ポリフェノールで栄養補給と同時に予防

ポリフェノールはダイエットの際の栄養補給でよく知られていますが、加齢臭の予防にも有効となります。

ポリフェノールは、悪臭を包み込む網のような働きがあると同時に、加齢臭の原因となる皮脂の酸化を食い止める抗酸化物質であることから、加齢臭対策にはとても有効となるのです。

 

ポリフェノールとは、ポリ(たくさんの)フェノールという意味で、ほとんどの植物に含まれた、光合成で生成される色素や苦味の成分であり、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きがあります。

ブドウの皮にも含まれ、太陽の紫外線や酵素などにさらされても、葉、種子、果実が酸化しないように守る役割があります。

こうした働きが、人間の場合でも、分泌される皮脂が酸化することを防ぎ、加齢臭を抑えてくれるのです。

代表的なものとしては、フラボノイド、フェノール酸、エラグ酸、リグナン、クルクミン、クマリンなどがあります。

 

加齢臭はノネナールという物質が原因となりますが、最近の研究で、30代の人の体臭の場合、まったく別のペラルゴン酸という脂肪酸が原因となることが判明しました。

ポリフェノールは、このペラルゴン酸を抑えるとも言われます。

ポリフェノールは、お茶やワイン、コーヒーなどの飲み物に多く含まれています。

これ以外に、リンゴ、ブドウ、イチゴ、柿、ウコンなど色素の強いものや、ソバや大豆、ゴマなどの食品に多く含まれます。

口当たりの良いものばかりなので、こうしたものを積極的に摂るとよいでしょう。

 

また、体の中から酸化を抑えてくれるサプリメントなどと一緒に摂取すると、さらに相乗効果が得られ、加齢臭対策に大きく期待できるでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。