皮脂の分泌が最も多いところはどこ?

顔、胸、背中など、皮脂の分泌が多いところだと、若い女性でも30歳くらいから加齢臭が発生することがあります。

ワキガ臭や汗の臭いは、皮膚の上で雑菌が発酵分解される作用による細菌が原因となりますが、顔、胸、背中などの場合、皮脂などの臭いの元が酸化されて悪臭の成分となり、皮脂腺や皮膚などから直接放出され、これが加齢臭の原因となるのです。

皮膚腺の出口に垢や角質の剥離されたものや汗、雑菌、化粧品の残り等が重層されて付着し、出口をつまらせると、皮脂腺の中で活性酸素が発生し、過酸化皮質を発生させます。

このように皮脂を酸化させ、ノネナールのような成分を産生します。

これが加齢臭というわけです。

 

こうしたものを除去するには、やはりこまめに洗顔、石鹸で体を洗うことが大事です。

ただ、洗いすぎると皮膚表面の健康な皮脂膜まで破壊してしまいます。

皮脂膜がなくなると、皮膚の角質から水分が蒸発しやすくなり、水分の蒸発とともに臭いの分子も体臭として出てくることになります。

このため、洗いすぎに注意することです。

肌の水分を保つには、クレンジングや洗顔の後、乳液、美容液、ローションなどで保湿することですが、ビタミンEやビタミンCとが含まれたものを使用するとより効果的です。

こうした肌のケア以外、皮脂の過剰な分泌を抑えることも大事です。

 

皮脂の過剰な分泌を抑えるには、ストレスをためないこと、動物性脂肪やタンパク質、油分を摂りすぎないように食生活を心がけることも、加齢臭を防ぐことにつながります。

また、仕事での付き合いなどが多くて「食生活ではなかなか・・・」だという方は、体の中から酸化を予防してくれるサプリメントなどがありますので、そういった方にはこのように簡単に摂取できる食品がオススメです。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。