タバコによる体の酸化とは?

加齢臭の原因は、体の酸化によるものも大きいといわれます。

体の酸化の原因はいろいろとありますが、喫煙は大きく影響するといわれます。

タバコの煙には、活性酸素の一つである過酸化水素がたくさん含まれています。

つまり、喫煙は、活性酸素を直接体内に多く取り入れることになるのです。

また、吸ったタバコの煙が肺にとりこまれると、体の免疫システムが、有害物質が侵入してきたことを察知し、有害物質を取り除くために活性酸素を吹きかけて攻撃します。
これにより、肺の組織が活性酸素によって酸化され、破壊されてしまいます。

 

さらに、一本のタバコで体内の抗酸化物質であるビタミンCを、25~100mgも破壊します。
このためビタミンC不足になっていまします。
つまり、喫煙によるビタミンC不足が体の酸化を進行させるのです。

これ以外にも、喫煙により一酸化炭素が体内に入ると、中性脂肪などの脂肪を酸化させることで、加齢臭の原因となる成分ノネナールが作られてしまいます。

また、体に染みついたタバコの臭いも、人によっては嫌われ、加齢臭の一つのように思われてしまいます。

 

こうしたことから、体の酸化を防ぎ、加齢臭を防ぐには禁煙も大事となりますが、「どうしても喫煙をやめられない」という場合、本数を減らすことを心がけると同時に、抗酸化サプリを併用するのも一つの方法です。

禁煙を手助けするニコチンパッチや電子タバコなどのグッズも今はいろいろと発売されているので、こうしたものを試してみるのも良いでしょう。

医療機関でも、禁煙外来を設けているところがあるので、こうしたところで相談してみる方法もあります。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。