加齢臭対策 厳選情報

ビタミンCが臭いをブロック!

01毎日の生活の中で食事だけでは、十分に摂取できない栄養素も沢山あります。
偏った食生活ばかりしていると、特にビタミン類や食物繊維等の栄養分は極端に少なくなってしまいます。

 

好きな物ばかり食べてしまうことでバランスが悪くなり、健康面だけでなく、加齢臭に対しても影響を及ぼしてしまいます。
加齢臭は脂肪酸が酸化されてできるノネナールが直接の原因です。
そしてノネナールは活性酸素の存在下で、大きく生成が促進されます。

 

活性酸素を抑制するために効果的な物質は抗酸化物質と呼ばれます。
所謂体のサビ落としですね。
人間の体内にもSODと呼ばれる抗酸化物質がありますが、年齢と共に減少していきます。
その為規則正しい食生活から、抗酸化物質を摂取する必要があるのです。

 

誰もが知っているビタミンCは医学的にも抗酸化作用が認められ、美容分野からも常に注目されている成分です。
万能性が高いビタミンCですが、水洗いや加熱をするだけでも簡単に破壊されてしまいます。

 

その為調理する際にも注意が必要になってきます。
ビタミンCは一度に大量に取るよりも、分けて摂取する方が体内への吸収率が上がるので、毎食後摂取するようにしましょう。
日々の食生活でビタミンCを取るとなると、難しいと感じる人も少なくないでしょう。

 

そんな人は果物をミキサーにかけ毎朝フレッシュジュースにしたり、サプリメントなどを通して効果的に摂取するといいでしょう。
加齢臭の原因となるノネナールは日々の食生活、運動不足、ストレスなどの影響を受けて、生成が促進されます。
あまりビタミンC一辺倒にならず、当たり前と言われる規則正しい生活を意識しながら、加齢臭対策をしていきましょう。

 

毎日の積み重ねが加齢臭根治に繋がるため、焦りは禁物です。
ストレスを感じない程度に日々の生活を改善して、体からサビを落としていきましょう。

 

ビタミンCの摂取で気をつけたいこと

 

ビタミンCは、加齢臭予防だけでなく、疲れた身体によく効くといわれている栄養素です。

そして、同じビタミンの仲間でも、疲労回復に効果的な種類はたくさんあります。

 

ビタミンB1…糖質をエネルギーに変える

ビタミンB2…脂質をエネルギーに変える

ビタミンB6…タンパク質の代謝をサポート

ビタミンB12…悪性貧血を予防

ビタミンC…免疫力の強化や抗酸化作用、抗ストレス効果がある

ビタミンE…抗酸化作用があり、血行をよくして疲労を緩和

 

加齢臭予防に期待できるビタミンCは積極的に摂取していきたいもの。

摂取方法としては、ビタミンEも一緒に摂取できるように意識すると良いです。

抗酸化作用などの相乗効果が見込まれて、加齢臭予防にも期待できるものとなります。

 

また、無駄なくビタミンCの力を活用したいのであれば、1日に1回にまとめて摂取するよりも、2回に分けて摂取するようにすると吸収率も高くなります。

ビタミンCは大量に取り入れても、摂取できる量が決まっているので、多すぎた分はそのまま尿と一緒に体外に排出されてしまいます。

血中濃度を一定に保つためにも、数回に分けて摂取したほうが良いのです。

 

そして、ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、水洗いは手短に、加熱調理の際は短めにします

調理後は、なるべく早く口にするようにしましょう。

 

ベジタリアンが臭わないって本当?

02皆さんは自身の食生活を振り返ったことはありますか?
最近では美食なる言葉も浸透してきて、栄養バランスに富んだ食材を遣い、食から心と体を綺麗にする食事スタイルも流行っているようです。

 

戦後の欧米文化の流入以降、日本人の食生活も和から洋へと移り変わって来ました。
それと同時に野菜や果物が持つ栄養に焦点を当てた、ベジタリアンと呼ばれる人々も多く誕生してきました。

 

加齢臭の歴史はまだ新しく、その研究結果から生活習慣と密接に関係している体臭ということが分かっています。
ノネナールと呼ばれる脂肪酸が酸化されてできる、不飽和アルデヒドがそもそもの原因となっています。

 

ノネナールは動物性蛋白質や添加物を含んだ食品などを分解する際に生じる、活性酸素下で生成が助長されます。
つまりベジタリアンのような菜食主義者は活性酸素の発生を促すような食品を摂取しないため、必然的にノネナールの生成が抑制されます。
したがって加齢臭に悩まされない人が多いのです。

 

しかし幾ら加齢臭対策といっても、いきなりベジタリアンになる必要はありません。
ベジタリアンの種類も多岐に渡り、乳製品や魚介類もOKな人もいれば、野菜以外口にしない人もいます。

 

ベジタリアンに固執するあまりストイックに食事制限をしてしまうと、かえって体調を崩しかねません。
加齢臭対策、ベジタリアンと言う概念をまずは抜きにして、日々の食生活に緑黄色野菜と果物、そして抗酸化作用が高い魚類を加えていきましょう。

 

そして毎日の生活に足りない栄養素や、活性酸素をブロックする効果のある抗酸化物質をサプリメントを通して摂取するのもいいでしょう。
加齢臭対策は毎日の積み重ねが大切になる為、健康維持にも繋がります。
まずは健康的な食生活を意識しましょう。

 

そもそもベジタリアンって?

 

ベジタリアンの人は加齢臭に悩まされる事が少ないとはいえ、それにはさまざまなタイプがあります。

では、一体どういった人達をいうのでしょうか?

 

まず、ベジタリアンという言葉が始めて使われたのは、1847年の英国に専用の協会が創設された時からです。

「健全な、新鮮な、元気のある」という意味がある、「Vegetus」というラテン語が元になっているそうです。

食事内容によっていくつかのタイプに分けられることができ、ピュア・ベジタリアン、ラクト・ベジタリアン、ラクト・オボ・ベジタリアンなど、その食事で使われる食材によってちょっと違う内容となっています。

 

ちなみに、日本に古くから伝わる伝統的な和食も、実はベジタリアン食といわれています

米飯を中心に野菜や海藻を入れた汁物、野菜や芋などの煮物、炒め物、大豆を中心とした豆料理や納豆など、これらは栄養バランスが取れている栄養食として注目されているのです。

 

日本人が加齢臭に悩むようになったのは近年です。

欧米食が増えてきていることが加齢臭の増加につながっているのでは?といった見方もされています。

このことからも、日本に昔から伝わる和食を今一度見直してみる事こそが、加齢臭の改善につながるものと言えるのかもしれませんね。

 

有酸素運動との関連性とは?

03「なんだか臭い・・・」自分でふと臭いを自覚する時ってありますよね。
男性陣にとってはホルモンの関係上出やすいとされています。特に夏場は皮脂分泌も盛んになり、体臭もきつくなりがちです。
しかし以外にも加齢臭は冬場の方が目立ってしまう傾向があるのです。

 

加齢臭の原因は汗ではありません。
脂肪酸が酸化されることによって発生するノネナールという物質が、加齢臭の原因になってきます。
体を清潔にしていれば臭いも収まりそうに見えますが、幾ら体を洗っても体内からのアプローチ無しにノネナールの発生は防ぐことはできません。

 

ノネナールの発生に深く関与するのが活性酸素と呼ばれる、老化因子です。
活性酸素は体を酸化することで、様々な生活習慣病の原因を作り出し、加齢臭の根源であるノネナールの発生を手助けする働きもあるのです。

 

従って加齢臭の予防にはいかに活性酸素を発生させない、健康的な生活を送るかが重要になっていくのです。
緑黄色野菜をふんだんに取り入れたバランスのいい食事は勿論ですが、いわゆるジョギングや水泳といった有酸素運動は加齢臭予防に非常に有効な手段になってくるのです。

 

継続的に弱い力を筋肉に加える有酸素運動は、体脂肪を燃焼させ、体内で活性酸素を減らします。
適度に体を動かしながら有酸素運動を毎日の生活に取り入れていくことで、効果的に活性酸素を減らし、加齢臭の原因を抑えることができます。

 

注意したいことは、逆に激しい運動はかえって活性酸素を増やす要因になるので気をつける必要があります。
ウォーキングやジョギングなどはジムなどに通う必要も無く、簡単に行えるため、毎日続けやすい有酸素運動と言えるでしょう。

 

また有酸素運動を日課にすることで、生活習慣病やメタボ体質の予防にもなる為、加齢臭予防という観点だけでなく健康維持にも繋がっていくのです。
毎日30分を目安に有酸素運動をするのがベストだと言えますが、習慣付ける為にも焦りは禁物です。
まずは自分のペースで体を動かし、徐々に体を慣らしていきましょう。

 

有酸素運動を効率的におこなうには?

 

加齢臭予防には有酸素運動が有効とはいえ、ただ自由気ままに歩いていればいいのでしょうか?

有酸素運動も、ただやればいいというものでもありません。

加齢臭を効率的に予防するためには、どういったところに注意しながらおこなえばいいのでしょうか?

 

そもそも、有酸素運動とはどういった事を言うのかというと、弱い力が継続的に筋肉に負荷としてかかっている状態をいい、エネルギー源として蓄えられている脂肪を燃焼して使う運動をいいます。

エアロビクスやエアロバイク、ウォーキング、のんびり泳ぐ水泳などがこれにあたります。

有酸素運動は脂肪を燃やす働きがあるのです。

 

効果的な有酸素運動をおこなうには、20分以上続ける事が望ましいとされています。

なぜなら、20分以下で使われる脂肪は血液中の脂肪であり、内臓脂肪や皮下脂肪が使われるのは20分を過ぎた頃からだからです

「血液をサラサラにして健康維持」といった目的であれば、20分ほどでもバッチリです。

ですが、「体脂肪を減らしたい」というのであれば、20分以上を目安におこなったほうが効果的といえます。

 

激しい運動でカロリーを消費しても、呼吸が浅くなるため体脂肪は効率的に燃えてくれません。

加齢臭予防の為にも、ゆっくり焦らず、しっかりと呼吸を意識してのんびり運動をすることを心がけたいですね。

お酒と加齢臭との関係

04皆さんもついつい飲みすぎてしまう、そんな経験は少なからずあることでしょう。
お酒と一言で行っても、ビールから日本酒、ワインまで多岐に渡ります。
仕事終わりのビールは格別と言いますが、飲みすぎには注意が必要ですね。

 

今や草食系男子と呼ばれる、異性との交際を望まず、お酒を飲まない、社交性のない若者達が増えているようです。
しかし年を重ねれば重ねる程、仕事の付き合い上晩酌の機会も多くなり、ストレス発散のためにお酒を飲む回数も増えてきてしまうものです。

 

一度お酒を飲むと肝臓で分解されアセトアルデヒドになりますが、呼吸をする度にアセトアルデヒドが放出され、アルコール臭の原因となります。
しかし肝臓での分解時には万病の元もしくは老化因子とも知られている、活性酸素が発生します。

 

この活性酸素こそが、加齢臭の原因となるノネナールの生成を促す物質なのです。
活性酸素は普通の炭酸飲料を飲んだ際にも発生しますが、その量はアルコール分解時に比べると微々たる量です。
つまりアルコール分解量が多ければ多いほど、加齢臭の根源のノネナールの生成も促されるという訳です。

 

加齢臭だけではなく、アセトアルデヒドのお酒臭さも加わり、アルコール摂取は臭いの観点から見ると、かなりタチが悪いものと言わざるを得ないでしょう。
活性酸素を破壊する物質は抗酸化物質と呼ばれ、緑黄色野菜に含まれるビタミンCやお茶の成分カテキンなどが広く知られています。

 

この抗酸化物質を豊富に含むお酒があります。誰もがご存知の赤ワインです。
フランス人は動物性蛋白質を大量に取る割に心臓病が少ないのは、赤ワインの消費が多いからと言われています。
赤ワインに含まれるポリフェノールの抗酸化作用は強力で、古来から薬効を期待できる溶剤として知られてきました。

 

赤ワインに含まれる亜硫酸塩で頭痛を起こす人も多いようです。
しかし飲みすぎに注意しながら、晩酌の席で日本酒やビールの代わりに赤ワインをチョイスしてみてはいかがでしょうか?
加齢臭は日々の生活習慣で良くも悪くもなります。
お酒も嗜む程度に抑えて、健康的な食生活を心がけましょう。

 

赤ワインにたっぷりと含まれているポリフェノールで加齢臭予防

 

加齢臭は「オヤジ臭」といった呼ばれ方もされており、その臭いは嫌われています。

中年と呼ばれる年齢になったら、老化の一つとして加齢臭が発生してくると、思っている人が多いようですが、実は20代という若い年齢でも発生することがわかっています。

お酒もその一因となっていますので、20歳を超えてお酒を飲む機会が多い人ほど気をつけなくてはいけません。

 

とはいえ、すべてのお酒が加齢臭の原因になるわけではなく、赤ワインは加齢臭を発生させるどころか予防させるものとなっています。

その理由は、赤ワインにはポリフェノールやフラボノイド、カテキンがたっぷりと含まれているから。

なかでもポリフェノールの抗酸化作用はビタミンEの2倍の作用を持っており、活性酵素による細胞の酸化を強力に防いでくれるのです。

 

この赤ワインがもつポリフェノールという抗酸化物質は、10種類以上となっており、注目なのは赤色の色素でもあるアントシアニン類です。

ブドウがもつポリフェノールは皮や種にたっぷりと含まれているので、よく熟成した赤ワインほど抗酸化能力が高いといわれています。

ですから、皮を取り除いてしまう白ワインは、ポリフェノールの量が少なくなり、それは赤ワインの10分の1程度とまでいわれているほどとなります。

ワインであれば、なんでもいいというわけでもないのですね。

疲労だけじゃない!ニオイ予防にもクエン酸が役立つ訳

05毎日の仕事、勉強で疲れた体に貯まりきった疲労。
疲労回復にはクエン酸が有効と、どこかで習った覚えがあります。
特に梅干とレモンが有名ですが、クエン酸には加齢臭予防にも効果的だということは、意外と知られていない事実なのです。

 

加齢臭の臭い成分の根源になるのは、皮脂腺で脂肪酸が酸化されてできるノネナールが原因です。
そばの臭いにも似ているノネナールが持つ臭いこそが、あの独特の加齢臭を生んでいる原因なのです。

 

さてそのノネナールの発生に深く関与しているのが、活性酸素です。
食生活を含む様々な要因で生じる活性酸素は、ノネナールの生成をも助長する悪の根源としても知られています。
いかに活性酸素を作り出さない体作りこそが、加齢臭の予防に繋がるのです。

 

レモンだけでなく多くの果物にはクエン酸が含まれており、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の果物、またメロンやりんご等にも含まれています。
これらの果物に含まれているビタミンCは、活性酸素を破壊する抗酸化物質として知られています。

 

クエン酸は体内の疲労に効果があるだけでなく、殺菌効果そして消臭効果にも期待でき、昔から掃除や洗濯の際に使われてきました。
なかなか毎日クエン酸を大量に取ることは難しいですが、そんな時はジューサーを使って生ジュースを作ってみましょう。

 

柑橘系だけでは酸っぱいと感じる方には、りんごやバナナを入れることで、味がマイルドになるので続けやすくなります。
生ジュースとして飲むことで効率的に大量のクエン酸を摂取できるので、美味しく飲みながら、体の中からサビ予防ができます。

 

ジューサーを持っていない人は、クエン酸配合のサプリメントを利用してみるのもいいですね。
加齢臭対策はいくら体を清潔に保っていても、内側からのケアなしでは根本的な解決にはなりません。
加齢臭対策を機に自身の健康管理もしていきましょう。

 

クエン酸のデメリットを知って活用する

 

加齢臭の予防に有効といわれているクエン酸。

クエン酸入りドリンクというのは、意外と簡単に作れるものですから、常用している人も多いと思います。

たまに飲むくらいならいいのですが、毎日欠かさず飲んでいる人は、デメリットも理解した上で飲むようにしなくてはいけません。

 

まず、クエン酸という名前からもわかるとおり、酸が強いものとなっています。

ですから、あまりにも大量に摂取したり濃いジュースで飲んでしまうと、食道や胃腸に大きな負担をかけてしまうことにもなり、下痢などのトラブルを引き起こす事もありますので注意が必要です。

 

また、酸が強いものは歯を溶かすといわれています。

食品由来の酸にはクエン酸以外にもリン酸やリンゴ酸、フタル酸などがありますが、中でも一番協力なのがクエン酸。

歯を溶かす力が一番強いのです。

酸によって歯のエナメル質は柔らかくなり、この状態で歯を磨くと簡単に磨り減ってしまうのです。

加齢臭を予防する為に摂取していたのに、今度は歯が溶けてしまった!?なんてことにならないように、飲んだ後は軽くうがいして口の中の酸を洗い流すようにしましょう。

 

クエン酸は決して悪いものではありませんので、これらの注意を守って摂取するようにします。

そうすることで、健康的に加齢臭を予防する事ができるのです。

 

ネバネバ納豆が臭いを押さえ込む?!

06加齢臭でお悩みの皆さんは、その原因について考えたことがありますか?
あの独特のしつこい臭いは、皮脂腺で脂肪酸が分解された時に生じるノネナールという不飽和アルデヒドが原因です。

 

特にノネナールの発生の要因となっているのは、酸化が進んだ出来合いの食品や添加物満載の現代人の食生活の乱れに関係しています。
簡単に取れるファーストフードや外食、そしてバランスの悪い食生活は、体内に取り込まれ分解される際に、大量の活性酸素を発生させ体を錆び付かせます。

 

この活性酸素はノネナールの生成を活性化させる為、いかに活性酸素の発生を防ぐ抗酸化作用が強い食品を摂取するかが大切になってきます。
体を活性酸素のサビから守る食品として、納豆などの発酵食品が大活躍をしてくれるのです。

 

納豆程、日本人の食卓に欠かせない食品はありません。
あのネバネバが苦手という人もいますが、その成分には健康維持と加齢臭予防に欠かせない成分が含まれています。
一般的に発酵食品には整腸作用があり、腸内での悪玉菌を減らし、便通をよくする働きがあります。

 

それに加え、納豆には大豆サポニンとイソフラボンという成分が含まれており、強い抗酸化作用を示す整理作用があります。
その結果腸内環境を整えるだけでなく、体内での活性酸素を減らす働きが期待できるのです。

 

日本の食卓にも欧米化が進んできたと言われる昨今。
加齢臭予防だけでなく、健康増進といった観点からも食生活を見直し、毎日の食事に納豆を加えてみましょう。
日本古来の大豆製品、野菜そして魚を中心とした伝統食和食こそが、加齢臭の発生を未然に防いでいてくれたのでしょう。
食事の簡略化や利便性だけに注目した欧米食ではなく、今こそ和食に再度スポットライトを当てるべき時代なのです。

 

納豆に秘められた健康効果

 

納豆が加齢臭を押さえると聞いても、独特のニオイを放っていることからも、抵抗感を感じる人もいるのではないでしょうか?

