シャンプーを使って対策する際の注意点

加齢臭は頭髪からも発生します。

頭髪は多孔質で、臭いを吸収しやすいことから、周囲の臭いを吸収し、悪臭を発生させることがあります。

特に長髪だと、より臭いが発生しやすくなります。

また、痛んだ髪の毛は臭いを吸収しやすくなってしまいます。

これ以外にも、フケをためると頭皮から悪臭が出やすくなります。

このため、シャンプーなどによる髪の毛のケアも大事となります。

 

髪の毛の臭いを抑えるには、加齢臭対策のためのシャンプーを使ってみるのも一つの方法でしょう。

 

シャンプーの時は、髪の毛ではなく頭皮を洗うようにして、すすぎをしっかり行うことが大事です。

ただ、頭を洗う際、頭皮の皮脂をすべて洗い落とさなければいけないと思いがちですが、皮脂は頭皮の健康を保つのにある程度必要なものです。

このため、爪を立てず、力を入れすぎず、優しく洗うようにします。

 

また、あまり強い成分のシャンプーだと却って頭皮を痛めてしまい、抜け毛になる恐れもあります。

このため、自然な成分のシャンプーを使ってみるのも良いでしょう。

最近はノンシリコンのものもありますが、こうしたものの場合、中にオイル(油)が
入っていないものを選ぶのが良いみたいです。

 

あまりシャンプーをしすぎないことと、洗髪の後はドライヤーでゆっくりと乾かす、など、髪の毛を傷めないように心がけることも大切です。

 

これ以外、女性の中には、強いポマードなどの臭いを嫌う人もいて、これも加齢臭の一つとされます。

このため、整髪料は、臭いの強いものは控えることです。

 

髪の毛のニオイは自分が思っている以上に、周囲の人が敏感になっているものです。

正しいシャンプーの方法を取り入れるとともに、内面からの対策をしっかりと併用していくことで、相乗効果が期待できます。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。