加齢臭の原因となる、活性酸素について

加齢臭は、活性酸素により体が酸化することも原因の一つとされます。

活性酸素が増えることで体の過酸化脂質が増え、9-ヘキサデセン酸の酸化が進み、加齢臭の原因となる物質、ノネナールを発生させてしまいます。
これ以外、活性酸素で酸化した皮脂から、動物性たんぱく質が腐敗したような臭いが発生し、これも加齢臭の原因となります。

まだ若いうちは活性酸素が発生しても除去する力がありますが、加齢とともに活性酸素を除去する力が衰え、加齢臭が発生しやすくなるのです。

活性酸素は、体内に取り入れられた酸素でも不安定なもので、何とかして安定させようと、周りの分子から電子を奪い取ろうとします。

これが体の酸化、つまり「サビ」につながるのです。

 

このように体内の細胞を酸化させることで、細胞の正常な働きを失わせ、老化、シミ、シワなどのほか、ガン・動脈硬化・糖尿病・老人性痴呆・白内障など、深刻な病気を引き起こすことにもつながります。

活性酸素は日常の生体活動の中で発生する以外、太陽の紫外線、大気汚染、さらにパソコンなどからの電磁波など、様々なものから発生するといわれています。

また、喫煙や過度な運動、ストレスも原因とされています。

活性酸素を防ぐには、食生活の改善のほか、体の中から酸化を抑えるサプリメントなどを摂取したり、継続的な軽い運動を行い、過度な喫煙を避け、空気の良い所に住むなどストレスをためないことが大切です。

 

40歳を過ぎると重要な仕事を任されたり、管理職としての責任が課せられる時期です。

さらに、部下と上司との板挟みとなることも多く、これがストレスを多く貯めることになります。

仕事をうまくこなすことも、加齢臭対策となるわけですね。

話題の商品の体験談

オススメの商品の選び方

加齢臭に関してよくある悩み Q&A 身近なもので加齢臭を抑えるコツ 加齢臭の原因 「酸化」について知ろう

加齢臭対策 厳選情報

※こちらのサイトでご紹介させて頂いている情報は当サイトの見解となります。このサイトの内容を活用されるかどうかはご自身でご判断ください。このサイトの情報が元で不都合が発生した場合でも、当サイトは一切の責任を負いかねます。