牛乳で気になるニオイが消える?

牛乳は健康に良いことから、毎日飲んでいる、という人も多いかもしれませんね。
体の健康だけでなく、加齢臭にも効果があるようです。
例えば、加齢臭の一つとも言える口臭に対しても、牛乳は、飲んで胃の中に入ると、悪臭の原因となるたんぱく質を脂肪の膜で包み込んでくれます。

 

このため、魚や肉などの生臭さや、ニンニクなどの強烈な臭いを減少してくれます。
ただ、食べた物が消化された後では遅いので、できれば食事中、または食べた後すぐに飲むのが良いでしょう。
また、ビタミンB類も多く含んでいることから、健康な皮膚・爪・髪の毛・粘膜などを作る働きがあり、これが、頭皮の臭いを抑える効果ももたらします。

 

一方で、チーズ、バターなどの乳製品の摂り過ぎは、加齢臭を強くするとも言われます。
これは、乳製品の摂り過ぎは脂質を増加させ、脂質を多く含んだ汗をかきやすくなることで加齢臭の元となるとされます。

 

また、日本人は体質的に、牛乳を分解する酵素が少ないと言われます。
このため、分解されずに牛乳が腸内まで運ばれると、大腸で腐敗し、腹痛や下痢を起こしやすくなります。
これ以外にもオナラも出やすくなり、これが加齢臭の原因となる場合もあるのです。
このため、あまり無理に飲むのも良くないようです。

 

加齢臭に関しては、牛乳は良い面も悪い面もあるみたいですね。
中には牛乳が苦手、という人もいるかもしれませんが、自分の体質にあっているのなら、あまり飲みすぎないことを心がけて飲むと良いでしょう。

 

さて、牛乳で根本的に加齢臭が改善するわけではありませんから、野菜を中心とした食生活を実践したり、酸化を抑えるサプリメントを試さりたりと・・・
ご自身にあった加齢臭対策を併用されてもよいかと思います。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。