体の酸化を防ぐ栄養素って?

体の酸化を防ぎ、加齢臭を予防するには、抗酸化作用のある栄養素を体外から取り込むことも大事となります。

抗酸化作用のある栄養素としては、ベータカロテン、リコピン、ルテイン、ゼアキサンチンなど、天然色素という形で存在するカロテノイド。

ビタミンA(ベータカロテン)、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化ビタミン。

フラボノイド(カテキン、イソフラボン)、アントシアニンなどのポリフェノール。

亜鉛、鉄、セレン、銅、マンガン、コエンザイムQ10などの抗酸化ミネラル。

こうしたものがあげられます。

味としては、すっぱ味(ビタミンC)、渋味(カテキン)を感じる成分です。

こうした栄養素を含んだ食べ物を摂ることが望ましいのですが、すべてをバランスよく摂取するのは難しいので、抗酸化作用を含んだサプリメントで補うのも加齢臭の予防になります。

 

また、野菜や果物などの植物性食品には多種類の抗酸化物質が含まれていますが、体内で相互に関連しあって作用するので、ただ多量に摂取すればよいわけではなく、バランスよく摂取することが大切となります。

 

さらに、飲み物ではビールが意外と体の抗酸化を防ぐ効果があるようです。

ビールには抗酸化作用があり、特にライトなものより、黒ビールのような色、味の濃いものが、抗酸化作用が大きいとされます。

また、毎日適量のビールを飲むと、善玉コレステロールが増え、血液をきれいにする効果があります。

適量のビールの飲用は、加齢臭の予防にもつながるようです。

ビールを飲み、気分をリラックスさせることは、ストレスの解消にもなるでしょう。

もちろん飲みすぎはよくありません。

女性で1日1缶、男性で1日2缶程度で、1日1缶を毎日飲む方が、より効果的なようです。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。