好きな人の間でも、「食べ過ぎると、納豆のニオイが体から出てくるのでは?」なんて事を心配している人もいるというのですから驚きです。

でも、そんな心配はいりません。

ニオイを出すどころか、ニオイを押さえてくれるのですから。

ただし、食べた後にしっかりと歯を磨かないと、加齢臭ではなく口臭となってしまうこともあります。

 

納豆の原材料である大豆は、「畑の肉」といわれるほど栄養価が高い食材です。

植物性の上質な高タンパク質食品であり、ビタミンEやオリゴ糖なども豊富。

この大豆に納豆菌が結びつくことで、加齢臭予防に期待できるものとなっています。

 

また、納豆菌には体内にある悪い菌の増殖を抑制して殺菌する作用があります

便秘や下痢を引き起こす腐敗菌の働きもシャットアウト!

体の内側からニオイが出ないように抑えてくれるのです。

さらには、納豆菌から作り出される酵素・ナットウキナーゼには、血栓を予防したい血液をサラサラにする作用があります。

 

加齢臭の抑制だけでなく健康効果も優れている食品ですから、食事の一つとして取り入れるようにしたいですね。

飲み物を工夫して臭いを防ごう!

07加齢臭に悩んでいる皆さんは、ご自分の生活習慣を振り返って見たことはありますか?
臭いの原因となる根源は、脂肪酸が酸化されることで生成されるノネナールが原因です。
このノネナールの生成を助長するのは、みなさん一度は聞いたことがある活性酸素です。

 

活性酸素とは所謂老化因子の一つで、体を酸化することで、生活習慣病の原因にもなりえます。
この活性酸素は私達の生活習慣と密接な関わり合いがあるのです。

 

バランスが悪い動物性蛋白中心の食事、ストレス、運動不足だけではなく、タバコやアルコールなどの嗜好品からも活性酸素は発生します。
私達の生活の基本となる食生活は健康維持に直接リンクするだけでなく、ノネナール予防の観点から見ても非常に重要になります。

 

特に水分摂取は生物が生きる最低条件です。
飲み物の中には、活性酸素抑制効果が期待できる抗酸化作用に富んだものがあります。
その一つとしてルイボスティーが挙げられます。
多くの抗酸化物質の中でも、ルイボスティーに含まれるフラボノイド化合物は30種類を超えています。
それらが持つ抗酸化作用の高さは、他の飲み物とは比較にならない程です。

 

アフリカ原産のルイボスの研究は今でも盛んに行われており、抗酸化作用だけでなく免疫活性作用にも大きな期待が寄せられています。
日本でも多くの美容愛好家達に支持されており、加齢臭予防だけでなく、日々の健康生活維持にも適した飲み物と言えるでしょう。

 

味自体も大変飲みやすく、手に取りやすい価格なので毎日の水分補給にルイボスティーを活用してみてはどうでしょうか?
ティーバックタイプも販売されており、オフィスでも簡単に水分補給ができます。
美味しく飲みながら気軽に加齢臭対策ができるルイボスティーは、体の中からあなたのサビと臭いを洗い流してくれるでしょう。

 

ルボスティーって何?

 

加齢臭予防におすすめの飲み物、ルイボスティー。

このルイボスティーは、マメ科のアスパラトゥス属の一種。

葉は針葉樹林のような形をしており、赤褐色になって落ちていきます。

お茶の部類の中では有名な飲み物ですが、ごく限られた地域でした栽培されていないので、ちょっと特別な飲み物といえます。

 

ルイボスティーは、ルイボスの葉を乾燥させて作る健康茶

そこにカフェインは含まれていません

副作用がないといわれている飲み物で、とにかく体に優しいことで有名なお茶です。

なにせ、赤ちゃんや幼児にも安心して飲ませられるというのですから、その優しさはかなりのものといえます。

また、ルイボスティーには、人の体にとって大事なミネラルが豊富

加齢臭予防だけでなく、便秘の改善やアンチエイジング、美肌などにも良いといわれていますので、水分補給の飲み物の一つとして口にするようにしたいですね。

 

ちなみに、ルイボスティーは飲むだけではなく、料理に使うこともできます。

水代わりにルイボスティーをカレーやおかゆ、味噌汁などに使ったり、肉や魚料理の下ごしらえに使ったり、お菓子つくりなど、日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米では飲み物以外にもいろいろと活用されているのです。

加齢臭予防に、こうした取り入れ方もしてみたいですね。

 

何気なく吸っているタバコは大敵?

08人それぞれストレスの解消法は違いますよね?
趣味に没頭する人、買い物に夢中になってしまう人、はたまた暴飲暴食をしてストレス発散をするなんて人も・・・

 

人の体臭とは一種の体からのサインと言われています。
内蔵が弱まることで、SOS信号として体臭が発生することがあり、言わば病気のシグナルとしても体臭は活用されているのです。

 

加齢臭はよく生活習慣病の兆候だと言われています。
それは加齢臭の原因物質ノネナールの発生が私達の生活環境、ストレスに直に影響を受けるからです。
ノネナールは活性酸素の存在下で発生が助長になります。

 

その活性酸素の要因となるものは、食生活から運動不足まで多岐に渡ります。
その中でもタバコを吸うことで発生する活性酸素は、不飽和脂肪酸と結びつき、その結果ノネナールの生成を助長してしまいます。

 

タバコを吸うことでビタミンCが破壊されることは有名な話ですが、それ以外にもニコチンが新陳代謝を悪くすることも知られています。
最もタバコを吸うメリットなど皆無で加齢臭の原因を生むだけでなく、体の酸化を促進してしまいます。

 

しかしタバコを嗜む人にとって禁煙すること自体、大きなストレスになってしまうこともあります。
その結果ストレスから活性酸素が発生し、悪循環を生んでしまうことになりかねません。

 

まずはタバコが与える害と、加齢臭予防になるということを意識しながら、毎日の本数を減らしていきガムや電子パイプなどで代用してみましょう。
また禁煙外来を設置している病院もあるので、一度受診するのもいいですね。

 

禁煙することは大変な努力がいることです。
しかし加齢臭予防ということだけに焦点を当てず、体のサビを防ぎ健康維持にも繋がるという意識をもって禁煙に取り組んで行きましょう。

 

なぜタバコが加齢臭をひどくするのか?

 

加齢臭予防にタバコは天敵といわれますが、その理由は一体どういったところからなのでしょうか?

 

タバコには、ニコチンやタール、一酸化炭素など体にとって有害といえる物質がたくさん含まれています。

特に一酸化炭素が体に与える害はひどく、加齢臭の発生を促している物質にもなっているのです。

体内に入った一酸化炭素は、中性脂肪などの脂肪を酸化させてノネナールを生成し、加齢臭を強いものとするのです。

 

さらにもう一つ、悪化させる要因があります。

それが、ビタミンCの破壊です。

ビタミンCは体が錆びないように酸化を予防する働きがあるのですが、これが破壊されてしまっては体は錆びる一方・・・。

いくら食生活を改善してビタミンCをうまく摂取していたとしても、タバコを吸う事ですべてが台無しになってしまうのです。

つまりは、加齢臭の改善には到底及びつかない・・・ということなのです。

 

そして、タバコに含まれるニコチンやタールは、加齢臭とは別物の口臭といった問題を引き起こすようになります。

厄介なことに歯にこびりつきますから、これがなかなか取り除くのが難しいものとなっています。

 

タバコは加齢臭を悪化させるだけでなく、口臭もひどくし、さらには健康にも害を与えるものとなるのです。 

毎日のサプリで予防しよう!

09日本に居ると当たり前だと思うことが、海を超えると常識では無くなることがあります。
エチケットに対して日本程敏感な国はありません。
欧米などでは毎日体や髪を洗う習慣がなく、日本程身だしなみや清潔感というものに関心はありません。

 

勿論国によって文化や風習が違うので仕方ありませんが、即ち日本は臭いも含めてエチケットに非常に敏感だということです。
外国だと気にも止めない体臭や加齢臭ですが、日本ではそれこそ欝の一歩手前まで悩み抜いてしまう要因の一つになっています。

 

戦後以降の欧米文化の流入によって根付いた食文化が、日本古来の健康食和食に取って代わりました。
肉などの動物性蛋白、加工食品、ファーストフードの普及により日本人の体質自体が変化し、加齢臭を生んだのです。

 

加齢臭の基になるノネナールは、脂肪酸が酸化されてできるアルデヒドの一種です。
このノネナールの生成には活性酸素が深く関与しており、消化しきれない脂肪分を分解する際や、酸化された食品を摂取する際に大量に発生します。

 

つまりいかに活性酸素を発生させない抗酸化作用の強い食事をするかが、ノネナール根絶の鍵となるのです。
研究の結果ビタミンCやE、ポリフェノール、カテキン、アスタキサンチンなどの抗酸化物質を効果的に摂取することで、活性酸素の発生をブロックできることが分かりました。

 

日々の食生活だけでは十分に取れないこれらの栄養素を配合したサプリは、忙しく生活する現代人にとって大きな味方です。
抗酸化作用の強い成分は、活性酸素の生成を抑制し加齢臭を抑えるだけでなく、生活習慣病予防にも繋がっていきます。

 

日々の食生活の中に少しずつ変化を取り入れながら、サプリを効果的に活用してみましょう。
サプリは薬ではないので効果はすぐには現れませんが、毎日続けることで徐々に効果を実感できることでしょう。

 

加齢臭予防サプリメントは男性には必須?

 

加齢臭を予防するには、バランスの良い食事を意識するのが基本です。

ですが、働き盛りの20~30代の男性にとっては、そうした当たり前の食事を維持するのがとても難しくなっています。

仕事が忙しくて適当に済ませる、疲れて自炊できない日は外食なんて、食事の管理もそう簡単にいかないのです。

だからこそ、加齢臭予防のサプリメントなどは、こうした忙しい男性におすすめといえます。

 

加齢臭予防のサプリメントというのは、ビタミンEやC、β-カロテン、アスタキサンチン、カテキンといった抗酸化物質が配合されています。

毎日、決まった量だけ服用することで、活性酵素の働きを抑制して加齢臭が発生するのを防ぐ効果が期待できるようになるのです。

一時期、飲むことで口臭を良い香りに、といった定番としてはバラの香りに変えてくれるといった、加齢臭だけでなく口臭まで予防したサプリメントも注目されたことがありました。

これは、どちらかというと男性よりも女性の方に人気があったサプリメントといえます。

 

とはいえ、サプリメントはあくまでも健康補助食品です。

ですから、「これを飲んでいれば大丈夫!」といった保証はどこにもありません。

基本は、やはり健康的な食生活に他なりません。

せめて、時間があるときの食事には気をつけるようにしましょう。

 

原因は食事にあり?

10戦後を迎え私達日本人が営んできた日本独特の和と伝統を基調とした文化は、価値観だけでなく多くの分野で欧米化が推進されたのです。
特に食生活の変化は顕著で、日本古来の和食から、より簡単に食べられるファーストフード、肉などの動物性蛋白質を好むようになっていきました。

 

働き盛りの男性が悩まされる加齢臭は、この食事の欧米化が生んだ賜物とも言えるでしょう。
加齢臭は性別に関係なく同じ原理で起こる体臭の一つです。
皮脂腺の中にあるパルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が酸化されることにより、ノネナールと言う不飽和アルデヒドが生成されます。

 

このノネナールこそが加齢臭の頑固な臭いを作り出しているのです。
ノネナールの生成を助長する活性酸素は、様々な原因で体内で生成されます。
携帯やパソコンの電磁波、電子レンジ使用時に発生するマイクロ波、太陽の紫外線やタバコ、アルコールなどの嗜好品を摂取することでも発生します。

 

特に肉などの動物性蛋白質は、消化しきれない分の脂質が肝臓で分解される際に、大量の活性酸素を発生します。
また添加物満載の加工食品、出来合いの製品も同様です。
加齢臭の原因となるノネナールの生成を防ぐには、いかに活性酸素を作らないサビ予防の食事をするかが鍵となるのです。

 

活性酸素を撃退する作用がある抗酸化作用のある物質は、色の濃い緑黄色野菜です。
またアスタキサンチンやビタミンEを含む魚類、納豆や味噌などの発酵食品は抗酸化作用に優れています。
毎日の食事は私達人間の生きる糧でもあります。

 

体にいいとされるバランスのいい食事を取ることは加齢臭予防だけでなく、健康維持にも繋がっていきます。
親しんだ食事スタイルを変えることは簡単ではありませんが、加齢臭は体内からのSOSのサインと捉えるといいでしょう。

 

加齢臭予防の為の理想的な食事とは?

 

加齢臭を予防するための食事では、野菜中心、動物性の脂を控える事がポイントとなります。

つまりは和食が一番とされるのも、この2つのポイントをしっかりとおさえているからなのです。

 

脂肪分を多く含む食事とはどんなものかというと、揚げ物や脂肪分の多い肉、マヨネーズ、ドレッシング、卵黄など一般的にいわれる脂っこいものです。

これらの食品は避けるようにすると同時に、体を酸化させないような食品を選ぶようにしなければいけません。

ビタミンCやE、カテキン、ポリフェノール、βカロテンなどがたっぷりと含まれている食品を選ぶのが理想的で、野菜の中でも緑黄色野菜を中心とした食事にするのが、加齢臭を予防する上では大切となります。

 

なかでもビタミンEやCは抗酸化力が強いですから、特に加齢臭予防には効果的

ただし、ビタミンCについては、一度に摂取できる量が決まっており、超えた分は体外に尿と一緒に排出されることになります。

また、熱に弱いので加熱する事で壊れてしまいやすくなりますので、できるだけ生で食べるようにします

また、満腹時のほうが吸収されやすいので、食後のデザートとしてフルーツなどで摂取するのも良い方法となっています。

 

ビタミンEについては、油分と一緒に摂取するのが効率的。

ビタミンCと一緒だと、抗酸化力もアップします。

ただし、ビタミンEの摂取のしすぎは骨粗鬆症になるといわれていますから、1日の摂取量を超えないように注意しましょう。

デトックス効果で予防対策!

01加齢臭を体内から予防するには、デトックスも効果的でしょう。

デトックスの一つの方法として、汗をかくことで、汗と一緒に体の老廃物を排出することが、加齢臭の予防につながります。

 

また汗をかくことで加齢臭の原因となる、毛穴に詰まった皮脂や汚れも除去できます。

汗をかくデトックスは、やはりサウナでしょう。

できれば毎日サウナで良い汗をかくことですが、最低週1回はサウナでたっぷりと汗をかくことです。

デトックスのためには、水を多めに摂るほうが良いと思うかもしれませんが、水は胃腸を冷やすことになるので、日常、温かいものを飲むようにすることです。

 

早寝早起きも大事で、夜は10半までに就寝し、起床は6時前に起きるのが理想的です。

早寝を心がけると、排泄がスムーズになります。

 

断食や少食も、腸をリセットして腸内洗浄でき、加齢臭の予防になります。

断食や少食は、過酸化脂質の減少にも繋がり、ノネナールを減らす効果も期待できます。

無理のないプチ断食でも、定期的に長く続けることで、ニオイ対策になります。

しっかりと水分補給を心がけ、ビタミンやミネラルなどの栄養素や糖分をしっかり摂ることがポイントとなります。

 

また加齢臭対策として、デトックスだけでは効果が十分に得られないため、体の中から酸化を抑えるサプリメントがありますので、それを摂取することでよりいっそう実感が期待できることでしょう。

 

家庭でできる手軽なデトックス方法

 

加齢臭予防にサウナでデトックスとはいっても、必ずしも身近にサウナがあるとは限りません。

サウナがある場所といえば、温泉施設。

温泉施設が身近にあればいいですが、ない場合はどうしたらいいでしょうか?

サウナが難しい場合は、半身浴を取り入れてみましょう。

 

ぬるめのお湯に体の半分だけつかり、じっくりと時間をかけて汗を流していき、体の心から温まり、血行を促進してリンパの流れを良くしていきます。

これは、立派なデトックス。

体の中にある加齢臭の元となる毒素も、汗と一緒にきれいに流れ出ていきます。

ベトベトした汗が出てきてたら、それが加齢臭の元。

アポクリン線と呼ばれる汗腺からでる汗で、中性脂肪やアンモニアといった老廃物が出てきているのです。

 

また、半身浴以外にも定期的な運動もデトックスになります。

体についた脂肪も燃焼できますので、ダイエット効果も期待できますし、運動する事で腹筋が鍛えられればお通じも良くなります。

体内に悪い物質を残さないことになりますので、腸内環境もきれいになり、それが口臭や体臭などの悩みを解消していくのです。

まさにいいことずくめですね。

定期的におこなう運動としては、比較的簡単にできるウォーキングがおすすめです。

 

抗酸化作用がある栄養の知識

02加齢臭を抑えるには、抗酸化作用のある栄養を摂ることが大事です。

抗酸化作用のある栄養としては、まずポリフェノールがあります。

ポリフェノールは、活性酸素を除去することで、加齢臭を抑えるだけでなく生活習慣病や老化の予防にも貢献してくれます。

ポリフェノールの栄養としては、カテキン、アントシアニン、イソフラボン、ビタミンC、Eやベータカロチンがあります。

これらは、緑茶、ぶどう、ブルーベリー、大豆、大豆食品に多く含まれていますが、1回の食事で大量に摂らず、こうした栄養を含む様々な食品を毎日こまめに摂取する方が加齢臭を抑えるのにより効果的となります。

 

これ以外に加齢臭の予防に効果がある栄養としては、亜鉛、アスタキサンチン、アップルペクチン、アリシン、アントシアニン、オレイン酸などがあります。

抗酸化作用に効果があるとされる亜鉛を含む食品としては、黒米、ホタテ、納豆、豚もも肉・レバー、和牛もも肉、牡蠣、桑の葉、などがあります。 

アスタキサンチンを含む食品としては、イクラ、鮭、鱒。 
アップルペクチンはリンゴに多く含まれます。 
アリシンは、ネギ、玉ねぎ、ニラ、にんにくなどに多く含まれます。 
アントシアニンを含む食品としては、茄子、桃、黒豆、小豆、ブルーベリー、さつまいも。
オレイン酸を含む食品としては、大豆、アーモンド、落花生、鶏肉、アボガド、ゴマ、うなぎ、などがあります。

 

どれも比較的なじみのある食材なので、毎日のメニューにこうしたものを工夫して加えると、加齢臭の予防に効果的でしょう。

 

和食が加齢臭を予防する

 

加齢臭を抑えるために、なぜ抗酸化作用のある栄養を摂取するのがいいのか?

