石鹸を少し変えてみるのも・・・

最近は、石鹸もいろいろなものがあり、中には加齢臭を抑えるためのものもあります。

お風呂で身体を洗う際、こうした石鹸をセレクトして使用すると良いでしょう。

 

これ以外、加齢臭の原因となるノネナールを抑えるのには、ノネナールの基となる脂肪酸のうち、ヘキサデセン酸の分解を抑制する抗酸化剤や抗菌剤が有効とされます。

こうした作用がある石鹸を選ぶのも加齢臭対策となります。

特に毛穴に詰まった過酸化脂質が細菌を増殖させ、加齢臭の原因となりやすくなります。

このため、過酸化脂質を落とす作用がある石鹸をセレクトするのもポイントです。

 

石鹸で身体を洗う際は、なにも体全体の皮脂をすべて洗い流す必要はありません。

加齢臭の原因となる皮脂は、胸と背中の中心あたりから特に多く出るとされることから、こうした部分を重点的に洗うようにします。

 

柿渋は、昔から消臭効果や殺菌力があるとされます。

これは、柿渋に含まれる柿タンニンの渋み成分が、優れた消臭、殺菌効果、抗酸化作用を持つからです。

そこで、柿渋石鹸を使ってみるのも良いかもしれませんね。

 

皮脂は夜寝ている間に多く分泌されるので、朝起きてから、軽くシャワーを浴びるのも良いでしょう。

冬、シャワーを浴びるのに抵抗があるのなら、お湯で濡らしたタオルで軽く胸、背中を拭くだけでも皮脂を取り除くことが出来ます。

 

このほかにも、タオルでも最近は抗菌、消臭タオルと言うものがあります。

タオルも、こうしたものに変えてみることです。

 

石鹸やタオルは、手軽なので簡単に取り組むことができます。

即効性がありますが、洗ってからしばらくするとニオイが出てきてしまうので、その点に関しては考える必要があるかもしれません。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。