酢を用いて、ニオイを消す

酢は健康に良いとされますが、加齢臭対策にも活用のしがいがあるようです。

例えば、酢でもとくに黒酢を、1日大さじ1杯くらい飲むことで、加齢臭に対する効果が期待できるみたいです。

 

これは、酢には酢酸以外にも乳酸、コハク酸、リンゴ酸、クエン酸などの様々な有機酸が含まれていますが、そのうち、クエン酸には加齢臭を抑える作用があるとされるからです。

 

お風呂でも、お湯に酢をコップに半分程度入れるだけで、加齢臭の原因とされるノネナールの発生を防ぎ、さらに肌を若干酸性に整えることで、雑菌の繁殖を抑える効果を発揮します。

 

昔から、酢を使うと食べ物の保存性が良くなることが経験的に知られ、科学的にも、優れた殺菌力があることが判明しています。

雑菌はアルカリ性を好み、酸性が苦手とされることから、酢を混ぜたお湯で入浴することで、悪臭を減少させたり、水虫にも効果があるといわれます。

 

腋の下など、臭いが気になる部分に黒酢を塗るのも良いみたいです。

 ただ、黒酢を原液のまま肌に塗ると刺激が強いため、水で薄めて使用することです。

さらに、酢には口臭を抑える効果もあります。

 

リンゴ酢も、リンゴと酢のパワーの兼ね合いで、加齢臭を抑えることが期待されると言われています。

また、血糖値を下げ、血液をきれいにしてくれる作用もあります。

食事とともに摂取することで、血糖上昇を抑える効果が判明しています。

 

食生活が乱れると、 体内のアンモニアが増え、汗くさくなりがちです、

こんなときにも、効果が期待できるみたいです。

 

食事に頻繁に活用している酢ですが、思わぬ効果が期待できるので、いろいろとアレンジしてみるのも良いかも知れませんね。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。