果物を摂ると、加齢臭が消える?

加齢臭を防ぐには、ビタミンCを摂取することともよく言われます。

ビタミンCを摂取するには、やはり野菜、果物を多く摂ることですね。

ただ、野菜の場合、生では食べにくいものです。

しかし、ビタミンCは熱に弱いので、そこで、生でも食べやすい果物を積極的に摂取すれば良い、ということになります。

 

果物でも、ビタミンCを多く含んでいるものと言えば、やはりオレンジ、レモンなどの柑橘系です。

レモンの場合、1日1個で、必要なビタミンCを摂取できるとされます。
また、レモンに多く含まれるクエン酸は、代謝を促進し、疲労回復の効果もあると言われています。

 

オレンジもビタミンCを多く含んでいますし、食べるだけでなく、食べた後に残った皮を風呂に入れるのも、体に良い香りが付いて、加齢臭対策になります。

他には、イチゴも、6個食べればレモン1個分に相当するビタミンCを摂取できるとされます。

これ以外には、アセロラ、グレープフルーツ、トマトなども加齢臭の対策として有効な果物のようです

また、柿に含まれる柿渋タンニンも、加齢臭に対する効果が期待できます。

ただ、干し柿の場合は、ビタミンCはほとんど失われてしまいます。

 

ビタミンC以外、ビタミンEも活性酸素を体内でできる限り発生させないようにする作用があることから、加齢臭を抑える効果が期待できます。

果物で、ビタミンEを多く含んでいるものとしては、キーウイ、ブルーベリー、プルーンなどがあります。

 

このように、果物には体の中から酸化反応を抑えていく作用がありますから、体の中から加齢臭を改善するのに役立ちます。

ここでご紹介させて頂いたようなフルーツをうまく活用していかれると、よいでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。