頭皮の皮脂・・・酸化するとどうなる?

加齢臭の原因の一つに、頭からの臭いもあります。これは、頭の頭皮の皮脂が関わってきます。

頭皮には1平方センチ当たり200個くらいの皮脂腺があり、そこから分泌される脂肪酸の酸化が加齢臭の原因の一つとも言われています。

また、加齢に伴う男性ホルモンの活性化が皮脂腺を刺激し、皮脂を多量に分泌させることになります。

さらにストレスが溜まると、皮脂が多量に分泌され、酸化した皮脂は毛穴に詰まり、これが抜け毛の原因ともなります。

 

頭皮からの加齢臭を防ぐには、酸化した皮脂を取り除くことが大事ですが、そのためには、こまめにシャンプーすることです。正しいシャンプーは、2度洗いが基本となります。

まず洗髪の前に軽くブラッシングを行い、お湯をかけてていねいに時間をかけて洗い、この後シャンプーを使って洗いますが、あまりシャンプーの量は多くないようにします。

2回目のシャンプーは、頭皮をまんべんなく、マッサージするように洗います。

すすぎも、ていねいに時間をかけ、リンスも優しく洗い流します。

 

頭からの加齢臭を予防するためには、髪の毛に汗などが付着しないように気を付ける必要があります。
また、髪の毛には汗以外のものも付着しやすく、細かいホコリやゴミが付着すれば、その臭いも髪から放たれます。

外出前や日中に整髪料や臭いが強い香水を振りかける人もいますが、強いニオイと加齢臭が重なり合い、さらに不快なニオイを作ることもあるので、臭いの強い整髪料は避けた方が良いでしょう。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。