加齢臭とコーヒーの関係とは?

コーヒーが好きな人も多いでしょうが、飲みすぎは身体に良くなく、また、加齢臭の元にもなるとよく言われます。

これは、飲みすぎると体脂肪の蓄積をうながすため、とされます。

また、飲んだ後の口臭を気にする人も結構多いようです。

 

飲んだ後の口臭が気になるのなら、飲んだ後、軽く水で口をすすぐだけでも結構防ぐことができるものです。

また、コーヒーを飲んだ後は、コーヒー豆の微粒子が舌の表面に付着しやすくなることから、だ液が分泌しにくくなり、口臭の原因ともなります。

 

一方で、コーヒーを飲むと、フラン類といわれる成分により、ニンニク、ニラなどの臭いの強いものの悪臭を消す効果もあるのです。

コーヒーの臭いは一つの加齢臭とも言えるかもしれませんが、これがまた、他の悪臭を消してくれる効果もあり、結構二面性があるようですね。

 

やはり、あまり飲みすぎると、やはり身体に良くありませんし、加齢臭が強くなる原因ともなります。

逆に、臭いが強いものを食べた後は、軽くコーヒーを飲むことで、口臭を消すことにもなります。

 

また、自宅でドリッパーで自作して飲んでいるなら、残りかすを乾燥させ、布の小袋や小さな容器に入れると、消臭器として活用できます。

靴の中や、げた箱、冷蔵庫、たんす、トイレ、押し入れなどに入れると、悪臭を消してくれるのです。

 

こうしたところでも結構役に立つものなのですね。

要は、飲みすぎないように心がければ、さほど加齢臭を気にすることもないですし、少しばかりの工夫で、却って有効となることもあるのですね。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。