体の酸化を防いでくれるのは、ビタミンC!?

加齢臭を防ぐには、体の酸化を防ぐのが大切です。

体の酸化を防ぎ、加齢臭を予防するには、抗酸化物質を多く摂ることが大切ですが、抗酸化物質でも、一番代表的なものは、やはりビタミンCでしょう。

ビタミンCは、ビタミンDなどと違い、我々の体の内部では生成されないため、食事やサプリメントにより供給することになります。

 

ビタミンCには強い抗酸化作用があり、加齢臭を撃退するにはかかせないものです。

骨や血管などを強化し、白血球の働きをよりいっそう強め、免疫力を強める作用があります。

ビタミンCを効率よく摂取するためには、以下のような食材を摂取することがポイントになってきます。

 

多く含まれた食べ物と言えば、やはり野菜、果物で、また緑茶にも多く含まれています。

野菜は旬のものの方が、多く含まれますが、保存、調理はできるだけ短い時間に留めることです。

一日に必要なビタミンCの量は最低100mgとされますが、これは、オレンジ一個で摂取できる量です。

ただ、ビタミンCは水に溶けやすいものの、体外に排出されやすく、また、体内に蓄積される事がないので、一度にまとめて摂っても余分な物は排出されてしまいます。
このため、一日数回に分け、できるだけこまめに多く摂るようにすることです。

ビタミンCはいくら摂っても過剰摂取にはなりません。

ただし、一日2,000mg以上を摂ると、その酸性により、加齢臭を防ぐことができても、人によっては胃腸障害や下痢等の症状を起こすことがあるようです。

要は、いかに効率よく摂取するか、というわけですが、就寝前に摂取すると、就寝中は腎臓での処理が緩やかになることから、ビタミンCの血中濃度が高く保たれます。

 

これ以外に、満腹の時は吸収される速度が遅くなることから、吸収しながらビタミンCも消費され、その消費分、余計に吸収することができます。

満腹の時は、空腹の時の1.6倍の吸収量と言われます。

このため、食事のときは、食後に摂取するのが良いでしょう。

 

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。