食べ物との関係で、少しばかり頭に入れておくべきことは?

体の中から加齢臭を抑えるには、加齢臭の原因となるノネナールの発生を抑えることで、そのためにはノネナールを発生しにくくする食べ物を摂ることが大事です。

ノネナールを抑える食べ物としては、抗酸化作用があり、活性酸素を抑制してくれるビタミンC、Eを含んだものです。

このほか、ポリフェノール、ベータカロチン、カテキン、イソフラボン、セサミノールなどの栄養素にも抗酸化作用があります。

また、ワサビ、ショウガなどの香辛料にも抗酸化作用があります。

ビタミンC、Eを摂るには、やはり野菜を多く摂るように心がけることで、ビタミンEは、アボカド、かぼちゃ、さつまいも、アーモンドなどにも多く含まれています。

 

同時に肉類、揚げ物の量も減らすことで、過酸化脂質を減らすには、揚げ物もできるだけ摂らないことですが、特に時間が経った揚げ物は過酸化脂質を増やすので、スーパーのバーゲン品の購入は避けたほうが良いでしょう。

仕事帰り、串カツで一杯、というのもできるだけ控えることですね。

魚、納豆、豆腐、味噌などの日本食が加齢臭に対して一番効果があるのです。

食べ物以外にも、水を多く摂るようにして、体の新陳代謝を促進させます。

 

加齢臭に効果のある食べ物としては、マッシュルームに含まれるシャンピニオンは、腸内環境を整え、腸の中の臭いを消す効果があるようです。

根菜、きのこ、海藻などの食物繊維は腸内環境を整えてくれるので、こうしたものを普段の味噌汁やラーメンなどに入れるのも加齢臭を抑えるのに効果的でしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。