それは、加齢臭の元となるノネナール対策になるからです。

抗酸化作用がある代表的な食べ物といえば、ビタミンCやE。

その強力な力で活性酵素を抑制してくれるのです。

 

そんな抗酸化作用のある栄養を上手に、より効果的に摂取するのであれば、和食でいただくのがおすすめです。

なぜなら、和食は動物性脂肪が少なく、加齢臭予防に最適な食事だからです。

特に、味噌や豆腐の材料ともなる大豆製品には抗酸化作用がたっぷり

大豆がもつイソフラボンや大豆サポニンは、抗酸化作用が優れている栄養ですが、発酵といった加工過程においてよりパワーアップするのです。

他にも、和食でお馴染みの梅干やわさび&しょうがといった薬味も抗酸化作用あふれる食品となっています。

 

ちなみに、薬味といえば食べた後にニオイが気になる食品でもあります。

それでは本末転倒だとおもいきや、それぞれが胃液の分泌を向上させて血液を浄化

それがニオイをなかったことにしてくれるのです。

和食の力は素晴らしいですね。

 

逆に、コーヒーやチョコレート、バター、豚肉、ベーコン、香辛料などは皮脂の分泌を促進させるので要注意

食事内容は植物性になるように意識していきましょう。

 

加齢臭と男性ホルモンの関係

03加齢臭は、皮脂の酸化によりノネナールが発生することで生じると言われています。

このため、男性ホルモンが多いと皮脂が多く分泌され、加齢臭が発生しすくなる、と思いがちですね。

ところが、あるところの研究によると、男性ホルモンは皮脂を多く発生すると同時に、皮脂を分解する働きもあり、これにより加齢臭を抑えているというのです。

つまり、加齢による加齢臭の発生は、男性ホルモンの低下も関係してくるわけです。

年とともに加齢臭が気になり始めたら、男らしさも低下している、ということになるかもしれません。

 

また男性の体臭とは、いわば男クサいものであり、加齢臭とは別物です。

しかし、運動不足やストレスの蓄積、タバコの吸いすぎなどで皮脂の分泌量が増えすぎると、加齢臭の原因となるノネナールも増加します。

男性ホルモンの低下は、運動不足や睡眠不足も影響してくるので、適度な運動を心がけ、十分な睡眠をとるなど、生活環境を改善させることです。

 

食事でも、卵、魚介類、肉などのたんぱく質を摂取することです。

ただ、肉類は脂質も多く含んでいるので、摂りすぎないようにします。

たんぱく質以外には、アボカド、ウコン、にんにく、山芋や長芋などのネバネバ食品も、男性ホルモンを強化させてくれます。

 

また、活性酸素の量が増えると体内で酸化反応が起こり、これに伴い加齢臭の原因物質であるノネナールが発生しやすくなります。

活性酸素の量を減らすには、タバコの吸いすぎに注意し、ストレスをため込まず、規則正しい生活をすることが大切です。

 

実は男性にもある!?更年期障害

 

年を取るごとに男性ホルモンが減少していき、逆に加齢臭がひどくなってくる・・・これは、更年期障害かもしれません。

更年期障害といえば女性特有の症状のように思えますが、実は男性にもおこりうることで、加齢臭だけでなく性欲減退やEDなどの、男性としての機能が著しく低下していく症状がみられるようになります。

 

男性におこる更年期障害の症状としては、先に述べた加齢臭や性機能への症状だけでなく、心の症状というのもみられるようになります。

はたから見てもわかるくらいに明らかな疾患がなくても、男性ホルモンがひどく減少するということは加齢男性性腺機能低下症候群であり、病気の一つとして認識されているのです。

 

女性の場合では、閉経といった大きな変化から更年期障害の有無を図ることができますが、男性にはそういった劇的な変化がないので、なかなか気が付かずにいる人も・・・。

男性ホルモンが減少していく度合いは個人差があるので、まったく気にならない人もいれば、その変化や症状に苦しむ人もいます

ほてりや発汗、めまい、疲労感などの体調不良、イライラしやすいくなるなどのネガティブな感情が強くなる、EDなどの性機能の著しい低下がみられるようであれば、一度医師に相談していみるのがいいかもしれません。

 

腸内環境を整えることで驚く変化!

04加齢臭は、腸内環境が悪くなることで、腸から発生する悪臭も関わってくると言われています。

腸の中には様々な菌が存在しますが、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、ウエルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌とがあります。
腸内環境が良いと善玉菌が多くなり、良好な状態ですが、食生活の乱れなどで体調が悪くなると、腸の中の悪玉菌のほうが多い状態になってしまいます。
悪玉菌が多くなると、腸内にたまった食べ物が腐敗することでアンモニアやインドールなどの悪臭物質が増えて悪臭が発生し、血液を介して、体臭として体外に放出されるのです。

ただ、これは加齢臭とは異なるものなのですが、加齢臭と混ざり合って、より悪臭の原因にはなるものです。

加齢臭がひどい場合、腸内環境が悪化している恐れがあるので、腸の中の善玉菌を増やすような努力をしてみることでしょう。

 

加齢臭を抑えるには腸内環境を整えることも大事となり、腸内環境を整えるには、ゴボウ、サツマイモ、キノコ、海藻類などの食物繊維を多く摂り、便秘を解消させることです。

特に、ゴボウは食物繊維が豊富なだけでなく、抗酸化作用もあります。

 

この他に、カボチャは抗酸化作用があるビタミンEを豊富に含み、エビやカニの殻に含まれたキチン・キトサンも、食物繊維と同じく腸をきれいにする効果があります。

オリゴ糖も、腸内の悪玉菌を減らすと同時に、善玉菌を増やす働きがあります。

オリゴ糖には、にんにく、ごぼう、はちみつ、味噌、醤油、大豆などに多く含まれています。

 

このように、食物繊維を多く摂ることは理想ですが、実際なかなか難しいという方が多いのではないでしょうか?

そのような方には、体の中から酸化を抑えるサプリメントなどで摂取すると良いでしょう。

簡単で毎日の健康維持に役立ちます。

 

ストレスや疲労感でも腸内環境は悪くなる

 

腸内環境が悪化すると、そこから発生する悪臭がプラスされて、加齢臭がますますひどいものと感じられるようになる・・・。

正確には加齢臭とはちょっと違うものになりますが、周囲の人にその違いはわかりません。

加齢臭をひどいものにしないためにも、腸内環境が悪化することは避けたいですね。

 

この腸内環境を悪化させる原因としては、食生活や生活習慣の悪さが挙げられます。

ですが、それだけでなくストレスや疲労も腸内環境を悪化させる原因になることがわかっています。

ストレスや疲労は健康にも影響があるものですから、これが腸内環境を悪化するというのも、あながち不思議な話ではありません。

ひどい場合では、若い人でも高齢者レベルの状態になってしまうというのですから・・・。

 

ストレスや疲労を軽減するためにも、適度なストレス発散や十分な休息が必要です。

いくら食生活に気を付けていたとしても、便秘とは無縁な生活習慣だったとしても、日々受けるストレスや疲労感が半端ないほどひどいものであれば、腸内環境は悪くなってしまいます

放っておくと加齢臭をひどくさせるだけでなく、肝臓や腎臓などの各種臓器の機能までも著しく低下させ、肝臓障害やがん、動脈硬化などの疾患を発症させてしまうことになりかねないのですから気を付けたいですね。

 

肝臓の状態を整え、健康維持と同時に予防!

05肝臓は、食べ物から摂取された脂肪やタンパク質、糖分を体内でエネルギーに変えるのが役目です。

また、アルコールなどの有害物質を分解し、体に害が無いように無毒化したり、老廃物の排出、脂肪の消化吸収を促進する消化液の胆汁を作る役目もあります。

このため、肝臓の機能が弱まると脂肪をエネルギーに変えることができず、脂肪がどんどんたまり、体の外に排出しきれない脂肪は皮脂腺から分泌され、さらに表皮の細菌に分解されることで、ノナネールに変化し加齢臭の原因になるのです。

 

さらに、加齢臭が気になるのは、汗や便の臭いがきついことも関係してきます。

汗や便の臭いがきついのは、肝臓の機能の低下が関わってくるのです。

肝臓の機能が低下すると、消化吸収が悪くなり、体に老廃物がたまりやすくなることから、汗や便の臭いがきつくなり、これも加齢臭にもつながるのです。

 

これ以外にも、酒の飲みすぎなどで肝臓の機能が低下すると、体内に蓄積された乳酸やアンモニアを多く含んだ汗が出やすくなり、加齢臭の一つとされる疲労臭の原因となります。

加齢臭の原因となる物質は、ノネナールという物質が知られていますが、ノネナールの他にも、さまざまな脂肪酸が混ざり合うことで悪臭を放ち、これも加齢臭とされます。

 

肝臓の機能を健全に保つには、お酒、タバコを控えることが大事ですが、加齢臭が気になり始めたら、他の生活習慣病の予防も含め、一度肝機能検査を受けることをおすすめします。

 

加齢臭は、腎臓からもサインが出ているのかもしれない

 

加齢臭が気になり始めるのは、大体40歳を超えたぐらいからです。

それも自分ではなく家族から言われて初めて気が付くのですから、ちょっとショックですよね。

加齢臭は不潔だから発生するというものではありませんので、お風呂にきちんと入っていても自然と匂うようになってきます。

老化現象の一つですから、仕方がないといえばそれまでです。

 

ただ、上記でも述べたように、肝臓機能が低下することで加齢臭がひどくなることもあり、特にタバコを吸っている人やお酒が大好きなんて人は注意が必要です。

日頃から肝臓にダメージを与えていることになりますから、加齢臭が強く出てしまう・・・つまり、肝臓が弱まっているのかもしれないのです。

 

肝臓は体全体の代謝機能をコントロールする臓器です。

体内に入ってきた食べ物から得た栄養素を必要なところに届け、逆にタバコのニコチンやアルコールなどに含まれている有害物質は外へ排出しようとします。

有害物質があまりにも多いと、肝臓も疲れて弱まってしまいます。

それが加齢臭をひどく発生させる、つまりは肝臓機能が弱っていることを知らせるサインとなっているのかもしれません。

 

「沈黙の臓器」とも呼ばれている臓器ですから、わかったときにはかなり深刻な状態にまでなっていることもあります。

あまりにもひどい加齢臭には、早めに検査を受けるようにしましょう。

 

1日一杯のココアで対策!!

06休憩時間のちょっと一息に、コーヒーを飲む人も多いと思います。

クセになるあの苦味ですが、コーヒーなどの刺激物は加齢臭の原因になると言われています。

一般的に高タンパク、刺激が強いもの程、腸内環境を悪くし、その結果加齢臭を強くします。

 

高タンパク、高脂質として知られているココアが、加齢臭予防になると脚光を浴びています。

ココアにはビタミンやミネラルが豊富です。

更にリグニンと呼ばれるポリフェノール集合体の食物繊維が含まれています。

食物繊維は言わずもがな整腸作用があり、便通をよくします。

 

このリグニンは加齢臭や便臭の臭気低下に対して、かなり優秀な成分として知られています。

主な働きとして腸内の善玉菌を活性化し、臭いの原因となる有害物質の発生を防ぎます。

また発生した臭い成分をリグニンが吸着することで、便とともに排出されます。

 

加齢臭の原因となるノネナールは腸内環境に非常に左右されるため、リグニンの働きで善玉菌が増えることでノネナールの発生も抑制されます。

更に腸粘膜を健康に保ち、有害物質を分解する機能を高める働きもあります。

 

加齢臭を和らげるには、このように腸内環境の状態が大切なんですね。

一日一杯のココアを飲むことで、約10日で効果が現れると言われています。

いろいろなココアがありますが、砂糖などが入っていないピュアココアを選びましょう。

苦味が気になる場合は、腸内の善玉菌を増やす手助けをする、オリゴ糖を加えるといいでしょう。

 

ココアには抗酸化作用から、ストレスを和らげる作用まである万能ドリンクです。

朝飲むことで便通が改善され、寝る前に飲めばリラックス効果も期待できます。

加齢臭を抑制するだけでなく、これだけ多くの効能が隠されているとは驚きですね。

 

加齢臭対策は、ココア以外にもおこなう

 

ココアを飲み続けることで加齢臭を抑えられる事がいわれていますが、これは100%確実な対策ではありません。

確かにココアは加齢臭予防に高い効果があることがわかっていますが、個々の状態によってはそれだけでは不十分なことも…。

 

加齢臭を予防するには、まず食生活や日常生活の見直しが大事となります。

食事では動物性脂肪を含む食品や洋菓子、チョコレートなどの甘いもの、アルコールなどはほどほどにして、食物繊維が豊富な野菜や果物、海藻類、キノコ類、乳製品、発酵食品などの加齢臭予防に良いとされる食品を積極的に摂るようにします。

調理方法としては、和食がおすすめです。

そして、汗をかいたらこまめにふき取り、お風呂もシャワーだけでなく入浴や、できればサウナにも入るようにします。
入浴方法では半身浴もおすすめです。

規則正しい生活を心がけて、タバコも控えるようにするのです。

 

また、加齢臭対策は腸内環境も関係してきますので、適度な運動で便秘なども改善させ、ストレスや疲労なども溜め込まないようにしましょう。

食生活、日常生活を規則正しいものにすることによって、ココアの力も活かされていきます

ココアだけに頼るのではなく、他にも気を付けるべきところは気を付ける様にすることで、大きな成果を手にすることができるのです。

適度な運動が効果てきめん!!

07巷では24時間営業、ワンコインでワークアウトできるフィットネスジムが話題を呼んでいます。

気楽に運動ができる機会が増えたことで、会社帰りのサラリーマン、OLだけでなく、学生から主婦まで世代を問わず、人気となっています。

 

加齢臭に悩んでいる人にとって運動をするということは、かえって汗臭くなってしまうと誤解している人が多いようです。

確かに限られた空間の中では、汗臭さが倍増してしまいますが、適度な運動は身体をサビから守ってくれます。

つまり体内の老化を促進する活性酸素を減らし、酸化しにくい身体を作ってくれるというわけです。

 

この酸化しにくい体を作るということは、加齢臭予防に大変深く関係しています。加齢臭の原因となるノネナールは、活性酸素により生成が促されてしまいます。つまり匂いの源となる原因に、活性酸素が深く関わっているのです。

そこで重要になるのが、いかに体内の中から活性酸素を除去するかです。

 

適度な運動をすることで、慢性的な加齢臭の原因となる活性酸素を減らすことができます。

主に中年以降に多いメタボ体質の方には、肥満対策にもなります。

特にジョギングやサイクリングなどの、体脂肪を燃焼させる効果がある有酸素運動がお勧めです。

最近ではヨガやピラティスなども人気ですね。

 

この脂肪燃焼作用により、加齢臭の原因物質である脂肪酸の生成を妨げることができます。

しかし激しい運動は、逆に活性酵素を増やしてしまうので注意が必要です。

なかなか習慣付けることは難しいですが、最低週3回、1時間は体を動かしてみましょう。

最近のジムは立地条件もよく、利用しやすい環境にあるので、会社帰りに一汗かいてみてはどうでしょうか?

 

加齢臭予防には有酸素運動

 

加齢臭の予防には、ウォーキングや水泳、ヨガなどの有酸素運動がおすすめです。

ちなみに、腹筋や腕立てなどの筋肉を鍛えるトレーニングは無酸素運動となります。

 

ただし、激しい有酸素運動は体内に活性酵素を増やしてしまうので、息が切れるような激しいレベルでおこなうのは避けるようにしましょう。

適度な有酸素運動とは、体に負担をかけすぎないこと、そして一定時間続けられるレベルをいうのです。

体に負荷がかかりすぎると、疲労物質である乳酸が増加し、汗腺のなかのにおいを発生させるアンモニアを分泌させてしまいます。

しかも、一定の時間内において続ける事は、汗臭さや加齢臭の原因となる短鎖脂肪酸やアルデヒドの素である遊離脂肪酸を血液中から減らすことになるのです。

この遊離脂肪酸を燃焼させるには、運動を始めてから20分ほど経ってからとなります

 

普段、運動をまったくしない人がかく汗は、アンモニアが分泌された質の悪い汗であり、臭い汗。

ところが、習慣的に続けていると汗の成分が変化し、水に近い酸性となります。

こうした汗は皮膚に出てきても雑菌が繁殖しにくいものとなっています。

こうしたことからも、加齢臭の予防には継続した有酸素運動が良いといえるのです。

タバコを吸えば吸うほど臭い倍増!

