息から発生するニオイは気づきにくいもの!?その予防方法とは?

体から発生する加齢臭以外、最近は加齢に伴う息の臭いも加齢臭と捉えることが多いようです。

加齢による息の悪臭は、免疫力が低下することで腸内環境が悪くなり、善玉菌が減少し、悪玉菌が増加することが原因です。
悪玉菌が増えると、胃の中で食べ物が腐敗し、これが悪玉菌のエサとなって悪臭となるのです。

 

これ以外、息から発生する臭いは、加齢に伴う歯周病や、虫歯が原因となる可能性もあります。

体調が悪くないのに口臭がひどい、という場合、一度歯医者で口内のケアを行ってみるのも良いでしょう。

虫歯がない人は意外と歯槽膿漏になりやすく、歯槽膿漏も息の臭いの原因となりやすいものです。

 

歯以外でも、舌の汚れも原因となるので、こまめに舌専用のブラシで舌をきれいにするのも良いでしょう。

歯槽膿漏と舌コケや舌カビは、舌専用ブラシと歯間ブラシを使うのが結構効果的です。

こまめに歯を磨くのも大切ですが、歯を磨くときは歯磨き粉は必要なく、あまり力を入れずに時間をかけてゆっくり磨くことが大事です。

 

また、ストレスや過労により胃の調子が悪くなることも、口臭の原因となるので、普段からストレスをためず、胃の調子を整えるのも大事です。

この他の息の加齢臭の原因としては、鼻の調子が悪く、無意識に口で呼吸をすることから、息の臭いが周りに広がる、ということもあります。

いつも鼻が詰まっているなら、鼻づまりを治すことで、癖で口呼吸をする場合も、口呼吸は体によくないので、鼻で呼吸をする努力をしてみるべきでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。