最近の悩みではありません。

人は昔から加齢臭に悩まされており、それをなんとか解決しようと試みていたのです。

それは、歴史の中の生活習慣や流行などを見れば一目瞭然であり、国によって加齢臭に対しての考えなども異なるものとなっているのです。

 

例えば、香水は昔から重宝されています。

それは歴史の中でも、貴族が使っていたりと、なにかと出てきています。

この香水を重宝していた理由は、体臭を隠すためです。

こうしたちょっとした歴史から、人は昔から加齢臭に対して悩みを持っていたのだということがわかります。

 

加齢臭という言葉はつい最近になってつけられたものですから、それまで感じることはあってもどういえばいいのかわからないものでした。

日本人はニオイに敏感なところがあるので、昔から盛んに研究がおこなわれており、それが近年になってようやく形になったということなのです。

 

ただし、日本では体臭に対してシビアな感情を持っていますが、海外ではまた違う事もあります。

例えばアメリカでは体臭を気にする事がなく、好まれてはいないものの、そこまで躍起になってニオイをなくそうといったことはあまりされていないのです。

これも、国による概念の違い、歴史の違いといえるでしょうか。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。