お風呂での対策方法

加齢臭を防ぐには、こまめにお風呂に入り、清潔を心がけるのも大事ですが、毎朝のシャワーだけでも結構防げるものです。

普段寝ている間に、やはり大量の汗をかくものなので、朝起きたらシャワーを浴び、汗を流すことも加齢臭の予防になります。

暖かいお風呂に入ることも、毛穴が開くことで老廃物などの汚れが落ちやすくなり、肌の清潔を保ちやすくなります。

 

また、お風呂に酢を入れるのも良いといわれます。

特に黒酢を入れることがブームのようですが、おちょこ一杯くらい入れてかき混ぜるだけでOKです。

最近は木搾酢や竹搾酢を使った入浴剤もあるので、試してみるのも良いでしょう。

 

加齢臭を防ぐには、ミョウバンもよく知られています。

ミョウバンは、水に溶けると酸性になることで殺菌の効果があり、制汗・消臭作用もあることから、加齢臭も抑えてくれるのです。

市販されているミョウバンを50gくらい、1リットルくらいの水に溶かしてから、さらに2倍にうすめ、50ccほどお風呂に入れれば良いでしょう。
ミョウバンが溶けにくいなら、沸騰させたお湯に溶かします。

重曹も、殺菌・消臭の効果があると言われています。

食用の重曹を、軽くひとつかみくらい(約40g)浴槽に入れるだけでOKです。

ミョウバンも重曹も、スーパーや薬局で安く売っているので、これに他のデオドラント剤を加え、オリジナルの入浴剤を作って見るのも良いかもしれません。

 

体の中からニオイを抑えるには、きちんとした食生活やサプリメントの手助けが必要になりますが、一時的なお風呂での予防は毎日できるので、試されてみてはいかがでしょうか?

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。