肉類中心の食生活をつづけると・・・こうなる!?

肉類中心の食事は、硫酸イオンなど、体内の陰イオンを増やすと同時に、アルカリ成分のカルシウムも不足しがちになるといわれています。

肉類ばかり食べていると体の酸化が進み、加齢臭も多くなるといわれるのはこのためでしょう。

肉の場合、人間の体温は他の動物の体温より低いことから、脂が人間の血液中でドロドロになってしまうことから悪影響をもたらすともいわれます。

また、肉は野菜、穀物と比べて消化されるのに2倍~3倍の酵素が必要といわれます。

このため夜に肉を食べると就寝までに消化されていないことから、睡眠中、消化に酵素が奪われ、翌日の酵素が生産されなくなってしまうのです。

 

さらに、肉が未消化のままだと腸内で動物性たんぱく質が腐敗することで酸化し、過酸化脂質へと変化することで、体が酸化へと傾いてしまいます。

体内が酸性に傾くと、加齢臭の原因となるだけでなく体の抵抗力が弱まり、病気にかかりやすくなります。

「脂っこい肉が食べたい」と感じるようになると、体の老化が進んでいるサインかもしれませんね。

 だからと言って、肉類を食べるのが良くないというわけではありませんが、昼に食べるようにして、よく噛んで食べることです。

 

また魚なども食べるようにして、同時に野菜も多く摂るようにし、さらに卵、牛乳、豆類、海藻類、きのこ類などのアルカリ性食品も同時に摂ることです。

私たちの体は、弱アルカリ性に保たれているのがベストとされています。

バランス良い食事で弱アルカリ性を保つことも、加齢臭の予防になるでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。