08現代人の生活習慣病の原因の一つとも言われるタバコ。

公共の場で喫煙出来る場所はだいぶ限られてきましたが、それでも日本は喫煙に対して規制がゆるい喫煙途上国と言えるでしょう。

欧米ではタバコの税率も高く、タバコそのものの値段設定も高額に設定され、その有害性の指標も写真付きのきわどい警告文となっています。

 

最近では健康志向の高まりもあり、禁煙に務める人も多くなりましたが、タバコは単に健康を損ねるだけでなく、実は加齢臭の元にもなっているのです。

加齢臭とは中高年になると発するようになる、何とも形容しがたいニオイとして知られています。

脂肪酸が酸化されてできるノネナールが、その加齢臭の根源です。

 

ニコチン中毒とよく言いますが、ニコチンはエクリン腺の働きを活発にし、皮脂分泌を促します。

それだけではなく、タバコに含まれる一酸化炭素は脂肪酸を酸化し、ノネナールの生成を助けます。

そしてタバコの煙に含まれる活性酸素も、体内の酸化を更に促し、加齢臭を強めてしまうのです。

 

加齢臭を和らげるには、まず体質改善と酸化しにくい身体造りが必要です。

活性酸素は体内のビタミンCを破壊し、抗酸化機能を低下させてしまいます。

いくら抗酸化作用の高いバランスのいい食事を心がけていても、全てタバコの活性酸素で無駄になってしまいます。

 

今や加齢臭予防をすることは、最低限のマナーになってきています。

喫煙者にとっていきなり禁煙することは大変難しいことですが、元になる原因を作っているのはあなた自身です。

そんな意識を持って、毎日少しずつタバコの本数を少なくしていきましょう。

最近では禁煙外来を設けている専門クリニックもあります。

一度訪ねてみるのも、いいかもしれません。

 

加齢臭だけじゃない!?タバコ臭、そして口臭も悪化する

 

タバコは健康被害だけでなく、加齢臭といった被害もついてきます。

ですから、なるべくなら吸う本数を減らしていきたいもの。

でも、そう簡単にやめられないのがタバコの怖いところです。

すぐには無理ですが、加齢臭を予防するためにも少しずつ喫煙量を減らしていけるようにしましょう

 

まず、1日に吸う本数を減らすようにします。

吸う本数が少なくなれば、ニオイも抑えられてきます。

1日1本程度にまでできればたいしたものです。

1本くらいであれば、吸った直後ぐらいにしか匂いません。

 

また、連続して吸わないのも大事。

一度に大量に吸う事は、それだけ肝臓に集中的に負担をかけてしまうことになり、それが疲労させてしまって加齢臭を発生させてしまいます。

大体の時間を決めておき、肝臓を休ませてあげるようにしましょう。

 

タバコは加齢臭の原因になるだけでなく、タバコ臭や口臭といった臭いも発生させてしまいます。

前者はタバコが体に染み付いてしまい、それが全身から漂っている状態をいいます。

後者は口の中から匂う嫌な臭いで、非常に不快なニオイとなります。

加齢臭だけでなくこれらの余計なニオイがついてくるようでは、そのうち誰も近寄らなくなってしまいます。

そうならないためにも、タバコは控えめにするようにしましょう。

乳酸菌の力を借りて、腸の中から予防しよう!

09家族や同僚に「なんか臭うよ。」と言われたことはありませんか?

心にドカーンとダメージが大きい一言です。

体臭というものは、意外と自分では気付きにくいものです。

しかし実際歳を重ねるにつれ、加齢臭なる体臭に悩まされる人が多く存在します。

加齢臭の原因はノネナールという物質に深く関係しています。

 

戦後を迎え欧米化が進んだことにより、私達の食生活は動物性蛋白質を多く含む欧米食に変わっていきました。

肉食メインの食生活は消化にも時間が掛かり、加齢臭の根源であるノネナールの生成環境にもってこいです。

コロンやガムなどのその場しのぎの対処法ではなく、身体の内側から環境を変えていくことが大切になってきます。

腸内環境を整えることは、加齢臭の予防に大切な要因です。

 

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸内における善玉菌を増やし、悪玉菌が生成するアンモニアや硫化水素、メタンガスなどの有害物質を分解します。

しかし乳酸菌は胃酸や胆汁によって、ほとんどが腸内に届く前に死んでしまいます。

その為オリゴ糖と一緒に乳酸菌をとることをオススメします。

 

オリゴ糖は胃酸にも強く、生きた状態で腸にたどり着き、腸内に存在するビフィズス菌の餌となり、善玉菌を増やすことで腸内環境を整えてくれます。

善玉菌が増えることで、有害物質の生成を防ぎ、結果的に加齢臭を和らげてくれるのです。

 

乳酸菌と共に摂取するオリゴ糖は、シロップとしてヨーグルトに混ぜて食べるのがいいでしょう。

また乳酸菌はヨーグルトだけでなく、我々日本人に馴染みの深いぬか漬けや、味噌、納豆などにも多く含まれています。

これらの食材を中心とした和食は、加齢臭にはもってこいの食事と言えるでしょう。

 

乳酸菌の種類いろいろ

 

加齢臭の予防に最適な乳酸菌。

乳酸菌の摂取が期待できる代表的なものといえばヨーグルトですね。

乳酸菌と一言にいって様々なものがあります。

どういった乳酸菌があるか知ることで、より最適な加齢臭の予防ができるようになります。

 

BB536株 生きたまま腸に届き、消化活動を活性化させて便秘などの腸内トラブルを予防します。

殺菌パワーに優れている酢酸をつくるので、免疫力の向上も期待できます。

 

BE80株 酸に強く、少しのことではへこたれない生命力の強さを持ちます。

腸内の悪玉菌は食べ物を分解してガスを出し、それがおなかを膨らませるのですが、BE80株は腸内バランスを整えてこうしたおなかのふくらみを解消します

 

LB81乳酸菌 ブルガリアの伝統的乳酸菌で、サーモフィラス菌1131株とブルガリア菌2038株の組み合わせからできたもの。

便秘や肌荒れを改善するといわれています。

 

シロタ株 高い整腸効果はもちろん、病原性大腸菌O-157を予防するといった力も。

 

他にもLGG株やSBT2928株、ブルーベヤクルト株、クレモリス株など、さまざまな種類があります。

加齢臭を予防するためにも、こうした乳酸菌を積極的に摂取したいわけですが、最低でも2週間は同じ種類の菌を取り続けるようにしましょう。

加齢臭の予防に効果があるのか見極めるには、それぐらいの期間は必要となります。

アルコール大量摂取で加齢臭倍増!?

10ストレス社会の現代人にとって、仕事終わりのビールは格別です。

ビジネスマンにとって、接待の際には無くてはならないアルコール。

ついつい飲みすぎてしまって、翌日二日酔いなんてパターンは定番です。

しかしアルコールが、体臭と深く関係していることはあまり知られていません。

 

「なんかおっさん臭い。」こんな風に陰口を叩かれている男性も少なくないでしょう。

そんな独特の体臭を加齢臭と呼び、当人だけでなく周りの人にとっても、大きな悩みとなっています。

加齢臭とは脂肪酸と過酸化脂質が結合し発生するノネナールが原因になっています。

ノネナールの生成に深く関与しているのが活性酸素です。

 

お酒を飲むことで、アルコールは吸収されず肝臓に運ばれます。

そこでアルコールは分解されるのですが、その際に活性酸素が発生します。

その結果言うまでもなく、加齢臭の原因となるノネナールが発生するのです。

 

更にアルコールはアセトアルデヒドに分解され、呼吸時だけでなく、身体の表面からも汗として、じわりじわりと悪臭として滲みでるわけです。

アルコールは加齢臭としての原因要素を生むだけでなく、それ以外にも新たな悪臭を放つようになります。

 

アルコールは万病の元とも言われますが、健康を損なうばかりでなく、悪臭も生んでしまいます。

飲み過ぎないことが加齢臭を予防する最善策です。

辞め時に悩みますが、周りに迷惑をかける前にソフトドリンクにチェンジです。

 

もし飲みすぎてしまった場合は、ウコンを飲むようにしましょう。

アセトアルデヒドの分解を促してくれるので、肝臓の負担を和らげてくれます。

そっとバッグにいれて飲み会に参加するといいでしょう。

 

飲むなら、赤ワイン?

 

アルコールの摂取が加齢臭を発生させる…なんて、ちょっと困ったもの。

大人の付き合いなどにおいてお酒は必須ともいえるものであり、特に働く男性からしてみたら、仕事上どうしても飲まなければいけない事もあるでしょう。

そんな時はどうしたらいいでしょうか?

 

頻繁にお酒の席があるようであれば、ビールや日本酒だけでなく、赤ワインを注文するようにしたらいいかもしれません。

赤ワインにはポリフェノールがたっぷりと含まれており、これによる抗酸化作用は他の食品と比べても優れたものとなっています。

ビタミンEと比べても、その2倍ともいわれているのですからすごいですね。

その力で活性酵素による細胞の酸化も抑えてくれるものとなります。

とはいえ、これも適量・適度が前提

飲みすぎると意味がなく、これも加齢臭発生の元となります

 

アルコールを絶つのは、タバコと同じくらいにつらいものです。

なぜなら、アルコールには緊張をほぐす効果があり、これがストレスを軽減することにもなるからです。

一滴も口にするなとはいいませんが、ある程度のラインは保っていた方がいいのは、加齢臭を予防するうえでは大事なこととなります。

飲みすぎに、ほどほどの量をキープするようにしましょう。

ダイエットの仕方で臭いを防げる?

加齢臭:01時代が変わるに連れ、体臭の概念も変わってきました。

古代ローマ時代の人々は毎日身体を清潔に保っていましたが、数百年前のフランスでは、きつい体臭を香水で隠していました。

はたまた現代日本では、加齢臭なる体臭に悩まされている人が後を立ちません。

加齢臭は男性特有のものはではなく、女性も年齢を重ねるにつれ悩む人が多いようです。

 

特にメタボリックシンドロームと呼ばれる内臓脂肪型肥満症の人は特に、加齢臭との関係が深いようです。

主に動物性蛋白質を多量に摂取することでなる生活習慣病の一種ですが、肉などの脂肪分が高い食事は消化しにくく、加齢臭の原因となるノネナールの生成を促してしまいます。

 

じゃあ「ダイエットをすれば、加齢臭は消えるんだ!」と思いがちですが、それは間違いです。

正しいダイエットをすればの話しです。

無理な食事制限をして、体重を落とそうとする人がいますが、これは典型的はダメなダイエットです。

ストイックな食事制限は体内の中性脂肪を酸化させ、加齢臭の基になるノネナールを生成してしまいます。

つまりダイエットに成功しても、加齢臭はとれないのです。

 

そこで重要になるのは、いかに正しいダイエットを行うかです。

つまり三食バランスよく食べ、ジョギングなどの有酸素運動を取り入れること。

食事は野菜中心に、肉の代わりに魚を食べ、汁ごと栄養が取れる野菜スープなどを献立に加えるといいでしょう。

運動も最初から頑張りすぎるのも、長続きしない要素となるため、自分の負担にならない程度に抑えましょう。

 

ワンモアアドバイスとして、体臭予防にもなるクエン酸を摂取することです。

代表的なものは梅干や柑橘系の果物です。

疲労回復にも有効な成分のため、運動で疲れた身体にはテキメンと言えます。

 

メタボで加齢臭倍増!?

 

メタボリックシンドロームの人からは、あぶら・・・つまりは皮脂が酸化したような臭いがします。

酸化とは鉄などがさびる事をいいますが、ここで言うなら体が腐っている臭いということ。

食品のパッケージによく酸化防止剤と記載されていますが、これは腐るのを防ぐために入れられています。

それだけ、酸化の影響を受けやすいということであり、それは人も同じなのです。

 

このメタボリックシンドロームという診断は、ウエストサイズや血圧が一定値を超えている身体においてこう診断されます。

成人病を発症しやすいことからも、健康面にも悪影響となっています。

医師からもダイエットを進められるのもこのためで、もはや加齢臭うんぬん以前に気を付けなくてはいけないものなのですね。

 

そんなメタボの人は油料理を摂取していることが多く、皮膚がギトギトした感じになりがちです。

顔が脂ぎってしまうのもこのためで、このギトギトが皮脂であり、それが酸化して加齢臭をさらに強烈なものにしているのです。

 

メタボの人は、健康面からのダイエットだけでなく、加齢臭を予防するためにもダイエットが必要

体重が平均値になるまでは、清潔にすることを心がける事で加齢臭を少しは抑える事ができます。

特に夏は暑さからも臭いが強烈になりがちですから、いつも以上に気を付けたいですね。

 

効果的な飲み物、緑茶の秘密とは?

02ふと感じる異臭・・・なんだろうこの匂い。

清潔にしているつもりでも、自分では防げない体臭。

主に中年以降の男性に多く、それは加齢臭という不名誉な呼ばれ方をしています。

 

この加齢臭は年齢を重ねていくに連れて増えるノネナールという物質が、原因となっています。

ノネナールは体内の過酸化脂質と脂肪酸が結びついてできる化学物質で、活性酸素の増加と共に増加していきます。

それは食生活とも深い関係があります。

 

動物性蛋白質を中心としたバランスの悪い食生活は、体内の消化を悪くし、活性酸素を多く発生させます。

つまりいかに活性酸素を減少させるかが、加齢臭を防ぐことに繋がるわけです。

日本人の私達にはとても馴染みのある飲み物が、活性酸素を除去する働きがあることがわかりました。

そう、それが緑茶です。

 

緑茶はカテキンと呼ばれる、ポリフェノールが非常に豊富です。

緑茶カテキンは苦味成分として知られ、老化抑制、抗菌消臭作用、そして抗酸化作用などの多種多様な生理作用があります

昔は茶漉し済みの茶葉を撒いて掃除をしたものです。

それは消臭効果を見込んでのことだったのです。

 

カテキンは低温のお湯では抽出しにいので、熱いお湯を注ぎましょう。

水分補給として一日に何度も飲むことをお勧めしますが、緑茶にはカフェインも含まれているため、夜寝る前に飲み過ぎないように注意しましょう。

 

緑茶の抗酸化作用を高めるものとして、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが挙げられます。

緑黄色野菜を多く含んだ規則正しい食事と共に緑茶を飲むことで、相乗効果が得られる訳です。

忙しくてバランスのいい食事ができないという方には、サプリメントとして摂取するのも効果的です。

 

知らず知らずに飲んでいる緑茶に、こんな作用があったとは驚きです。

加齢臭を気にし出したそこのあなた、一度食生活を見直し、意識して緑茶を飲んでみましょう。

 

まだある!?緑茶以外にも口臭予防になるお茶

 

加齢臭を予防するためにも、日々の水分補給には積極的に緑茶を取りいれたいもの。

緑茶は日本人が昔から飲んできた飲み物だけに、水分摂取の一つとして口にするのにも抵抗感があまりないのではないでしょうか。

この緑茶以外にも、加齢臭を予防するのに適しているといわれているお茶があります。

それは柿の葉茶いちょう葉茶熊笹茶、そしてルイボスティーです。

 

柿の葉茶は、4月から6月に採取される茶葉で、アストラガリンやウルソール酸、グルコサイド、ケンフェロール、クエルセチンなど・・・多数の成分を含み、加齢臭予防だけでなく血圧の安定や改善に良いといわれています。

 

いちょう葉茶は、7月から8月に採取される茶葉で、ギンコライドやフラボノイド、ケンフェロールなどの成分が含まれており、動脈硬化や咳止め、ぜんそく、血圧降下、コレステロール値の低下といった効果があります。

 

熊笹茶は年間を通して採取されており、葉緑素やクマササ多糖体、アミノ酸などを含み、糖尿病や高血圧の予防、毒消し、胃炎、口内炎などの予防に使われています。

 

そしてルイボスティーは、フラボノイドやカルシウム、マグネシウムなどが含まれており、抗酸化作用やガン予防などに活用されています。

 

緑茶以外にも加齢臭予防できるこれらのお茶を、気分で飲み分けてもいいですね。

健康にも良くて一石二鳥です。

 

アフリカの神秘が生んだルイボスティーを飲んで断ち切ろう

03毎日身体を清潔にしていても、なかなか拭えない体臭があります。

特に中年以降に発生することで、人々はそれを加齢臭と呼びます。

何とも嬉しくない通称ですが。

 

しかし加齢臭で悩んでいる当人にとっては、計り知れないストレスとなっていることは言うまでもありません。

いくら身体をゴシゴシ洗い、匂いの強い香水をつけても、その場しのぎでしかありません。

身体の芯から、加齢臭を無くすには、外側からのアプローチだけでは、本当の意味で解決の糸口は掴めません。

 

規則正しい食生活をすることは、加齢臭を予防する基本となります。

しかし忙しく毎日を生活していると、ついつい食事も偏りがちになってしまいます。

そこでお勧めなのが、アフリカの大自然が生んだお茶ルイボスティーです。

日本に上陸してもう20年以上たちますが、未だに高い人気を誇り、美容、ダイエット通を唸らせています。

 

アフリカの原住民達に飲まれていたルイボスティーですが、多くのミネラルを含み、その抗酸化作用は長寿の秘訣とも言われ、長い間研究されてきました。

その結果SOD酵素と呼ばれる物質が体内の活性酸素を除去する働きがあることが分かりました。

活性酸素とは加齢臭の原因物質となるノネナールの生成を促進します。

すなわちルイボスティーの抗酸化作用が、ノネナールの生成を予防してくれるということです。

 

ルイボスティーのみを扱う専門店もあります。

赤ちゃんも安心して飲めるルイボスティー。

フレーバーつきの茶葉も人気があるようです。

最近はお洒落なタンブラーが沢山登場してきているので、お気に入りのタンブラーをカバンに忍ばせて水分補給。

その日の気分に合わせて、フレーバーを変えるのもいいですね。

楽しみながら加齢臭対策ができる、それがルイボスティーの魅力です。

 

美容と健康に良いルイボスティー

 

加齢臭の予防にと注目されているお茶、ルイボスティー。

ルイボスティーは、学名を「Aspalathus linearis」といい、マメ科の低木に分類されています。

薬用として使うのは葉の部分で、採取した葉を細かく裁断して発酵。

その後に天日乾燥させてお茶として服用します。

 

主成分はフラボノイド、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、グァイアコールで、これらによる抗酸化作用は緑茶の50倍ともいわれています。

活性酵素を除去する力に優れており、加齢臭だけでなく生活習慣病の予防にも適しているのです。

また、日本人の死因として上位にあるガン予防にも良いと言われていますから、加齢とともにひどくなる加齢臭を予防すると同時にガン予防もできる、まさに嬉しい特典がたっぷりのお茶。

 

ルイボスティーに強力な抗酸化作用があるのは、生産地である南アフリカの環境によるものといえます。

強い紫外線がさんさんと降り注ぐ過酷な土地ですから、それに適応するためにも強力な抗酸化作用が身についたのです。

そんなルイボスティーには、先に述べた作用だけでなく、便秘の改善やアレルギー体質の改善、細胞の老化防止、肌荒れの予防と改善、シミ対策なども効能として挙げられているのですから、健康と美容の為にも飲みたいお茶といえます。

 

