注目すべきクエン酸による対策法

加齢臭を抑えるのに、最近は、梅干し、ミカン、レモン、グレープフルーツなどのかんきつ類や、イチゴ、桃などに含まれた酸っぱい成分の、クエン酸の効果も注目されています。

加齢臭を抑える以外でも、疲労回復や肩こり、筋肉痛、肝臓病の予防と改善、さらに認知症の予防の働きもあるとされています。

さらに、血行をよくしてくれる働きもあり、血行を良くすることで、体の悪い毒素も排出されます。

 

クエン酸は梅干や黒酢、柑橘類などの酸っぱい食べ物に多く含まれています。

梅干しは、加齢臭を防ぐだけでなく口臭の予防にもなります。

梅干しは1日1~2粒の摂取が目安で、摂りすぎは逆効果となり、塩分や糖分の摂りすぎに注意することです。

干し梅や練り梅などでも構いません。

ただ、毎日摂り続けるのも難しいので、サプリメントで補うのも良いでしょう。

毎日、酢をスプーン一杯飲むのも良いでしょう。

 

クエン酸ドリンクを飲むのも、加齢臭の対策が期待できます。
レモンのような酸っぱい味なので、蜂蜜などを少量加え、水で割るだけでもおいしく飲むことができます。

クエン酸は、薬局などで安く購入でき、入浴の際、お湯に少しばかり加えることで脂肪酸の酸化を抑え、加齢臭を防ぐ働きがあります。
また、肌を弱酸性に傾けることで、雑菌の繁殖を抑える働きもあります。

無ければ、酢で代用もできます。

 

クエン酸を食事で摂取すると同時に、お風呂でも活用することで、体の内と外、両方から加齢臭を防ぐ効果が期待できるようになります。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。