寝具に染みついた臭い・・・どうする?

加齢臭は寝具にもうつることから、こまめにシーツ、枕などの寝具を洗うことも大切です。

ただ・・・洗っても、なぜか加齢臭だけは消えない、ということがあるようです。

 加齢臭の臭いは、普通の汗とは違い洗濯してもなかなか落ちないのです。

 

最近は加齢臭のための洗剤もありますが、成分としてはカテキン、ポリフェノール、ミョウバン、重層などを含んだものが良いでしょう。

脂質分解酵素の洗剤も有効です。

襟や袖口など、特に臭いが気になる箇所には、酵素系漂白剤を併用するのが良いでしょう。

 

枕も、頭髪の臭いがうつりやすいので、こまめに洗うようにして、臭いがきついようなら、毎日洗うのが良いでしょう。

頭が当たるところに酸素系漂白剤を直付けして洗うと、黄ばみ、黒ずみもよく落ちるようになります。

毎日洗うのが難しいのなら、出来れば日なたにおいて干すなどして、湿気を取り除くようにします。

 

布団にも汗がしみこみ、汗をエサにする菌やニオイの元となる物質が吸着されてしまいます。

これには天日干しが効果的なので、こまめに布団も干すことです。

ファブリーズ等の消臭剤を多めに吹きかけて天日干しをするのも効果的です。

冬や梅雨の時期は、布団乾燥機を使うのも良いでしょう。

 

朝起きてから一度部屋を出て、少ししててから寝室に入ってみると、どの程度臭うか分かるものです。
自分の体臭、加齢臭がどれくらい臭うのかを確かめることもできますので、洗剤や消臭剤だけでなく、体の中から臭いを抑えるサプリメントなども同時に併用して対策されると、より臭い対策として期待できるでしょう。

 

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。