中国伝統の漢方薬で体質改善

04毎日忙しく生きていると、ついつい身なりに気を使えなくなることがあります。

しかし清潔感を保つことは、今や社会のエチケット。

中年以降の男性は特に、加齢臭を漂わせている人も少なくないようです。

知らず知らずのうちに独特な匂いを漂わせる加齢臭は、周りの人達にも不快感を与えます。

 

もう見た目とか匂いを気にする歳じゃないからと、諦めがちになってしまう方も多いようです。

いくらコロンを振りかけても、根本的な解決にはなりません。

加齢臭は体の中から、アプローチしていく必要があります。

 

中国伝統の東洋医学には聞診と呼ばれる、呼吸、発生、匂いを基に身体の異常を調べる診察方法があります。

つまり東洋医学の世界では、匂いは内蔵の状態を診る重要なサインとみなされている訳です。

匂い自体を抑えるためには、身体の中から変えていく必要があります。

 

漢方薬はいくつもの生薬を組み合わせた天然の薬で、医学的にもその効能は認められています。

加齢臭の元となる原因物質ノネナールは、体内で脂肪酸が酸化することで増加します。

つまり、抗酸化作用のある漢方薬を飲むことで、匂いの元を和らげることができるのです。

このような内側からのアプローチを原因療法と呼びます。

 

特に加齢臭に効果的な漢方薬は、熊笹とどくだみです。

パンダの大好物の熊笹は、内蔵の解毒と腐敗予防に絶大な効果が有り、冬眠中の彼らが排便をせずに冬を越すために必須の生薬なのです。

どくだみと同様に強い抗菌作用、抗酸化作用を持っているため、ノネナールの発生を体内で防いでくれる働きがあります。

 

多くの漢方薬局ではそれぞれの悩みに対して、あなただけのオリジナルの漢方薬を処方してくれます。

漢方薬は短期間でガツンと効果がでるものではないため、長期的に服用することで、じんわりと効果が得られることでしょう。

 

加齢臭に悩む女性におすすめの漢方薬

 

加齢臭は男性だけでなく、女性も悩みの種になることもある症状です。

予防するには生活習慣の見直しに、漢方薬を加えて内側から加齢臭が発生しないようにするのが効果的。

漢方薬としては熊笹やドクダミがありますが、これ以外にもおすすめなのが、女神散(ニョシンサン)当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)といった漢方薬です。

 

これらは女性ホルモンを活性化させる作用があると言われている漢方薬です。

女性ホルモンと言えば、食事からも摂取することができます。

大豆イソフラボンやザクロなどには、摂取後に体内で、女性ホルモンと同じような働きをしてくれる成分が含まれているのです。

つまり、これらの漢方薬や食事で女性ホルモンを活性化することが、加齢臭を抑える事に有効となるのです。

 

ちなみに、女性の加齢臭が強くなる原因は男性と同じ。

皮膚から分泌されるノネナールという物質が原因となっています。

多くの女性が、40代から加齢臭に悩まされているようです。

まだ若いから大丈夫と思っていても、今では若い人の間でも問題となっていることもあるのですから油断はできません。

年齢に関係なく誰でも発症する可能性があるのですから、なるべく早めに生活を見直し、もし気になる事が出てきたら、漢方薬などを適切に取り入れて改善させていきたいですね。

 

食べ物との深い関係を探る

加齢臭05毎日シャワーを浴びて、歯磨きもちゃんとしているのに・・・なんか匂いが気になる、そんな方も多いのではないでしょうか。

体臭と一言で言っても、ワキガ、口臭、足の匂いなど挙げればきりがありません。

特に歳を重ねるにつれ、加齢臭なる体臭が出てくることがあるそうです。

 

私達の食生活と体臭には、切っても切れない関係があります。

戦後を迎え西洋文化が流入した結果、牛肉や乳製品などの動物性蛋白質が食卓に登るようになりました。

そしてファーストフードなどの食べ物が登場し、更に日本人の食生活は欧米化していきました。

 

このような食べ物の変化が、私達の生活に影響を与え出したのです。

脂肪分の多い肉食中心の食生活が、脂肪酸が酸化してできるノネナールの生産を促します。

これこそが、加齢臭の原因物質なのです。

 

いかに食べ物を工夫しノネナールの増加を防ぐかが、加齢臭を根本的に無くす鍵となる訳です。

体内の活性酸素が増えることで、化学反応が進みノネナールが増加します。

つまり抗酸化作用のある食べ物を摂取することで、活性酸素の増加を防ぐことができるのです。

 

古来から伝わる日本の和食こそが、加齢臭にテキメンの食事と言えます。

味噌、醤油、納豆、豆腐などの植物性蛋白質を中心とした和食には、抗酸化作用のある大豆サポニンやイソフラボンが豊富に含まれています。

 

加齢臭が気になり出したら、まずはその食生活を見直すことです。

出来合いのものや、肉食中心の食事ばかりしていませんか?

毎朝果物を食べ、牛乳の代わりに豆乳を飲み、魚を食べる頻度を多くする。

今までの食生活を変えることは簡単ではないかもしれませんが、少しずつ和食中心の食事にシフトしてみましょう。

 

加齢臭を発生させる食べ物、抑える食べ物

 

加齢臭の発生をより強力にする食べ物と言えば、肉類

どうして肉類がダメなのかというと、腸の中で消化するのが大変で刺激臭を発生させるからです。

この刺激臭が大きなダメージを与え、さらには加齢臭の元にもなってきているのです。

ちなみに、魚や大豆などは逆に刺激臭を抑える食べ物となっています。

しかも、酸化させない成分も含んでいるのですからいいことづくめ。

ですから、食べ物を選ぶ際には、脂肪分の多いものを食べない事、そして脂肪を酸化せるようなものも食べない、この2つのポイントを守る事で、加齢臭が発生するのを抑える事ができます。

 

脂肪分の中でも、特に動物性脂肪分には注意

動物性の脂肪分が皮脂を大量に発生させて、ギラギラテカテカの顔にしているのです。

代表的な食べ物としては、ラードや牛脂、バター

料理では角煮や焼肉、カルビ、こってり系ラーメンなどです。

そして、積極的に摂りたい酸化を予防するための食べ物としては、魚の油やオリーブオイル、エゴマの油、にんじんやほうれん草、かぼちゃ、トマトなどの野菜、そしてポリフェノールをたっぷりと含むワインや緑茶、ウーロン茶などです。

避けたいもの、食べたいものを把握しておくと、加齢臭も次第に抑えられていくのではないでしょうか。

 

日常生活で簡単に出来るニオイ予防

06臭いが発生するのは、頭皮の皮脂の酸化や、高温多湿で汗をかいてそのままにしておくことで細菌が繁殖し、それが臭いの元となります。

髪の毛も、タバコの臭いや、アルコールの臭いが残りやすいものです。

さらに、フケも臭いの元となります。

こまめに洗髪し、またシャンプーの方法や種類にも少しこだわってみます。

脇の下の臭いを予防するには、食生活や生活習慣の見直しも大事ですが、通気性が良い衣服を着用するのも対策のひとつです。

 

食生活での加齢臭の予防のためには、腸内環境を整えることが大切です。

体の酸化を防ぐためには、緑黄色野菜や胚芽米、緑茶など、抗酸化力を持つものを摂るように心がけることが大切です。

これ以外にも、海草やこんにゃくなど食物繊維を多く含む食品を摂取すると同時に、悪玉菌を減らすオリゴ糖、ヨーグルトを摂取して善玉菌を増やすようにします。

 

また、あまり油分の多いものを摂らないことも大切ですが、脂分や肉類は力の源になるためにある程度必要なものでありますが、意識しすぎて食べずにいると、却って栄養のバランスが悪くなり加齢臭の元となってしまいます。

ですので、肉は赤身などを心がけ、野菜と一緒に摂るようにしましょう。

 

また、動物性の脂肪酸でも、ラードやバターなどは、皮脂腺やアポクリン腺の働きを過敏に刺激するため、できるだけ控え植物性の油にするなど、少しばかり工夫してみることです。

ただし、植物性の油でもリノール酸は、血液中のコレステロールや中性脂肪を増やすと同時に、体内で酸化して過酸化脂質に変わり、加齢臭などを発生しやすくなります。

このため、紅花油などは少し控えたほうが良いでしょう。

 

加齢臭が染み付いてしまった衣類の洗濯方法

 

加齢臭に悩む人が一番に気になるのが、衣類にしみこんだニオイです。

特に夏場は暑さから加齢臭もより強烈なものとなっています。

洗濯することできれいにニオイが落ちればいいのですが、強烈に染み込んでしまった後では難しく、ニオイ予防にと洗濯したら他の衣類にニオイが付いてしまった・・・なんてこともあるのですから、せっかくの予防も水の泡です。

 

加齢臭の原因であるノネナールが衣類に付くと、雑菌が繁殖してさらにニオイも強烈なものとなります。

そのままにすると脂が固まり、さらにニオイは落ちにくくなりますので、なるべく早くに洗うことがなによりもの予防になります。

また、加齢臭を落とすためには、それにあった洗剤を選ぶようにします。

脂質分解酵素が入っている洗剤、もしくはカテキンや重曹、ポリフェノール、ミョウバンといった消臭効果のある成分がはいった洗剤を選ぶといいでしょう。

 

それでもなかなか落ちないという場合は、漂白剤をプラスしてみましょう。

ニオイが気になる部分に漂白剤を直接つけて、40度くらいのお湯に洗剤を溶かし、そこに先ほどの部分を浸します。

漂白剤がニオイの元となる雑菌を除去してくれます。

つけておく時間は、最低でも30分間、長くても2時間ぐらいにしておきます。

その後、いつも通りに洗濯。

それでだいぶ変わるはずです。

 

サプリメントによる加齢臭対策

07最近は加齢臭のためのサプリメントもいろいろと市販されています。

成分的には、マッシュルームに多く含まれる、シャンピニオンが加齢臭に効果があるといわれています。

シャンピニオンは、腸内環境を整える作用があることから、口臭や加齢臭に効果を発揮するみたいです。

 

これ以外には、お茶、赤ワインなどに含まれているポリフェノールや、カテキン、フラボノイドは、加齢臭に限らず総合的に体臭に効果があるようです。

また、スパイスの種から採取される精油を組み合わせたものは、腸内の異常発酵を防ぐことから、便の臭いを抑えてくれるようです。

海藻も、特にアンモニア臭を吸収する作用があるとされます。

クロロフィルも、強力な抗酸化作用と浄化作用があります。

 

加齢臭にもいくつかのタイプがあるので、自分の体の臭いがどのようなものなのか判断し、それに応じて少しばかり成分にもこだわってみてサプリメントをセレクトすると良いでしょう。

 

加齢臭は脂肪酸の酸化により発生するノネナールが原因なので、抗酸化作用のあるものを意識して摂取すると良いでしょう。

抗酸化作用のある栄養素としては、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、リコピンなどがあります。

栄養補給も含め、こうした成分が含まれたサプリメントを摂取するのも良いみたいです。

 

整腸作用があるサプリメントも、活性酸素の働きが抑えられます。

また、腸の環境を整え、お通じが規則正しくなると、体内での発酵、腐敗を防ぎ、口臭や体臭を抑えることにもつながります。

 

今では加齢臭対策として、サプリメントを簡単に購入することができますが、値段は安いものから少し値段がするものまであります。

決して安いからといって効果が・・・というわけではありませんので、きちんと説明書きがあるものを選び、しっかり目を通し、納得してから購入することをオススメします。

 

サプリメントも元は食品

 

加齢臭予防のためのサプリメント製品はたくさんありますが、これだけに頼っていては何も、そこまで劇的な変化を感じる事はないでしょう。

より大きな変化、つまりは加齢臭が全くしないぐらいにまでなるには、何も高いサプリメントを買えばいいというわけではありません。

 

加齢臭予防のサプリメントの服用はもちろん、日々の食事で使う食材にも注目するようにしましょう。

なぜなら、加齢臭に効くといわれているサプリメントの成分内容などをみてみると、そこには見慣れた食材や栄養素が記載されていることがほとんど

食事からも摂取できるものがあるのですから、食事も一緒に見直さない手はありません。

 

日々の食事では魚や大豆、野菜などの酸化を予防する食品を積極的に食べる事だけでなく、皮脂を発生しやすい食品は避けるようにしなくてはいけません。

後者では肉類が定番となっていますが、実はたまねぎやニンニク、長ネギなどのネギ類にも注意しておくといいでしょう。

ネギ類は口臭の原因になる食材であることは広く知られていますが、実は体臭にもなりやすいもの。

どちらもエチケット的にはあまり喜ばしくないので、ほどほどにしておくようにするのが一番。

加齢臭が気になる人は、特にです。

 

加齢臭の対策について

08加齢臭とは、「おじいちゃんの香り」というイメージがありますが、実は40歳を過ぎれば誰にでも出てしまうものなのです。

人によって臭いの頻度は違いますが、中高年の男性、今や女性の方の悩みでもあります。

ですが、きちんと対策をすれば加齢臭は予防することが出来るのです。

 

対策方法として、いろいろなグッズがあります。

石鹸や消臭スプレーなど、外面から予防していくものなどがあります。

これは、使用感や香りが重視されます。

そして対策方法として、香水やコロンなどもありますが、香りと自分の臭いが混ざって本来の香りでなくなってしまうことがあります。

そのせいで、香水やコロンをつけ過ぎたりすると香りがキツくなり、かえって逆効果になることがあります。

これは、臭いをとるのではなく、ごまかす方法です。

 

もうひとつの対策法として、内側から予防していくサプリメントがあります。

今やドラッグストアや通販など、数多く販売されています。

実際に口にするものなので、副作用や成分などを調べて、納得して購入する方が良いでしょう。

パンフレットや説明書きが丁寧なものであると安心です。

 

このように、加齢臭の対策法として予防するものはたくさんあります。

加齢臭を過剰に気にする必要はありませんが、「加齢によるものだから仕方がない」と諦めてしまわず、なぜこのような事が起こるのか原因を把握し、加齢臭対策を正しく行うようにしましょう!

 

昔は加齢臭の原因すら分かりませんでしたから、その対策をすることすら考えられませんでした。

ですから、香料やスプレー、デオドラントなどで「ごまかす」のが精一杯でした。

しかし、今では加齢臭の原因も明らかになりましたし、体の中から対策できる方法もわかってきました。

今の時代では、私を含め加齢臭を克服する人は多いですから、諦めずに対策することが大切です。

  

外出先の加齢臭応急処置

 

加齢臭は根本的な原因を把握し、それを改善する事が一番ですから、その対策をぬかりなくおこなわなくてはいけません。

ですが、普段から加齢臭対策をおこなっていたとはいえ、夏の暑い日などは臭ってしまうこともあります。

外出先では、応急処置的な対策も用意しておかないといけないのです。

 

基本の応急処置といえば、ウェットティッシュです。

これは必ず持ち歩くようにしましょう。

加齢臭の原因となる皮脂が胸の谷間や耳の後ろ、首周りから背中にかけて、毛穴からじんわりと排出されて臭うことになりますので、ウェットティッシュで拭きとって臭わないようにします。

できれば熱いおしぼりで拭く方が効果的なので、可能であればお湯で濡らしてからササットふき取るといいです。

気が付いたときにこまめにふき取る事でかなり違ってきます

 

また、衣料用消臭スプレーやデオドラント系のお菓子なども用意しておくと、いざというときに役立ちます。

最近では加齢臭に悩む人には嬉しい、加齢臭対策インナーというのも販売されています。

こういった便利アイテムを使うと、暑い日の外出も少しは安心となります。

 

ただ、一つ気を付けたいのが、汗を拭きとったタオルやハンカチの存在。

汗や皮脂が付着したタオルをそのままカバンに入れると、カバンにまでニオイの元が付いてしまうので気を付けましょう。

 

スプレーをうまく活用する!

09加齢臭とは、体の皮膚から分泌されるもので、常に体外から出てる状態になります。

なので、そのままにしておくと個人差はありますが、とてつもない臭いが漂います。

 

加齢臭を予防する対策の中のひとつとして、スプレータイプのものがあります。

デオドラントスプレーや香水などがあげられます。

 

スプレータイプのものだと、一時的に臭いは消えますが、時間がたてばまた元通りに戻ってしまいます。

消臭効果が維持できている時は問題ありませんが、効果が切れた時が大変です。

常にスプレーを持っておかないと気が気でなく、行動範囲が狭くなり、満員電車やエレベーター、狭い部屋などの場所には行けなくなってしまいます。

もちろん気にしない人たちもいますが、それはやはり・・・周りを不快な思いにさせてしまうことになるでしょう。

 

また、香水だと香りの強さや種類により、他人に不快な気分を与えてしまう可能性があります。

臭いの元から予防していかないと意味がないのです。

 

確かに加齢臭対策のスプレーは、進化していますから、「気になるニオイを突発的に消す」ためには、役立ちます。

その場しのぎの対策だと、体から発生する加齢臭は根本的には消えません。

スプレーや香水などで一時的に対策することも有りだと思いますが、元から原因を追究し予防をしていかないといけないので、体の内側から加齢臭対策をしていきましょう。

 

加齢臭を抑えるためには、その原因となるノネナールを消臭する必要があります。

酸化を抑える物質を摂取したり、活性酸素を抑えるような有酸素運動をしたりと・・・色々と方法はありますし、実際にニオイが消えることもありますので、

まずは実行してみるのが重要です。

 

頼りすぎないで、デオドラント製品をうまく活用する

 

外出中のもしもの時のことを考えると、携帯しておきたい加齢臭予防スプレー。

頼りすぎるにはアウトですが、どうしようもないピンチを切り抜ける時にあると便利です。

頼りすぎず、いざというときにためのスプレーとして使いましょう。

 

加齢臭予防として使うスプレーはデオドラントと呼ばれ、その即効性がニオイに悩む人たちに受けています。

気になるニオイを瞬間的に抹殺!なんとも頼りがいのあるボディーガードです。

このデオドラントにはいくつか種類があり、ニオイに対して直接作用して消臭してくれるものもあれば、汗を抑えて皮膚を殺菌するタイプとあり、さらにその形態もスプレー以外にミスト・シート・ロールオンとさまざまです。

自分がどう使いたいのかで選ぶといいでしょう。

 

ただし、デオドラント製品を使うときにちょっと気を付けてもらいたいのが、使う際には体を拭くなりして清潔な状態にしてから使うということです。

ニオイの元ぐらいはふき取っておくのが、デオドラント製品の効果をより高めるものとなるのです。

ですから、シートタイプで汗を拭きとり、スプレーやミストタイプでシュッといった、2種類のデオドラント製品を使う方法もあり。

形態の違うデオドラント製品を組み合わせて使うと、より強力加齢臭対策になります。

 

加齢臭を抑える食事とは?

