サラサラな良い汗をかくには?

汗による加齢臭を抑えるには、やはり良い汗をかくことです。

そのためには、ある程度汗をかくことも大事で、かかないでいると、老廃物が体に溜まって濃い汗となると、ベタベタとした悪い汗となり、加齢臭の原因となります。

このため毎日適度の水分を補給することが大事となり、1回コップ1杯、1日2リットルの水を飲むようにします。

 

さらに夏の時期、エアコンが効いた部屋に長時間いるのもよくありません。

風呂上がりに、温まった身体に直接冷気を当てず、できるだけ自然に体を冷やし、就寝時も、クーラーをつけっぱなしにして寝るのは避けるようにします。

 

また、毎日適度な運動を心がけるのも大切となります。

食生活でも、脂分の摂りすぎに注意しましょう。

 

また、汗をかいたまま放っておくと雑菌が繁殖し、加齢臭の原因になるので、早めに拭き取ることです。

デオドラントシートだときれいに臭いも消去できるので、常に携行しておくと良いでしょう。

 

そしてこれは意外かもしれませんが、仕事のミスなどで冷や汗をかいてしまうと、これも加齢臭の原因となります。

このため、あまり仕事などでストレスをためないことも大事で、あまりくよくよしないことです。

 

また腋臭を消すためのデオドラントスプレーを多量に体にかけたり、殺菌剤入りの石鹸でゴシゴシこすったりすると、余計に加齢臭が強くなってしまう恐れもあります。

体臭が気になるなら、みょうばんを原料にした制汗剤を使ってみるのも一つの方法です。

臭いを消すために強い香水をかけるのは、かえって逆効果となります。

ストレスをため、あまり加齢臭を気にしすぎるのも良くない、というわけです。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。