抗酸化酵素ってどのようなもの?

加齢臭を防ぐための体の抗酸化には、体外から抗酸化物質を取り入れるほか、体内で作られる抗酸化酵素も大事となります。若いうちは、体内の抗酸化酵素で十分に体の酸化を防ぐことができ、加齢臭も発生しないのですが、加齢とともに抗酸化酵素の働きが衰え、これも加齢臭の原因となってしまうのです。

 

抗酸化酵素の代表的なものとしては、カタラーゼ、スーパーオキシドディスムターゼ、ペルオキシダーゼなどがあり、これらが体内の余分な活性酸素を除去したり無害化させる働きがあります。

加齢とともに抗酸化酵素が衰え、加齢臭が発生するのを抑えるには、たんぱく質やミネラルを摂取する必要があります。抗酸化酵素を生成するミネラルとしては、亜鉛、銅、鉄分、マンガン、セレニウムなどがあります。

 

さらに肌のダメージがいつまでも消えない、シワやくすみなどの加齢とともに気になる肌トラブルなども、酵素を補うことで防止できるのです。

スーパーオキシドディスムターゼは、酵素の中でも、活性酸素を除去する能力を持った、特別な酵素とされます。

また、スーパーオキシドディスムターゼを含んだ食べ物としては、明日葉(アシタバ)、ルイボスがあります。

ただ、日頃の食事からスーパーオキシドディスムターゼを摂取することは難しいので、最近は米の胚芽や大豆を発酵させて生成された酵素サプリメントなどもあります。

 

残念ながら、抗酸化酵素は20代を境に徐々に低下していき、さらに40代になると急速にスピードを上げ低下していきます。特に体の臓器などにおける抗酸化酵素の作用が低下します。

これらを防ぐためには、体外から抗酸化物質を取り入れ、体の中から酸化を抑えるサプリメントなどで補いましょう!

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。