コエンザイムQ10でノネナールの増加を防ぐ!

コエンザイムQ10は、元来我々の体の中にある栄養素で、食べ物から摂取された炭水化物や脂肪などから必要なエネルギーを生成する働きがあります。

コエンザイムQ10は20代を過ぎるころから減少気味となり、ノネナールを発生しやすくなります。

しかし、コエンザイムQ10を補うことで加齢臭の元となる物質、ノネナールを発生させる原因となる脂肪の酸化を抑えてくれるので、ノネナールの生成が減少します。その結果、加齢臭も抑えられるということになるわけです。

 

日本では2001年に医薬品の範囲に関する基準が、また2004年には化粧品基準が改正されたことで、現在はサプリメントや化粧品でもコエンザイムQ10のものがいろいろと販売されるようになっています。

 

コエンザイムQ10は肉類、魚介類に多く含まれていますが、一日の摂取量としては、食品だとイワシ12匹、牛肉で1㎏は必要とされます。

このため、やはり酸化を抑えるサプリメントで摂取するのが良いでしょう。

一日の摂取量としては50~300mgと言われていますが、健康、美容維持のためには、一日に30~60㎎で良いでしょう。

安全性は高いので、過剰摂取による悪影響の心配は無いみたいです。

 

コエンザイムQ10は脂溶解性が高いので、水だけで飲むよりも、脂分が高い時に、食中、食後に摂取するのが良いでしょう。

毎食後に摂取することで濃度が安定的に維持されます。

特に、夕食後に摂取すると睡眠中に働きが活性化され、肌によいと言われます。

また、ビタミンC、Eと一緒に摂ると、加齢臭の予防がさらに期待できるようです。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。