「お酒が消臭に役立つ」・・・って、本当?

加齢臭を防ぐためには、お酒も慎むこと、とよく言われますね。

確かに、飲みすぎると肝臓内で分解されたアルコールが、活性酸素を発生しやすくなるとされます。

過度の飲酒は高血圧や動脈硬化につながり、皮脂量も増えることから、加齢臭が生じやすくなると同時に、成人病にもつながることになります。

 

かといって、お酒は絶対飲んではいけない、というものでもありません。

逆に、あまり無理にお酒を我慢すると、ストレスがたまりやすくなり、これがまた、加齢臭の原因ともなってしまうのです。

 

酒は百薬の長とも言われますし、ほどほどのお酒は、リラックス効果をもたらし、ストレスの解消ともなります。

要は、お酒を飲みすぎないことを心がけるのです。

 

また、タバコを吸う人の場合、お酒を飲んでいるときは、ついタバコの量も増えがちです。

これがまた、加齢臭を強くすることになります。

このため、タバコの吸いすぎにも気をつけることです。

他にも、つまみで、つい油っぽいものを食べがちですが、油っぽいものを一緒に食べるのも控えるようにします。

 

また、ワインは、却って加齢臭を減らす効果があるのです。

これは、ワインは多くのポリフェノールを含んでいますが、ポリフェノールは抗酸化作用が高いため、体内の活性酸素を抑制する働きがあるのです。

これ以外にも、コレステロールの酸化を抑制する効用もあるのです。

 

少しばかり、普段飲んでいるものをワインに変えてみるのも良いかもしれませんね。

勿論、これも飲みすぎないことです。

 

お酒は加齢臭対策について諸刃の剣ですから、このような情報を知っておくと、正しい対策をできそうですね。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。