ちょっとした工夫でニオイ予防!石鹸の力

最近は、加齢臭を防ぐための石鹸もあり、こうしたものを使ってお風呂で体を洗うのも良いでしょう。

加齢臭対策の石鹸で体を洗うのは、臭いの元となる皮脂や雑菌を洗い流すためですが、臭いをとりたいがために、あまりゴシゴシ洗うのもよくありません。

ゴシゴシ力を入れて体を洗うと、加齢臭が強くなる恐れも出てくるのです。

 

また、あまり力を入れて体を洗うと、皮膚を傷つけ、必要な脂まで落としてしまい、肌が乾燥しやすくなり、これにより余計に皮脂を作ろうとします。
このようにして皮膚、体のバランスが崩れると、これも加齢臭を酷くしてしまう原因になってしまいます。

 

加齢臭を防ぐための洗い方としては、まずは石鹸をよく泡立て、泡で優しく、耳の後ろや首回り、胸など、皮脂が出やすいところを丁寧に洗うのがポイントです。

耳の後ろや、背中(特に背中の中心部)、首の後ろ側など、自分の目で見えない部分が、皮脂が出やすい部分なので、特に意識して洗うようにします。

手で泡立てるのは少し大変なので、泡立てネットなどを使うと良いでしょう。

しっかりと湯船につかり、体を温めて毛穴が開いている状態で洗うとさらに効果的です。

また、洗い終わった後は、泡を軽く体全体に塗りつけるようにします。

これにより、さらに消臭の効果が高まるようです。

石鹸は、高い消臭効果が期待できる柿渋石鹸などがオススメです。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。