ベータカロチンには抗酸化作用が!

加齢臭を予防するための抗酸化物質としては、カロチンもあります。

カロチンには、ベータ、アルファー、ガンマの3種類があり、このうちベータカロチンはビタミンAの代わりを果たし、体内に入ると、必要量だけビタミンAに変換されることで効能が発揮されるので、ビタミンAの代わりに摂ることで、ビタミンAの過剰摂取による悪影響も防ぐことができます。

 

 

ベータカロチンは緑黄色野菜などに含まれ、特に人参、にら、春菊、小松菜、モロヘイヤ等に多く含まれていて、フルーツなら、オレンジ・マンゴー等に多く含まれています。
野菜が苦手なら、果物で摂取すると良いでしょう。

一日の望ましい摂取量は、男性でにんじん1/2本、女性でにんじん2/5本とされます。

緑黄色野菜は、それに含まれたベータカロチンの量で決められ、厚生労働省は、新鮮な野菜100g中にベータカロチンが600μg以上含まれたものを緑黄色野菜としています。
そこで、食生活でもベータカロチンを多く含んだ緑黄色野菜を食べることで、加齢臭の予防が期待できるのです。

 

ベータカロチンは脂溶性なので、緑黄色野菜を油で炒めることで、さらに吸収率が良くなります。

ほうれん草やにんじんなどを、油で炒めて調理すると、そのままだと吸収率が10%足らずなのが、80%にまで高まるとされます。

油で炒める場合、ベータカロチンと同じく抗酸化作用を持ったオリーブ油を使うのが良いでしょう。

野菜サラダなども、ドレッシングやマヨネーズをかけて食べるようにします。

脂溶性なので体の中に蓄積できることから、毎日食べる必要性はないので、上手に食べることで、加齢臭の予防につながるでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。