老化防止の予防対策

加齢臭を防ぐには、様々な面での老化防止が大切です。

老化防止のためには、バランスの取れた栄養の摂取と、体を冷やさないようにして、血液の老化を防ぐことが大切です。

体が冷えると血行が悪くなり、血液が老化することで体のしびれやむくみ、痛みなどの原因となります。

体を冷やさないためには、できるだけ温かい食事をとるほか、マッサージを行うことも体の冷えを防ぐことになります。

また、カルシウムなどの栄養素を摂取することです。

 

老化防止のためには、老廃物を体外へ排出するデトックスや、ホルモンの補充も大事です。

デトックスには、食事による方法、サプリメントによる方法、運動、入浴による発汗などの方法があります。

また、足りないホルモンを補充することも、老化防止で加齢臭の予防につながります。

 

若いうちは大量に汗をかいても男性ホルモンが活発に分泌される事で加齢臭を抑えられたのですが、40歳を過ぎる頃から男性ホルモンが減少することで脂肪酸の酸化を抑えられなくなり、加齢臭を発することになります。

男性ホルモンを減らさないためには、十分なたんぱく質、ビタミンを摂取するほか、運動と食事で体脂肪率を低くすること、睡眠を十分にとり、ストレスをためないことが大切です。

質のよい睡眠は、体の老化とともに減少するメラトニンや、成長ホルモンなどを分泌します。
こうしたホルモンは、抗酸化力を向上させ、皮膚の再生にも影響し、加齢臭の予防にもなるのです。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。