加齢臭と汗のニオイ予防

加齢臭も含めて、体臭の原因いなりやすいものといえば、やはり汗ですね。

普段、普通にかいた場合、殆どが水分なのでサラサラしていて、ベタつきや臭いもないものです。

ただ、夏場エアコンの中にいて汗をかかないでいると、汗腺に老廃物や角質が溜まりやすくなり、汗腺の働きが鈍くなります。

この状態で外で汗をかくと、ミネラル分まで水分と一緒に排出されてしまい、べたべたした状態となり、また細菌も繁殖しやすくなることから、悪臭の原因となります。

 

加齢臭の原因は、脂肪酸+過酸化脂質=「ノネナール」という物質が発生します。 

酸化を抑える力が低下してくるので脂肪酸・過酸化脂質の分泌量が増え、その為ノネナールも同時に増加してしまいます。

また、普段かく汗とは根本的に違い、対策法も変わってきます。

加齢臭は、毎日の食生活から見直さないと改善しないのです。

 

また一時的に、ニオイ予防するには、普段かく汗と同様にお風呂もこまめに入り、汗やニオイをきれいに流して残さないようにします。

加齢臭のための石鹸等できれいに洗い流すと、細菌の増殖も防げます。

 

また香水や制汗剤を使うのも一つの方法ですが、香水の臭いを嫌う人もいます。

加齢臭対策のためのデオドラント用のクリームやデオドラント剤、サプリメント、消臭スプレー、など様々なグッズが発売されているので、その中から自分にあったものを選んで使用すると良いでしょう。

ですが、これらも一時的な対策にしか過ぎませんので、体の中からニオイを抑えるサプリメントと併用することで相乗効果が得られるでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。