体の酸化を防ぐことが予防に!

加齢臭を防ぐには、体の酸化を防ぐのが大事ですが、抗酸化の対策としては、いくつかの方法があります。

加齢臭の主な原因はノネナールという臭いの成分ですが、 ノネナールは 皮脂腺から分泌される皮脂成分の一つ、パルミトレイン酸が酸化することで発生します。

また、活性酸素も加齢臭を増加させる原因となり、体内で脂質が活性酸素により過酸化脂質になり、さらに皮脂腺で「9-ヘキサデセン酸」と過酸化脂質が結びついて酸化します。

つまり、これらの成分の酸化が加齢臭をもたらすわけです。

 

加齢臭を防ぐには、余分な皮脂の分泌を抑えることと、体内の動物性脂質の酸化を抑えることが大事となります。
加齢臭は皮脂腺から発生するので、体の清潔を保つことが大事となり、特に悪臭が発生しやすい耳の裏や襟足、首の後ろ、肩、背中を、入浴時に意識してよく洗うことです。

また食事面でも、抗酸化作用のある緑黄色野菜を意識して多く摂るようにします。

抗酸化作用がある栄養素は、ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸などに含まれ、最近はこうしたものを多く含んだサプリメントもあります。

同時にサプリメントで摂取するのも良いでしょう。

マーガリン、インスタントラーメン、焼き菓子、菓子パン、ファーストフードのポテトやチキン、冷凍食品の揚げ物など、トランス脂肪酸が多い食べ物は、控えるようにします。

 

運動面ではウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。

こまめに深呼吸を心がけるのも良いでしょう。

外出時には紫外線を直接浴びないよう、帽子をかぶったり日焼け止めクリームを塗ることも効果的です。

これに加え、十分な睡眠、過度な飲酒や喫煙を避け、ストレスをためないようにすることなども心がけるようにします。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。