ビタミンEの摂取で予防!

ビタミンEは抗酸化ビタミンとも呼ばれ、その名の通り、体の酸化を防いでくれる働きがあり、これにより加齢臭の予防にもなるのです。

ビタミンEは脂肪に溶け込む性質を持っていますが、細胞を守っている細胞膜も脂質であることから、ビタミンEを摂ることで細胞膜が強化され、活性酸素からも細胞を守ってくれます。
また、加齢臭は、脂肪酸が酸化作用によりノネナールという物質に変化することで発生しますが、ビタミンEは、脂質の酸化を防ぐ働きもあることから、加齢臭の発生を元から防いでくれるのです。

 

ビタミンEが多く含まれた食品としては、コーン油、オリーブオイル、大豆油などの油脂類、アーモンド、落花生、大豆などの豆類、たらこ、いくら、キャビアなどの魚卵などがあり、さらに青魚やマヨネーズにも多く含まれています。

調理の際、食べ物を炒めるのに、コーン油、オリーブオイル、大豆油などを使用すると、摂取量を増やすことができます。

ただ、摂取しすぎると、骨が減ってもろくなる、いわゆる骨粗しょう症になる可能性が高まるという動物実験の結果の報告もあるようです。

また、血が固まりにくくなる可能性もあるようです。

さらに、脂溶性のため体内に蓄積しやすい、ということもあり、摂りすぎに注意する必要があります。

 

1日の摂取の目安量は、成人男性で7mg、成人女性で6.5mgとされます。

サプリメントで摂取するのも良いですが、ビタミンEは脂溶性ビタミンであり、脂溶性ビタミンは食後に飲むほうが、吸収が良いとされています。

ただ、お茶やコーヒーと一緒に飲むと吸収率が落ちるので、水と一緒に飲むことです。

また、サプリメントで摂取するのなら、ビタミンA・C等と同時に摂るほうが良いでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。