10加齢臭が発生する原因はいろいろとありますが、その中でも食生活が大半を占めているといっても間違いではないでしょう。

そして、不規則な食生活をつづける事で、体内に蓄積された「酸化」と「脂肪」が、加齢臭の原因だと言われています。

また「活性酸素」もあげられています。

体の外側から予防することも大事ですが、特に内側からの食事を心がけることが大事です。

 

ではまず、加齢臭を活発にする食事としてあげられるのが、肉類中心の食事です。

動物性脂肪を多く摂取すると、皮脂腺が活発化して体臭がきつくなってしまいます。

 

では、どのような食事を摂れば、加齢臭を抑えられるのかというと、それは「和食」です。

和食は生活習慣病の予防にも大変効果があり、体の中から老化を遅らせる効果があります。

具体的には、大豆製品や魚介類に梅干し、緑茶など加齢臭を予防する食事として効果的だと言われています。

活性酸素を減らすビタミンCやビタミンEも摂取することをお勧めします。

野菜や果物をしっかり摂りましょう。

 

現代では、自分の食べたいものは大抵、何でも手に入ることができる世の中なので、ついつい好きな物を好んでしまいがちです。

ですが、加齢臭だけでなく少しでも健康を意識した食生活を心がることが大切です。

基本的なポイントとしては、「酸化を抑える」ということです。

酸化を抑えることで、加齢臭が予防できるだけではなく、体の健康維持にもつながりますから、ぜひ取り組んで見てください。

 

和食が加齢臭を消していく

 

加齢臭を誘発する食生活とは、肉類や油料理などを中心とした食事であり、野菜や魚、そして和食がほとんど食卓に出ない食事となっています。

まさに欧米食といえるもので、栄養バランスが偏った食事といえます。

こうした加齢臭をひどくする食事内容は、大きく2つに分類することができます。

一つは超肉食派で野菜はなぐさめ程度に添えてあるだけ

そしてもう一つは手料理が少なく、ほとんど出来合いの食品ですませてしまう・・・どちらもバランスが悪く、加齢臭がプンプン臭っても仕方がないといえます。

 

こうした食生活を続けていると、代謝が低下して体重も増加、肥満体型になってしまいます。

もう、加齢臭だけの問題ではなくなってくるのです。

健康状態も不安定なものとなり、糖尿病などの重い病気を発症させてしまう可能性も高くなります。

そうした美容と健康に対しての警告が、加齢臭となってきつく臭ってきているのかもしれません

 

日本人は、昔から粗食を基本とする食事をしてきました。

和食こそが日本人の体質にはぴったりで、実際に食べ続ける事で身体の調子が良くなっていくのがわかるはずです。

同時に、加齢臭も軽減されていくのですから、ニオイに悩むのであれば和食を食べない手はありません

肉料理もほどほどに、和食をベースにした食生活に戻してみましょう。

 

サプリメントを選ぶ際の注意点

01現代では、加齢にともなう臭いで悩む中高年の方たちが急増しています。

他人ごとではなく、大なり小なりですが誰にでも訪れることなのです。

 

そこで、加齢臭を予防する対策として、手軽に試すことができる食品があります。

それは、「サプリメント」です。

 

サプリメントと言っても、いろいろな種類のものがあり、価格も安いものから、ちょっとお高いものまでそれぞれです。

安いからといって効果がないわけではなく、成分をよく見てから購入した方が良いでしょう。値段に限らず、中には何にも効果のないサプリメントもありますから。

 

では、どのような成分のサプリメントを選べばよいのか?ということですが、抗酸化作用があるアスタキサンチンやβカロテン、リコピンなどが成分として入っているものが良いでしょう。加齢臭の原因となる酸化を抑える効果があります。

酸化を元から断たずに加齢臭対策をしても、根本的なとこから治していかない限り意味がないのです。

また、注意すべきなのは、「口臭、体臭対策」のサプリメントを、「加齢臭にも効果的です・・・」と言っている商品です。

普通の体臭や口臭と、加齢臭は発生の原因がまったく違いますから、口臭や体臭対策のサプリメントを加齢臭に流用したところで、効果は期待しにくいのです。

 

サプリメントは効果が出るまで時間がかかることもありますし、その実感には個人差があります。

購入する前に注意して頂きたいポイントは、詳しく丁寧に書かれている説明書きや、パンフレットがあるものが良いでしょう。

さらに、ネット・通販なら全額返金保証制度がついている商品もありますので、このあたりを加味したうえで、自分にあったサプリメントをしっかりと見極めることが大切だと言えるでしょう。

 

加齢臭予防サプリメントはサポートとして使う

 

皮脂の中になる脂肪酸と過酸化脂質が酸化したり、活性酵素が体内に増えることで発生する、ノネナール。

ノネナールは、加齢臭の原因ともいわれている物質です。

加齢臭予防を目的としたサプリメントには、酸化や活性酵素が体内で増えないように、ビタミンEやC、β-カロテン、アスタキサンチン、カテキンなどの抗酸化物質が配合されています

さらには、加齢臭だけでなく口臭予防が施されているサプリメントもあり、バラのエキスが配合された製品は、一時大きな話題にもなっていました。

クセのある口臭が、バラの香りになるなんて・・・なんともいえません。

 

ただし、サプリメントで加齢臭を完全に消すことはできません。

栄養補助食品ですから、不規則な生活、バランスの悪い食事をしていたのでは、いくら良いサプリメントを飲んでいたとしても、思うような結果が出てくることはないでしょう。

 

加齢臭を改善する基本は、健康的な食事と規則正しい生活習慣です。

肉や揚げ物といった脂っこい料理は減らし、魚や野菜、大豆製品などで作る和食を中心に摂るようにするといいでしょう。

そうした基本をしっかりとやりながら、サプリメントをプラスすると、加齢臭も改善しやすくなります

サプリメントはあくまでもサポート的なものとして服用することをお勧めします。

 

石鹸で消臭できるのか?

0240歳を境に加齢臭は、男性女性を問わずに発生していきます。

臭いの原因物質「ノネナール」というものがあり、それが活発になります。

ノネナールは、皮脂の酸化への抵抗力が弱くなってしまう為に発生しやすくなります。

そして、加齢臭の出やすい部位として、頭や首の周り・背中・胸元・脇周りなどがあげられます。

 

そこで、加齢臭の臭いの元となる毛穴に詰まった皮脂を洗い流すという方法があります。

加齢臭の予防対策として使用されているのが、デオドラント効果のある石鹸です。

(普段、私たちが使用している一般的な石鹸では、残念ながら効果はありません。)

清浄して、殺菌・消毒し加齢臭を防ぐという方法が、デオドラント効果のある石鹸の特徴ですが、このように加齢臭を防止する為の石鹸は、いろいろな種類のものがあります。

もちろん入っている成分もさまざまですが、価格もリーズナブルなものが多いので、簡単に試すことが出来ます。

 

ただし、一時的な効果はありますが、あくまで外側からの対策なので・・・正直「これで大丈夫!!」だとは言い切れません。

人は毎日、お風呂(シャワー)に1日一回、多くても二回入ります。

その時に、デオドラントタイプの石鹸を使用したとしても、一日中効果が持続することは難しいでしょう。日によって汗をかく量も違いますし、季節によっても当然異なります。

石鹸や消臭スプレーも、加齢臭をブロックするために有効な手段ですが、所詮は「臭いものに蓋をした」というだけのものです。

「ノネナール 〇〇パーセント除去」と言っていても、洗ったその時にニオイが消えるのは当然のことなのです。

 

問題はそれがどのくらいの時間持つかであって、それが成し遂げなければ石鹸で消臭対策を行っている意味がありません。

・・・なので内側から予防する食習慣の改善を、同時に併用することをお勧めします。

 

石鹸の実力は価格で決まるのか!?

 

加齢臭を抑える石鹸としてさまざまな種類が販売されていますが、その値段は高いのもあれば安いものもあり・・・どれを選んでいいのかわかりにくいものとなっています。

値段が違うと全てにおいて異なるように思えますが、価格は違っても汚れを落とす効果には、そこまで差はないようです。

ただ、値段が高いものほど、石鹸の使用感がまったく異なるものとして実感できるようです。

高価なものほど泡立ちや香りなどがよいものとなっています。

 

また、どんなに良い石鹸を選んだとしても、体の洗い方ができていないと意味がありません

加齢臭予防として良いのが、綿や木綿などでできた柔らかい天然素材のタオルです。

洗うときはごしごしと力を入れて洗うのではなく、きめ細かい泡で優しく包み込むように洗います。

なかなか泡立たない時は、泡立てネットを使うといいです。

間違っても、ナイロンタオルなどの硬めのタオルでゴシゴシとこするように洗うのだけはダメです。

皮脂を摂り過ぎてしまい、お肌を痛めることとなるのです。

 

そして、加齢臭は耳の後ろや首筋、ワキ、胸、背中など皮脂腺や汗腺がより多くある部分ほど、そのニオイも強くなります。

特に耳の後ろは見落としがちな部分でもありますので、しっかりと丁寧に洗うようにしましょう。

 

ビタミンCが効果的!

03加齢臭加齢臭を予防する為には、いろいろな対策法がありますが、加齢臭が発生する原因となる活性酸素を抑える働きをするのが、抗酸化作用を持つ「ビタミンC」、「ビタミンE」なのです。

 

ビタミンEは酸化を防ぐための抗酸化作用があり、体の老いを防ぐのにかかせないビタミンだと言えます。ビタミンCと一緒に摂ることで、ビタミンCがビタミンEの抗酸化作用を高め相乗効果となり、加齢臭対策に効果的だといえます。

このページでは、加齢臭とビタミンCの関係性について、ご紹介致します。

(ビタミンEに関しては、こちらのページをご参照下さい。)

 

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、加齢臭を撃退するにはかかせないものです。

骨や血管などを強化し、白血球の働きをよりいっそう強め、免疫力を強める作用があります。

ビタミンCを効率よく摂取するためには、以下のような食材を摂取することがポイントになってきます。

 

<ビタミンCを多く含む食品>

赤・黄ピーマン、パセリ、芽キャベツ、ゆず(果皮)、レモン、アセロラジュース

など他にもたくさんありますが、上記の食品にはビタミンCが最も豊富に含まれています。

 

ビタミンCは、抗酸化作用の働きだけではなく、コラーゲンの合成にも必要です。

そして、シミのもとであるメラニン色素の合成を抑える働きがあります。

 

さらにビタミンCが欠乏すると、肌のハリが失われ、また様々な病気にかかりやすくなります。

とくに喫煙者はビタミンCの消費量が吸わない人に比べて高まるので、ビタミンCの補給が必要です。

 

一般的なビタミンCの摂り方ですが、2~3時間くらいで排出されるので、一度に1日分摂るのではなく、三度に分けて摂るのが効果的です。

 

ビタミンCの上手な摂取方法

 

加齢臭の予防には、外側だけでなく内側からのケアも必要。

食事はその一つであり、加齢臭予防にはビタミンCを積極的に摂りたいものとなっています。

食事からビタミンCはストックをしておくことができませんので、一度に大量に摂取しても、余った分は体外に・・・これでは非常にもったいない。

1日3食に分けて摂取するのがいいのですが、その摂取方法にも注意があります。

効率的に摂取したいのであれば、加熱調理は避けてできるだけ生で食べる必要があるのです。

 

ビタミンCは熱に弱いという特徴があり、加熱することで破壊されてしまいます。

しかも、お腹がある程度いっぱいになっている時の方が長く吸収されやすく、それはお腹が空いている時と比べて1.6倍もの差があるといわれている程なのです。

ビタミンCはフルーツに含まれていることが多いですから、食後のデザートとして摂取するのは、実に良い食べ方といえるのです。

ちなみに、体の内側からだけでなく外側からもビタミンCを補給したいと、レモン汁などを塗るのは、そこまで浸透率が良く期待できるものとはなっていません。

 

ビタミンCを体の内側から摂取しようとする試みは、活性酵素を抑えるだけでなく、活性酵素によってダメージを受けた細胞を回復させてくれるものにもなります。

それは加齢臭以外の健康効果も期待する事ができるのです。

 

ビタミンEで消臭を!

04加齢臭の対策として、ビタミンEの効果は非常に重要な役割を果たしています。

ビタミンEは、加齢臭の原因となる脂肪酸の酸化を防ぎ、老化を防止します。

さらに、それだけではなく自律神経に働きかけることで、血行を促進し皮膚の隅から隅まで酸素と栄養素をいきわたらせる働きをすることなどから、ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とも言われています。

また、肩凝りや冷え症の方にも非常に良いビタミンだと言えます。

 

ビタミンEはビタミンCと合わせて摂るとビタミンCがビタミンEの抗酸化作用を、よりいっそう高めます。

なので、とても加齢臭対策として効果が期待できます。

(加齢臭とビタミンCの関係性に関しては、こちらのページをご参照下さい。)

 

ビタミンEが欠乏すると、臓器の中の過酸化脂質の量が増し、細胞膜が傷ついた状態になってしまいます。

また、動脈硬化や老化、冷え症などの血行不良を引き起こす原因にもなるのです。

 

<ビタミンEが多く含まれている食品>

あんこうのきも・すじこ・キャビア・いくら・あゆ・いわし・たらこ

モロヘイヤ・アーモンド・松の実・らっかせい・抹茶

など他にもたくさんありますが、上記の食品はビタミンEが最も豊富に含まれています。

 

そして、注意していただきたいのが、ビタミンEを大量摂取すると血が固まりにくくなる可能性があるようです。

サプリメントから摂取する際は、説明書きやパンフレットなど必ず目を通してから摂取するようにしましょう。

ビタミンEだけではなく、ビタミンCやβカロテン、アスタキサンチン、コエンザイムQ10など、抗酸化物質には様々な成分がありますから、

総合的に摂取することで酸化を抑え、加齢臭をモトからブロックすることにつながっていきます。

 

ビタミンCとビタミンEは最強ペア

 

加齢臭を予防する最強のペアとなるのが、抗酸化作用をもつビタミンCとビタミンEの存在です。

ビタミンCは水に溶けやすい性質があるので、一度に大量に摂り込んでも体外に流れ出てしまいやすく、ストックしておくことができません。

しかも、人の体内で生成することは不可能

だからこそ、ビタミンCは定期的に食べ物から補給する必要があるのです。

そして、ビタミンEは脂溶性なので、油に溶けやすいといった性質があります。

ビタミンCと同じように抗酸化作用があるので、老化予防にはうってつけの栄養素です。

 

加齢臭のニオイ成分であるノネナールは、皮脂が酸化した過酸化脂質が元になって発生します。

この脂肪が酸化するのを予防してくれるのがビタミンCビタミンE

この2つの成分が力を合わせて、ノネナールの発生を抑えるのです。

 

この2つの成分の関係というのは、ビタミンCがビタミンEを助けてくれる存在となっています。

脂肪が酸化されないように守るビタミンEが疲れたとき、ビタミンCが力を補充してくれるのです。

この2つのチームワークで、体が酸化されるのを予防し、加齢臭が発生しないようにしているのです。

ですから、加齢臭予防にはビタミンCだけでなく、ビタミンEも意識して摂取できるようにしたいですね。

体臭との関係性は?

加齢臭 05加齢臭は40歳くらいになると、個人差はありますが体臭がただよってきます。

「おやじ臭」とも言われますが、男性だけではなく女性も同じく発生します。

しかし、男性と女性とでは一つ違いがあります。

それは女性の場合、女性ホルモンが多く分泌している間は加齢臭の原因(ノネナール)を発生するのを抑えることができ、閉経後に女性ホルモンが減少して本格的な加齢臭がスタートするということです。

 

では、「加齢臭とはどのような臭いなのか?」ということですが、実際に自身が中高年になって体臭が発生して気づかれた方や、加齢臭の人の臭いを嗅いだ人でしか分からないと思います・・・

 

自身や自分の衣類など、身にまとっているものから蝋燭・古本・青臭いチーズ・油(脂)や魚が腐った臭いなどがすると、一つでも当てはまるものがあれば、残念ながら・・・加齢臭決定です。(人により多少臭いは違います。)

 

加齢臭の原因となるのは、ノネナールという物質です。

ノネナールとは、脂肪酸+過酸化脂質が結びつくことにより発生する物質です。

中高年になると、酸化を抑える力が低下してくるので脂肪酸・過酸化脂質の分泌量が増えてくるのです。その為、ノネナールも同時に増加してしまいます。

 

臭いが出る部位ですが、頭皮・脇の下・背中・胸元・足の裏になります。

 

食生活でも、脂っこい食事が多かったり、飲酒、喫煙なども加齢臭の原因となります。

ストレスも原因の一つになります。

野菜や魚、大豆が中心の食事に変えたり、ビタミンC・Eが含まれる食品を摂取するなど、外側からはデオドラント効果のある石鹸などを同時に使用して、加齢臭対策をしていきましょう。

 

加齢臭対策を始める際に、注意すべきことは、「加齢臭と体臭は別物である」ということを認識することです。

加齢臭の対策は、「酸化を抑えること」が最も重要なのに対して、体臭は「外面からのケアを充実させること」になります。

このような違いを意識することが、対策の第一歩となりますから、まずはしっかりと認識していただければと思います。

 

加齢臭と体臭は、そのニオイ成分が違う

 

加齢臭と体臭は別物である・・・これは、ニオイの原因物質も違うということになります。

加齢臭のニオイ成分はノネナールですが、体臭のニオイはジアセチル

これは、整髪料メーカーがおこなった独自の解析手法からわかった事で、世界初とも言われています。

 

加齢臭が発生するのは50代以降といわれていますが、多くの人がそれ以前に強い不快なニオイを感じています。

それは加齢臭とは違う体臭であることが多く、ほとんどの人が勘違いしているものとなっているのです。

体臭の発生源の多くは頭部とその周辺となっており、特に枕から臭うものとなっています。

そこにはジアセチルが多く含まれており、特に40歳の頃は多く発生していることからも、20歳から40歳に向けて上昇し、ピークを迎えていると考えられています。

 

ジアセチルは、頭皮にあるブドウ球菌が汗に含まれる乳酸を代謝・分解されて発生するものとなります。

そのニオイは、使い振るしたアブラのニオイや、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品のよう・・・ともいわれています。

その威力は、口臭や足臭よりも強烈といわれているほどです。

少しでも強烈なニオイを振りまき、特に女性に感知されやすいものとなっていますので、年齢にあわせた対処をしていきたいですね。

 

洗濯物の対処法のコツ

06洗濯してもなかなか落ちない、その臭いとは?「もしかして・・・加齢臭の臭い!?」って思ったことはありませんか?

