酸化ストレスは体に悪影響を及ぼす!?

加齢臭の原因の一つは、体の酸化によるものであるとされますが、運動不足や逆に過度な運動、偏った食生活、過度の喫煙・飲酒、さらに慢性炎症などが原因で、体内の活性酸素の生成と消去のバランスが崩れると、酸化ストレスとなります。

 

酸化ストレスは加齢臭の原因となるだけでなく、アテローム動脈硬化症、パーキンソン病、狭心症、心筋梗塞、アルツハイマー病、統合失調症などを引き起こすことにもなるのです。

酸化ストレスを防ぐには、食生活の改善、ストレスを溜めない、抗酸化物質を多く摂ることなどがあげられますが実際、自分の体の酸化ストレスがどれくらいなのかは、なかなかわかりにくいものです。

最近では、酸化ストレス度を知ることができる酸化ストレスドックを設けている医療機関もあります。

酸化ストレスドックでは血液と尿検査により体のバランス度を知ることができるので、自分にふさわしい酸化ストレスの解消の方法を知ることもできるでしょう。

 

このように酸化ストレスを防ぐには、過度の運動を避けることや、太陽の紫外線に当たりすぎないことも大切ですが、まずはメタボリックシンドロームにならないことを心がけるのも重要となります。

また、睡眠時無呼吸症候群にならないように気を付けることも大切です。

お酒も、1日2杯までだとアルツハイマーや心筋梗塞になりにくいというデータがありますが、2杯以上だと逆に体によくありません。

 

まずは健全な食生活や、それで補えない分は体の中から酸化を抑えてくれるサプリメントなどの摂取を心がけ、それにより加齢臭が防ぎつつあれば、酸化ストレスの心配もなくなっていくでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。