どんなに洗濯しても、洗濯物そのものに残ってしまう臭い・・・それは残留加齢臭なのかもしれません。

 

実際、この残留加齢臭で悩んでいる主婦の方々が多いようです。

「主人の衣類や枕カバーの臭いが洗濯をしても、落ちない」と。

加齢臭の臭いは洗濯しても落ちないのです。二度洗いや浸け置きしても効果はありません。

CMでもお馴染みの、ナノ洗剤を使用しても効果はあまり期待できません。

香り付きの柔軟剤ですが、臭いを匂いで隠す方法なので、仕上がりは何とも言えない臭いになってしまいます。結局は臭いをごまかすだけになるのでお勧めできません。

このように、いろいろ試されたことだと思います。

結局は、根本的な解決法がないまま・・・今まで通りに洗濯されている方が多いようです。

 

ですが、まだ諦めないで下さい!!

加齢臭に対応した洗濯用洗剤や補助剤が売られているのです。

なんと、「洗濯物に臭いが残らない!!」と主婦たちが絶賛しています!!

洗濯する上での一番の悩みが解決されるのです。

いろいろ種類は出ていますが、今のところ店頭ではあまりお見かけしませんが、ネット・通販で購入できます。

 

残留加齢臭で悩んでいる方は、一度試されてみてはいかがでしょうか?

(ネットで加齢臭・洗濯で検索できます。)

これで本人の加齢臭が治るわけではないですが、専用の洗剤や補助剤を使って洗濯することにより洗濯物に残る残留加齢臭に関しては解決されることでしょう。

 

また、ご主人の加齢臭に悩んでおられる方は、しっかりとご主人に伝えてあげることが大切です。

加齢臭を抑えるためには、食生活や運動習慣などを変え、腰を据えて加齢臭対策を行っていく必要があります。

ですから、奥様とご主人の二人三脚で加齢臭を克服していきましょう!

  

より加齢臭を消す洗濯方法

 

加齢臭を予防するための洗剤選びでは、「リパーゼ」という成分が入ったものが有効です。

なぜなら、加齢臭が洗濯物に残る原因は、皮脂が残ってしまっているから。

リパーゼは、この汚れの元となるリパーゼを脂肪分解してくれるのです。

ほとんどの加齢臭予防の洗濯洗剤には、このリパーゼが入っています。

 

とはいえ、洗剤だけでなく洗濯物に染みこんだニオイや汚れを落とすことはできません。

酵素系漂白剤を一緒に使うことで、さらに高い効果を期待することができます。

使い方は、洗濯機で洗う前に、酵素系漂白剤を溶かしたぬるま湯に30分から2時間ほど、洗濯物を浸け置きしておくだけ。

酵素系漂白剤の後にリパーゼ入りの洗剤で洗えば、加齢臭の原因物質を高い割合で取り除くことができるのです。

 

また、特に気になる部分があれば、そこを集中的に洗う方法といのもあります。

特にニオイがひどい部分に酵素系漂白剤を直接つけ、洗濯洗剤を溶かした40℃から50℃くらいのお湯に浸けるのです。

そのまま30分から2時間ほど浸け、その後はいつもどおりに洗濯します。

すると、きれいに加齢臭の原因が落ちやすくなり、ニオイもより軽減されることとなります。

ちなみに、部分洗いをする際に、ブラシでこすり洗いをする人がいますが、これは衣類を傷めるだけになるので、できればやめたほうがいいでしょう。

 

酸化することで発生する!

07 加齢臭加齢臭の元なる原因は、脂肪酸+過酸化脂質が結びつくことによって「ノネナール」という物質が発生します。

40歳を過ぎると、今や30代でも加齢臭の人が増加しているようですが、年齢とともに活性酸素の働きを抑制する力が低下するため過酸化脂質が増えてしまうのです。

人間の体には肌に潤いが必要なため、頭皮や顔、背中、胸元などに皮脂というアブラが分泌されているのですが、

このように脂が酸化した臭いが加齢臭なのです。

 

若いうちは活発なホルモンの働きで活性酸素を抑えることが出来ますが、徐々に中高年になってくるとホルモン分泌が低下して、

活性酸素が活発になり酸化を促すので加齢臭が増してくるのです。

 

加齢臭事態、男女に関係なくどちらにも発生しますが、なぜか男性に比べると女性の方が敏感に臭いを気にする傾向があります。

デオドラント効果のあるスプレーやサプリメントなどを試すのも女性の方が早かったりします。

「オヤジ臭」とはよく耳にしますが、「オバさん臭」って聞かないですよね?

確かに、自分の臭いはなかなか自身では気付かないことが多いので(他人も本人に言いにくいですから)、自分が着ていた衣類などでチェックしてみてはいかがでしょうか?

お風呂に上がった後なら分かりやすいかもしれません。

 

また、加齢臭は酸化反応により発生するものですから、それをモトからブロックするのが対策の最短距離です。

ビタミンCやビタミンEをたくさん含む野菜を中心とした食生活を徹底して頂くと共に、有酸素運動などを継続して行うことで、加齢臭が徐々に消えていくことでしょう。

 

体の酸化を予防することが、加齢臭予防になる

 

加齢臭を予防するには、なによりも酸化を防ぐようにするのが一番なのですが、それにはどういったところに注意すればいいのでしょうか?

 

まず、体を清潔にすること。これは酸化を予防して加齢臭を発生させないようにするには絶対条件といえます。

全身を丁寧に洗うのはもちろんですが、特に加齢臭のニオイ成分であるノネナールは耳の後ろや襟元から臭いやすいといわれていますから、この部分・・・耳の裏や襟足、首の後ろ、肩、背中などは入念に洗うようにしたいものです。

 

また、食事も加齢臭予防においては絶対的なもの

肉類や油っぽい食事は脂肪を体内に増加させやすいので、野菜も一緒に食べるように心がけましょう。

特に緑黄色野菜には抗酸化作用があり、ビタミンCやE、さらにはカロチンも含まれていますから、体の酸化防止にはピッタリです。

 

そして、運動。運動することは、活性酵素を減らすことになります。

それは、つまり体が酸化するのを予防するということ。

特に有酸素運動を定期的にやることは効果的ですから、日常生活の中でもできることを取り入れながら続けていきたいですね。

 

他にも、ストレスや禁煙、過度のアルコール摂取、睡眠不足なども原因となっていますから、これらにも気をつけるようにしましょう。

 

加齢臭の原因は、「ノネナール」

08加齢臭の原因は、脂肪酸+過酸化脂質=「ノネナール」という物質が発生します。

男性の場合は、30代後半くらいからノネナールが発生し、40代から皮脂分泌が活発になることで、加齢臭が増加します。

女性の場合は、女性ホルモンの分泌が減少していく60歳前後から、加齢臭が始まります。

男性と女性、ともに加齢臭になりますが、このように時期は異なります。

そして、若い人は気にしなくても大丈夫!と思いがちですが、安心してはいけません。

偏食気味だったりストレスをため込んだりしていると加齢臭が発生する可能性があるとされています。

 

食生活の乱れや不摂生な生活を続けていると皮脂腺に脂肪分が増加します。

動物性脂肪の必要以上の摂取は、脂肪酸の分泌をよりいっそう高めます。

さらに脂肪酸が酸化し、分解されてノネナールの物質になるので、皮脂腺の中の脂肪分が増加するということは、加齢臭の原因のノネナールの量も増加します。

食生活は基本中の基本なので、規則正しい生活を送るように心がけましょう!

 

先ほどもストレスについて少しふれましたが、ストレスをため込むと体内の中の活性酸素が増えていきます

それが原因で皮脂の酸化が進みやすくなり、過酸化脂質が増加します。

ストレスをため込むことで、活性酸素が増加し、過酸化脂質もさらに増えていきます

現代では仕事や対人関係などで悩みを抱え込んでいる人たちが非常に多いと思いますが、出来るだけストレスをため込まないように発散することが大切です。

 

このように様々な原因から加齢臭は発生しますから、その対策に関しても「一時しのぎ」のものでは不十分です。

石鹸やスプレーなども、確かにニオイは消えますが、どうしても夕方になるとニオイが出てきてしまいます。

ですから、食生活を改善したり、抗酸化物質を含有するサプリメントを併用するなど・・・根本的な対策をじっくりと行うことが重要だと言えます。

  

ノネナールは加齢と共に増加する

 

加齢臭の原因はノネナールではありますが、それは一体どんな成分なのでしょうか?

人の体にはたくさんの毛穴があり、そこから体毛がにょろりと伸びています。

また、体毛だけでなく皮脂腺もあり、そこでは脂肪酸が分泌されています。

この脂肪酸が酸化したり分解されることで発生するのがノネナールであり、加齢臭と呼ばれるニオイの元です。

 

加齢臭は中年と呼ばれる年齢になるとひどく臭うようになってきます。

年齢が若い頃はあまりニオイが気にならないのは、体内で脂肪酸が分泌されても、それをホルモンが酸化させないように活発に動いているからです。

そういったことからも、20代の男性からは、あまりノネナールが検出されません。

年齢が高くなるにつれて・・・つまりはホルモンの働きが低下するにつれて、体が酸化するのを抑えられなくなり、それに反比例するかのようにノネナールが増加

加齢臭が強くなっていくのです。

 

加齢臭は早い人では40代から臭うようになり、平均としては50代でほとんどの人が発生させるようになります。

ですから、日頃から汗をかいたらこまめに拭くなどして肌を清潔に保ち、肌着も清潔なものを身に付けるようにしましょう。

食事面では活性酵素の働きを抑えるような栄養素を積極的に摂取するようにします。

早いうちから加齢臭予防を習慣つけておけば、中年と呼ばれる年齢になっても、あまり悩まされることもなくなるかもしれません。

 

悩みのつらさの現状

09 加齢臭世の中で、加齢臭の悩みを抱えているのは、中高年の方たちはもちろんのこと、その家族やいつも近くにいる人たちも影響を受け、本人に言えず悩みを抱えています。

加齢臭が発生してる本人はあまり自覚症状がない人も多いようなのですが、自分の臭いと毎日一緒にいるので、それが普通だと思っているようです。

 

では加齢臭とは、どのような臭いなのか?と、なった人でしか分からない臭いですよね?

周りに加齢臭の人がいるのなら臭いは分かると思いますが、蝋燭や古本、青臭いチーズや油や魚が腐った臭いがします。

人により多少違いますが、強烈な臭いを発します。この臭いがしたら加齢臭といって間違いないでしょう。

人間の体から皮脂という脂が分泌されているのですが、この皮脂が酸化した臭い酸化臭こそが加齢臭なのです。

 

若いうちは代謝が活発で細胞もどんどん新しいものに生まれ変わることが出来るのですが、中高年になると代謝はみるみる落ちてしまい、

皮脂が酸化し臭いを発するようになるのです。このように、年齢を重ねると必ずといってよいほど加齢臭になってしまいます。

 

まず自分が加齢臭だと気づいたら対策しなければなりません。

これは自分だけの悩みではないので、今のままの状態では周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

 

今や加齢臭対策するものは数多くあります。デオドラント効果のあるスプレーや石鹸、それにサプリメントなど、体のことを思い食生活から

気をつけていくことも良いでしょう。

肉ばかりでなく野菜中心の食事にかえるなど、少しでも気をつけることが大切です。

飲酒や喫煙も加齢臭の原因となるので、健康のためにも控えましょう。

 

悩みは辛いと思いますが、それで落ち込んでしまうのではなく、1日でも早く対策をされることをオススメします。

昔は一度加齢臭が発生してしまったら、対策を行うことがほぼ不可能でしたが、今では実際に加齢臭を抑えることができますので、ぜひ頑張ってみて下さい。

 

加齢臭の悩みが深刻化する前に

 

「もしかしたら・・・加齢臭?」と、ふとした瞬間に気が付いたとしたら、その時のショックというのは大きいものです。

ですが、これは年齢による症状ともいえるもの。

そこまで深刻な悩みにしてしまうと、それがストレスとなってさらに加齢臭をひどいものとします。

加齢臭はストレスと深い関係がありますから、悩むほどそのニオイもひどくなるといえるのです。

 

とはいっても、考えないわけにはいきません。

悩みを解消するには、なによりも加齢臭予防をすることが一番。

成果が100%でていなかったとしても、予防策をおこなうことで気持ちにも安心感や余裕がでてきてその悩みも軽減。

ひいてはストレスも軽減されて、より予防策も生きてくるものとなるのです。

 

加齢臭のニオイの元であるノネナールは、加齢と共に発生しやすくなってきます。

後で悩みの種にならないように、若いときからなんらかの対策をとっておくようにしましょう。

規則正しい生活習慣やバランスのとれた食事、さらには適度な運動、体を清潔に保つ頃を意識し、ストレスは適度に解消する、これらを習慣化することで加齢臭も適度に抑えられ、悩むことも少なくなってくるのではないでしょうか。

急にやっても効果はそう早くはでませんので、なるべく早い年齢から意識していくのがいいでしょう。

 

加齢臭の影に、病気が潜んでいることも?

10「加齢臭って・・・病気なの?」と思われがちですが、直接加齢臭と病気が結びつくわけではありません。

間違った知識で覚えている方が多いので、正しい知識を持ちましょう!

 

ですが中には、体臭と病気の関連性があるものもあります。

飲酒や喫煙、不摂生な食生活などで乱れた生活習慣やストレスをため込んでる毎日がつづくと、動脈硬化を進行させるのです。

また、糖尿病や高血圧を導いてしまうことになるのです。

 

そして、体臭は病気のサインの可能性があります。それは、思わぬ病気の前兆なのかもしれません。

糖尿病の人からは甘~い体臭が漂ってきます。これは結構知っている人も多いかと思います。

さらに汗がアンモニア臭くなるとそれは、腎臓や肝臓の機能が低下しているサインかもしれません。

甲状腺機能の低下やパーキンソン病の症状では体臭が異様なくらいきつくなるそうです。

 

体臭がきつくて、加齢臭対策ばかりに気をとられていると、体からのサインを見落としてしまう可能性があります。

自分自身が加齢臭だと思い込んでいても、本当は病気だったというパターンも多々あります。

自己判断は危険です。万が一、手遅れになってはいけないので、まずは病院で健康診断をしてもらいましょう。

 

加齢臭と病気には直接の関係性はありませんが、「病気から体臭が発生する」という事実を知っておくことが、非常に重要なことだと思います。

 

若いうちから加齢臭に悩まされるのは大問題

 

加齢臭というと、40代や50代の男性が悩む症状といったイメージがあります。

これはあながち嘘でもなく、加齢によってホルモンの働きが悪くなる事で、ニオイの元であるノネナールが増加されていくのです。

つまり、加齢臭が強くなるという事は、体が老化してきているサインともいえることなのですね。

 

ただ、ここ最近では、まだ20代や30代といった若い世代でも悩まされるようになってきています。

これを若年性加齢臭と呼ばれるもので、ほとんどが生活習慣病のサイン

高血圧や心筋梗塞、脳梗塞など中高年になると心配されるようなこれらの病気の症状が、若い人にも見られるようになってきているのです。

生活習慣病と加齢臭は、その発生状況やメカニズムなどをみても、似ているものとなっています。

つまり、若いうちから悩まされているということは、健康状態を損なっているサインである可能性が高いのです。

 

幸い病気ではないとしても、若くして加齢臭が問題視されるということは、年齢よりも体が老化してしまっているということで大問題。

本当に中年と呼ばれる年齢になった時に大きな病気を引き起こす可能性が高くなります。

そうならないためにも、規則正しい生活やバランスの整った食事、適度な運動などで、年齢にあった健康状態を保てるようにしましょう。

 

飲酒との関係について

01「加齢臭とアルコールは関係あるの?」と思われるかもしれませんが、適量であれば何の問題もありません。

毎日のため込んだストレスを発散する分には、とても良いとされています。ストレスも解消しなければ病気になってしまいます。

「酒は百薬の長」と言われるぐらいなので適度な量だと健康にとっても良いといわれています。

しかし、過度の飲酒は自身の健康を損ねたり、周囲にも迷惑をかけてしまいます。

そればかりではなく、アルコールの摂取する分量が増えると、加齢臭を強くします

 

加齢臭の原因となるノネナールは、脂肪酸と過酸化脂質が結びついて出来た物質です。

過酸化脂質は体の中に活性酸素が発生した際に増えていきます。

飲酒により体の中に入ったアルコールは肝臓で処理されるのですが、その時に体の中では活性酸素が発生するので、これにより過酸化脂質が増し加齢臭をきつくするのです。

 

このようにアルコールの摂取量が増えると、次の日に強烈な物質(悪臭)を発します

ほとんど尿から、それらのものが排泄されますが、口臭や汗としても排出されるため、独特な体臭を発します。

このように日々、飲酒が重なると加齢臭が訪れるのも時間の問題です。

また、アルコールの飲み過ぎは中性脂肪を増やします。

それにより脂肪酸も増し加齢臭につながるわけです。

アルコールを飲む人にとっては飲んでる時が至福の時です。

お酒を止める必要はありませんが、加齢臭だけではなく健康のためにも、お酒はほろ酔い加減でたしなむくらいが丁度良いでしょう!

 

加齢臭の発生を抑える飲酒量とは?

 

加齢臭を発生させない為にも、日々の飲酒は適量の範囲にしておきたいものといっても、この適量とは、一体どれくらいの飲酒量をいうのでしょうか。

「二日酔いにならないくらい?」なんてアバウトにとらえている人もいるかもしれませんが、適量とは血中アルコール濃度を基準にして考えることができます。

 

アルコールが体内に入ると、血流にのって全身を巡り肝臓で分解されます。

この分解がスムーズにおこなわれている間は酩酊しないで済むのですが、その処理能力が追い付かなくなると、アルコールは分解されずに再び血流にのって体内を循環することとなり、この時どれだけ血液中にアルコールが残っているかで、酔いの状態が異なります。

適度にリラックスしたほろ酔いと言われる程度では、アルコール血中濃度は0.1%ほどであり、これ以上となるとふらついたり吐いたりする、いわゆる泥酔状態になってしまうのです。

つまり、加齢臭を抑えるための飲酒量とは、アルコール血中濃度を0.1%に抑える・・・つまりは、ほろ酔いよりもちょっと前にセーブしておくことが大事となるのです。

 

この血中アルコール濃度0.1%に値するお酒の量は、清酒でいえば1合、ビールでは大瓶1本、ワインでは1/3本といった具合です。

ただし、これは痩せている男性においての数値となりますので、女性であればもう少し減らすといいでしょう。

個々によって飲酒量が異なりますので、自分なりに加齢臭を発生させない量を把握しておきましょう。

 

実は女性にもある加齢臭・・・

02加齢臭=「オヤジ臭」と言われる世の中ですが、男性だけがなるものだと思っていませんか?

いいえ、女性も年をとると加齢臭になるのです。

「オバさん臭」とは言わないですけどね(苦笑)

 

ただし、男性と女性とでは、加齢臭の発生する時期は異なります。

女性は閉経後に発生するパターンが多いようです。

もちろん個人差はありますが、男性特有の臭いとは違います

男性の方が加齢臭がきついのは、皮脂量が女性に比べ多いからで、しかも女性ホルモンは皮脂の分泌を抑える作用があるため、ホルモンバランスが正常な場合は皮脂が過剰に出ることはなく問題はありませんが、加齢によって女性ホルモンの分泌が減少してしまうと、男性ホルモンの働きが増し皮脂が増えていきます

皮脂の増加は加齢臭が増加する大きな原因となります。

 

因に皮脂腺が多い体の部位ですが、どこだと思いますか?実は「頭皮」なのです!耳の後ろ辺りだとか、脇だと思われがちですが・・・男性も女性も同じだと言われています。

 

そして、もう一つの加齢臭をひき起こす原因ですが、皮脂の酸化です。

若いうちは体内にある抗酸化物質が働いて、酸化を防ぐことができるのですが、中高年になってくると体内中の抗酸化物質の働きが低下してきます。

このように皮脂の酸化が促進し、皮脂が酸化すると何ともいえないような腐ったような悪臭が発生します。

活性酸素を増やさないようにするためには、バランスの良い食事や生活習慣を心がけましょう。

ホルモンバランスが崩れると、女性でも30代から加齢臭が発生することがあるようです。

 

女性の加齢臭も、その対策は男性と一緒です。

基本的な方向性としては、「体内で発生するノネナールの原因となる、酸化反応を抑える」ということに尽きます。

また香水などでマスキングすることは、かえって加齢臭を強めてしまうリスクもありますから、女性の方は特に注意が必要です。

 

加齢臭予防に大豆製品

 

男性だけでなく女性においても、中年と呼ばれるような年齢になる頃になると加齢臭に悩まされる人が少なくありません。

女性の場合、その原因は更年期障害によるものとなっていますが、その対策としてはどういった事をやればいいのでしょうか?

 

まず、女性ホルモンが減ることで加齢臭が発生しやすくなるのですから、それを補うようにすればいいのです。

完璧に補給することはできませんが、豆腐や納豆などの豆製品に含まれているイソフラボンを積極的に摂取するようにするといいのです。

 

更年期障害は大体50代も過ぎると終盤に差し掛かってきます。

食生活や健康管理で女性ホルモンを積極的に外部から補給するような食べ方をすると、加齢臭だけでなくお肌も年齢よりも若々しくなってきます。

いつもの食事に豆製品をプラスするのはそんなに難しいことでもありませんから、ちょっと意識してみるといいですね。

 

また、皮脂汚れは程よく洗い流すことが大事となります。

最近では、加齢臭に悩む女性が増えたことからも、加齢臭対策を目的とした石鹸も販売されています。

こうしたより目的に近いものを選ぶと、普通に洗っているよりも、より加齢臭予防により高い効果を発揮していくのではないでしょうか。

 

実は、ストレスと関係があった!

03加齢臭を強くする要因として、一見関係なく思われがちですが、元をたどればストレスが原因のひとつであることが分かります。

人はストレスを感じると体内に活性酸素が発生して、過酸化脂質を増加することにより、加齢臭の発生につながってしまいます。

結論からいうと、加齢臭の原因となるノネナールも増えてしまうのです。

 

とはいっても、ストレスを溜めるなといっても難しい世の中です。人は皆、誰でも大なり小なりストレスはあるはずです。

しかし、溜め込まないようにするか、発散しなければ加齢臭だけでなく神経や内蔵の病気にかかってしまうこともないとは言い切れません。

ストレスを甘くみてはダメです。

 

日頃から、出来るだけストレスを溜めないように心がけ、イライラやムカムカした毎日を改善させることができれば、過度な臭いを抑えることができます。

忙しい毎日だと思いますが、仕事に追われるだけの生活ではなく合間をみて息抜きをするなど、休日にはリフレッシュして、ゆったりとした気持ちで過ごすように心がけが大切です。

 

また逆に「ストレスを溜め込んだりしなければ、精神的な面が原因で加齢臭になる確率は減少される!!」と、こう考えることが出来れば楽かもしれませんね。

無理の無い生活を送ることが非常に重要だと言えます。

 

加齢臭となるストレスの原因はさまざま

 

ストレスが加齢臭を引き起こしていると言われていますが、これは精神的なものだけではありません。

もちろん精神面によるダメージは特に大きなものとなりますが、他にも暑さや寒さなども大きなストレスとなるのです。

暑い夏の日は、外を歩いていると気持ちも滅入ってしまいますし、感じる疲れもかなり違うものとなります。

 

また、運動も程度によっては大きなストレスとなるのです。

運動は気持ちも体もリフレッシュさせることのように思えますが、それは適度な運動であればの話。

適度な余裕をもっておこなう運動であれば気持ちもリフレッシュするかもしれませんが、激しい運動では逆に心身を疲れさせてしまうのです。

過酷なノルマがストレスになることもあり、それが加齢臭といったものを発生させていくのです。

 

ストレスと一言にいってもさまざまです。

精神的な面だけでなく、他にも自分の心と体に重くのしかかっている事はないかどうかを見つめていくと、自ずと自分に対してかかっているストレスがどのような種類なのかがわかるようになります

原因がわかれば、心にも少しは余裕ができてきますからそれだけでも違うものとなるでしょう。

まずは、リラックスすること。

焦らずに「何に対して消極的になるのか?」と自問してみると、自然と加齢臭も発生しにくくなるのではないでしょうか。

 

加齢臭対策グッズの種類について

04いやな臭いがする加齢臭・・・。「中高年になると皆なるものだから」といって、諦めていませんか?

そこで加齢臭を対策するにあたり、いろいろなグッズがあることをご存知ですか?

 

いろいろなグッズがあると言いましたが、実際何を使うと効果的で自分にとってベストなのかってことですが、

それは本人が試してみないと分かりません。

 

では、どのようなグッズがあるのかと言いますと、まずは手軽に試すことができる石鹸があります

石鹸といっても普段使いのものではなく、殺菌・消臭の成分が入っているもので使用方法は、普段使っている石鹸をこれに変えるだけです。

外側からの予防対策にはなりますが、どれくらい効果が持続するのかは個人差があります。

汗をかく量にもよりますし、季節にも影響します。

 

次に殺菌・消臭成分が入っているスプレーなどのグッズがあります

デオドラント効果のあるものや、普段使いの香水などがあげられます。スプレーは、一日数回ふるだけなので簡単ですが、これも外側からの予防対策になるの根本的な解決する方法ではありませんか、加齢臭を発するということは周囲に不快な思いをさせてしまう可能性があるので対策方法としては良いでしょう。

ただし、香水のように臭いを匂いでごまかすようなものは、ニオイが混ざり周囲にも不快感を与えかねないので、余りお勧めできません。

 

今までの二つは外側からの対策法でしたが、内側から対策する方法のサプリメントがあります。

では、どのような成分が入っているものを選べばいいのか?ってことですが、いろいろ種類もあってよく分からないと思いますが、

アスタキサンチンという強い抗酸化作用のある成分が入っているものが良いとされています。

さらにβカロチン、リコピンなども抗酸化作用があり、気になる悩みを元から予防するため、酸化に対応してくれる成分なのです。

このような成分が入っているサプリメントから試してみてはいかがでしょうか?

ネット・通販で、良心的なとこは、サプリメントを購入しても返金保証がついていることもありますので安心して試してみることが出来るのでお勧めです。

加齢臭は、長い時間かけて体の中から発生しているものですから、その対策も長期にわたる可能性があります。

色々と試しながら、自分にあった加齢臭対策グッズを見極めていくことが大切だといえます。

 

加齢臭グッズと一緒に摂りいれたい・・・

 

加齢臭予防対策グッズとして、石鹸やスプレー、サプリメントは定番となっていますが、それよりももっと身近で取り入れやすいものがあります。

それがお茶です。加齢臭対策として飲むのにお勧めと言ったら、緑茶やゴボウ茶など。

どちらも加齢臭だけでなく健康にも良い効果を見せてくれそうです。

 

緑茶は、桑の葉や抹茶などがブレンドされたものの方がいいでしょう。

緑茶に含まれているカテキンには抗酸化作用が期待できますし、桑の葉にはポリフェノールやアントシアニンなどがたっぷりです。

花粉症などのアレルギー予防や糖尿病改善にも効果的となっています。

 

ゴボウ茶も、できればごぼうだけでなく大麦やはと麦、黒豆、どくだみ、ほうじ茶、びわの葉、柿の葉、熊笹、イチョウ葉、おおばこなど、さまざまな茶葉がブレンドされているのがおすすめです。

ゴボウ茶にはイヌリンといった食物繊維が含まれていますし、これに他の食物繊維を持つ茶葉が加わることで、加齢臭にも有効に作用していきます。

 

加齢臭の予防グッズには、これらの有効成分があまり含まれていなかったりするので、グッズとの相乗効果を狙って使うといいでしょう。

日本人には馴染みが深い食品ですから、取り入れるのはそう難しいものにはならないのではないでしょうか。

 

睡眠時間との関係は?

05加齢臭になる原因のひとつとして考えられるのが「睡眠」です。

直接関係のないように思われがちですが、ストレスと同様で活性酸素を作ってしまい若い人に比べ、中高年の人たちが年齢とともに発生しやすくなります。

 

加齢臭の原因となる脂肪酸と過酸化脂質が結びついて出来た物質をノネナールと言い、過酸化脂質は体の中に活性酸素が発生した際に増えていきます。

直接、活性酸素がニオイを発するわけではありません。

ですが、きちんとした睡眠をとり加齢臭の元となる活性酸素を作らないようにする心がけが必要です。

 

睡眠には、眠りが深くて目覚めがスッキリしている良い睡眠と、 眠りが浅く何度もよく目が覚めてしまい起きてからもずっと眠く冴えない状態がつづくような悪い睡眠とがあります。

このように悪い方の睡眠だと寝ていても疲れがとれません

ストレスをため込んでいる方に多く、このような睡眠がつづくとホルモンバランスが崩れてしまい、そして年齢より老けて見られることもあります。

そういったことで活性酸素が発生し、加齢臭の原因にもつながってくるのです。

 

そして、睡眠をたくさんとれば良いのか?というと・・・そうではないのです。

ただ寝ればいいという問題でもないのです。

もちろん寝不足は体に良くないですが、寝過ぎも寿命が縮まると言われています。

たまになら良いとされていますが、毎日だと老化を進めることにつながります。

統計的には1.5時間睡眠が良いと言われていて、3時間睡眠はお勧めしませんが、それに1.5時間プラスすると4.5時間、さらに1.5時ずつプラスしていくと6時間、7時間半となります。

あくまで人間がスッキリ目覚めると言われている睡眠時間だそうです。

 

良質な睡眠が加齢臭を予防する

 

日本人の特徴として、神経質なところが挙げられます。

それが睡眠とも関係しているらしく、寝つきが悪かったり、いくら寝ても疲れが取れない、夜中に目が覚めてしまうといった睡眠トラブルを抱えてしまっている人が多くいるのだそうです。

さらに仕事などのストレスが加わることでますますひどくしてしまっている人もおり、加齢臭の悩みが尽きないものとなっているのです。

 

加齢と共にメラトニンや成長ホルモンの分泌量が減ってきますが、これは加齢臭の原因となるノネナールを生成する過酸化脂質を除去する働きを持っていますので、あまり減少しすぎないようにしたいもの。

それを予防するには、質の良い睡眠が大事

良質な睡眠でメラトニンや成長ホルモンの分泌が促され、結果的に加齢臭予防にも一役買っていくことになるのです。

 

良質な睡眠は加齢臭を予防するだけでなく、健康はもちろん美容にも良い効果が期待できます

少しでも寝付きやすい環境にするために、枕を首のカーブにあったものに変えてみたり、入浴後の体温が下がる段階に布団に入る、水枕をして頭を適度に冷やしてみるなど・・・世に言われている安眠方法といったものを試してみてはいかがでしょうか。

ぐっすりと熟睡できるようになれば、加齢臭の悩みも軽減されていきます。

 

何歳くらいから発生するのか

06加齢臭になるのは、だいたい男性が40歳前後からで、女性は男性より遅く閉経後からだと言われています。

男性と女性の始まる年齢も違いますが、ニオイも違ってきます。

もちろん個人差はありますが、臭いがキツい人や弱い人とさまざまです。

若いうちは、新陳代謝が活発で細胞が新しいものにどんどんと生まれ変わりますが、中高年になってくると代謝が低下し酸化した皮脂の臭いが発生してしまうのです。

 

ですが近年では、食生活の乱れや生活習慣、ストレスなどが原因で若い年齢の人でも加齢臭を発生する可能性が十分にあると言われています。

喫煙や飲酒なども、かなりの割合で発生率を高めます。

現代では、大抵のものは何でも手に入り、好きなものを食べたり飲んだりと出来るご時世ですが、そのような生活を毎日送り続けていると体は破壊してしまいます。

加齢臭の原因を作るだけではなく、糖尿病や三大成人病を引き起こすことにもつながるのです。

このように不規則な生活を送っていると20代でもなり兼ねないのです。

 

加齢臭を予防するには、出来るだけ新陳代謝を低下しないように気をつけなければいけません。

規則正しい生活を心がけることで予防が出来るのです。

適度な運動、食事も和食を選ぶことにより、ちょっとしたことで加齢臭を発生させるのを抑えることが出来るのです。

 

若い年齢で加齢臭を発生させない為には?

 

加齢臭が発生する年齢というのは、個人差があるので一概にはいえませんが、一般的には40代ともなると注意が必要。

体質的に皮脂量の分泌が多い人は、年齢に関係なく早い段階で加齢臭を発生させてしまいやすいようです。

 

皮脂量の違いとは、つまり過酸化脂質や脂肪酸の量が違うという事。

これは体質だけでその分泌量が決まるわけではなく、生活習慣によっても変わってきます。

ですから、年齢的に加齢臭が発生してしまうのは仕方がないにしても、生活習慣といった事で発生させてしまうのは避けたいものです。

生活習慣の中でも、特に大きな原因となるのが食事です。

若い年齢で加齢臭を発生させてしまっている人というのは、食事が肉類ばかりで油をたっぷりと使った料理をよく食べている人によくみられます。

 

加齢臭を発生させる皮脂腺は全身にありますが、特に頭や顔のTゾーン、脇やデリケートゾーン、耳の後ろ、背中に集中しています。

若い人では、首や背中からひどくニオイを発生させることが多くなっています。

なにから気をつけたらいいのかわからない・・・といった人は、まずは食事の改善からおこなうといいでしょう。

バランスの取れた食事を意識することで、加齢臭の発生を抑えるだけでなく、健康的な体を作る事になるのです。

 

加齢臭の歴史について

07現在では「加齢臭」という言葉は誰もが耳にしたことのあるひとつのフレーズみたいになっていますが、以前ではこのような言い方はされていなくて「オヤジ臭い」とか「オヤジ臭」とか言われてました。

高齢者が特有のニオイを発しているのは分かっていましたが、今では中高年の方たちの代表的な悩みとなっているといってもよいでしょう。

 

「加齢臭」の由来ですが、2000年に大手化粧品メーカーが、加齢臭のニオイの元となる原因を発見したことで、それが一気にTVや雑誌などで広がり、注目されるようになったのです。

言葉の歴史としてはまだまだ浅いものなのです。

昔から、加齢臭という言葉がなかっただけでそのニオイはあったのですが、原因が解明されていなかったため、大々的には言われていませんでした。

 

加齢臭の原因となる脂肪酸と過酸化脂質が結びついて出来た物質をノネナールと言い、脂肪酸や過酸化脂質を分泌させないようにすることで、改善されると証明されました。

これは、歴史的に残ると言えるでしょう。

 

加齢臭の原因物質がはっきりとわかったのは、歴史として非常に大きな時代の変化だと思います。

今まで「年のせいだろう」と諦めていたニオイが解消できるわけですから、本当にありがたいものです。

 

歴史からもわかる、加齢臭を気にする心

 

加齢臭の悩みとは、ここ最近の悩みではありません。

人は昔から加齢臭に悩まされており、それをなんとか解決しようと試みていたのです。

それは、歴史の中の生活習慣や流行などを見れば一目瞭然であり、国によって加齢臭に対しての考えなども異なるものとなっているのです。

 

例えば、香水は昔から重宝されています。

それは歴史の中でも、貴族が使っていたりと、なにかと出てきています。

この香水を重宝していた理由は、体臭を隠すためです。

こうしたちょっとした歴史から、人は昔から加齢臭に対して悩みを持っていたのだということがわかります。

 

加齢臭という言葉はつい最近になってつけられたものですから、それまで感じることはあってもどういえばいいのかわからないものでした。

日本人はニオイに敏感なところがあるので、昔から盛んに研究がおこなわれており、それが近年になってようやく形になったということなのです。

 

ただし、日本では体臭に対してシビアな感情を持っていますが、海外ではまた違う事もあります。

例えばアメリカでは体臭を気にする事がなく、好まれてはいないものの、そこまで躍起になってニオイをなくそうといったことはあまりされていないのです。

これも、国による概念の違い、歴史の違いといえるでしょうか。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。